Related Gallery:AEE2017 Yokohama

2017年5月24から26日、パシフィコ横浜で自動車業界の第一線で活躍するエンジニアのための自動車技術展である「人とくるまのテクノロジー展2017」が開催されている。

今年は、自動車技術会が創立70周年ということで、特別企画として往年のくるまたちが並べられ、時代の転換期を革新技術を以って乗り越えてきた歩みを振り返ることが出来る展示が行われた。


今回展示されたモデルで最も古いモデルとして、トヨペット クラウン RSD型〈1955年〉(画像左上)が展示された。

続いて、スバル 360 デラックス〈1962年〉(画像右上)と トヨタ カローラ KE10型〈1966年〉 (画像左下) マツダ コスモスポーツ〈1967年〉 (画像右下) が展示され、くるまが大衆へ普及していく原動力となったモデルとして紹介されていた。



自動車が大衆へ広まると、大気汚染などが深刻になり、排出ガス・燃費技術が搭載されたモデルが投入されていった。ホンダ シビック CVCC〈1973年〉(画像左)、ダットサン ブルーバード 1800SSS〈1979年〉(画像右)がその代表として展示された。


続いて、魅力・高性能技術(1980年代~)として、日産 スカイライン 2000ターボRS〈1983年〉 ホンダ NSX〈1990年〉が登場。

自動車の数々の世界初、日本初の技術が搭載され、くるまが趣味として盛り上がったタイミングであった。


今回の展示の最後は、 ホンダ レジェンド〈1985年〉 。 安全技術(1990年代~) として、エアバックや衝突時の衝撃吸収技術などが広まったタイミングだ。

そして現在では、EVや衝突被害軽減ブレーキ、そして自動運転へと留まることなく技術が年々進化している。社会が変わるとそれにあわせて技術が変わり、さらにくるまも変わっていく。

そのような必然を体感できる興味深い展示であった。5月26日まで開催されているので、興味のある方は足を運んでみてはどうだろうか。

人とくるまのテクノロジー展2017横浜 公式サイト
http://expo.jsae.or.jp/