インターネットの世界が広まってからというもの、レゴで作った車に対する我々の態度はちょっと冷たくなったかもしれない。ちょっとやそっとの出来栄えでは驚きもしなくなってしまったからだ。

今回は、そんな我々も思わず見入ってしまう、ポルシェ「911ターボ カブリオレ」のラジコンカーをご紹介しよう。この車はポルシェのメカニック面を追求して作られたもので、ルーフやボンネットが開閉するのはもちろんのこと、ハンドルとタイヤの回転角度まで実際のポルシェ911と同じになっている。さらに水平対向6気筒エンジンや、PDK(ポルシェ・ドッペルクップルング)トランスミッションと4WDシステムの連携など、すべてがレゴ製のパーツで本物そっくりに再現されているのだ。

このラジコンカーは約3,500個のパーツに、8つの電気モーターと3つのリモートコントローラー、約7mワイヤを使って製作されているが、なんと制作者が全てを一から考え出した上で、組み上げたというから驚きだ。この作品の機能が詳しく紹介されているビデオを、早速チェックしてみよう。



※こちらは過去の記事を改めて掲載したものです