メルセデス・ベンツ、Eクラス史上最速モデルとなる「メルセデスAMG E 63 S 4MATIC+」を発売
Related Gallery:Mercedes-Benz AMG E 63 S 4MATIC +

メルセデス・ベンツ日本(社長:上野金太郎、本社: 東京都品川区)は、「メルセデス AMG E 63 S 4MATIC+」を発表し、全国のメルセデス・ベンツ正規販売店ネットワークを通じて、5月31日より発売を開始した。

「メルセデス AMG E 63 S 4MATIC+」は、エンジンとトランスミッションを一新することにより、0-100km/h加速3.4秒という驚異的な動力性能を備えた、メルセデス・ベンツEクラス史上最速として生み出されたハイパフォーマンスモデルだ。


パワートレーンは、「メルセデスAMG GT」と基本設計を共通とする、AMG 4.0リッターV8直噴ツインターボエンジン「M177」を搭載し、最高出力612PS(450kW)、 最大トルク850Nmを発揮する。2基のターボチャージャーはV型シリンダーバンクの外側ではなく内側に配置する「ホットインサイドV」レイアウトとし、エンジンを可能な限りコンパクトにするとともに、ターボ チャージャーへの吸排気経路の最適化とツインスクロールとすることで、低回転域からの優れたレスポンスを実現した。


また、新開発の四輪駆動システム「AMG 4MATIC+」を搭載し、前後輪のトルク配分が50(前):50(後)から、0(前):100(後)の範囲で可変トルク配分を行うことが可能。高性能エンジンのパワーを四輪に最適配分することにより、発進時や高速走行、ハイスピードコーナリング、そしてコーナーの立ち上がり加速などにおいて、安定した思いのままのドライビングが実現可能となる。さらに、駆動配分を0:100の完全後輪駆動にすることで、サーキット走行時などにおいてドライバーの意のままに操ることができる「ドリフトモード」を新たに搭載した。

トランスミッションは、63シリーズ初となる9速の「AMG スピードシフト MCT(マルチ・クラッチ・テクノロジー)」を搭載。トルクコンバーターの代わりに湿式多板クラッチを採用し、ダイレクト感のある素早いシフトチェンジと高い伝達効率を実現している。



先進の安全装備「インテリジェントドライブ」の中でも最新鋭となる「ディスタンスパイロット・ディストロニック & ステアリングパイロット」を搭載。ディスタンスパイロット・ディストロニックは、ステレオマルチパーパスカメラとレーダーセンサーによって先行車を認識し、速度に応じて車間距離を調節。ステアリングパイロットは、車線のカーブと先行車だけでなく、車線が不明瞭な道ではガードレールなどを認識し、車間を維持しながらステアリング操作をアシストする。

インテリアの快適装備として、リム下部がフラットな形状の「AMG パフォーマンスステアリングホイール」 を採用。タッチコントロールボタンとパドルシフトにより、スポーティなドライビングを楽しむことが可能となっている。

2016, Mercedes-AMG E 63 S 4MATIC+, W213

運転席と助手席のシートはラテラルサポートが強化され、高速走行時にも乗員の身体をしっかりと保持。また、シートカバーレイアウトに、ブラックナッパレザー、 ナッツブラウンナッパレザー、マキアートナッパレザーの3種類を設定。ナッパレザーを張ったダッシュボードとベルトライン、フロントヘッドレストのAMGエンブレム、IWCデザインによるアナログクロック、クリスタルグレーのシートベルトがスポーティな中に高級感を演出している。

右ハンドル/右ハンドルの両設定で、価格は1,774万円(消費税込)となる。

Related Gallery:Mercedes-Benz AMG E 63 S 4MATIC +

■メルセデス・ベンツ 公式サイト
http://www.mercedes-benz.co.jp/content/japan/