米国ワシントン州パスコの警察が先日、パトカーの車載カメラで捉えた映像をFacebookで公開した。警官のラウル・カバソス氏はこの日、全方向一時停止の十字路で先頭車両のドライバーに指示を出していたのだが、カバソス氏がその場を離れてから数秒後、まさに危機一髪と言える出来事が起きた。

危ういところで命拾いしたカバソス氏。車載カメラが驚愕の決定的瞬間を捉えている。事故が起きたのは18日の夕方(現地時間)のこと。こうした十字路の走行は初めてというドライバーに進入方法を説明していたカバソス氏がパトカーに戻った直後、アクション映画さながらのクラッシュが起きた。カバソス氏がほんの数秒前まで立っていた場所に、クライスラー「PTクルーザー」が一回転して突っ込んできたのだ。現在、この事故は調査中とのことだが、その詳細はパスコ警察のFacebookでもご覧いただける。



By Autoblog Staff
翻訳:日本映像翻訳アカデミー