米国のホンダ車専門チューナーが、わずか4万円で「シビック Si」の最高出力を27馬力引き上げるチューンの提供を開始!
Related Gallery:2017 Honda Civic Si: First Drive

先日ご紹介したように、米国でホンダ車のチューニングを専門に手掛けるHondataという会社が、ターボチャージャー付き「シビック」のパワーを「シビック Si」以上に引き上げるチューンを提供している。しかし、シビック Siのオーナーたちはもう、このシビックを恐れる必要はない。なぜならHondataは、シビック Siのためにもチューンの提供を開始したからだ。過給圧を6psi上げることで、シビック Siの最高出力が27hp、最大トルクは5.5kgm増加するという。Hondataのウェブサイトで公開されたダイノシートでは、最高出力が205hpから232hpへ、最大トルクは29.3kgmから34.8kgmに向上しているのが分かる。

これらは推奨されている過給圧6psiアップ時の数値だが、「FlashPro」と呼ばれるデバイスを使って設定すれば、それ以上のパワーアップを図ることもできる。9psiアップに設定すると、最大トルクは37.6kgmまで増加するとHondataは報告している。しかし、9psi設定で測定した際、テスト車両のクラッチが滑り出したとも伝えられているので、このパワーで走行したいのであれば強化クラッチに交換しておく方が良さそうだ。

パワーとトルクが向上する他にも、Hondataのチューンを施せば、シフトアップ時にアクセル・ペダルを戻さないノーリフト・シフトが可能になる。また、FlashProを購入すれば、Bluetoothを経由してブースト・メーターなどの情報をスマートフォンに表示させたり、自分でチューンの設定を変更することもできる。

FlashProの価格は695ドル(約7万8,000円)だが、ショップでECUを書き換えてもらうチューンだけなら350ドル(約4万円)で済む。この金額で27hpアップするなら安いものだろう。Hondataはカリフォルニア大気資源委員会(CARB)の排ガス試験に対応したバージョンも用意しているので、カリフォルニアのオーナーも安心だ。


By Joel Stocksdale
翻訳:日本映像翻訳アカデミー