ランボルギーニ、2億円超の限定生産スーパーカー「チェンテナリオ」を米国で初めて納車!
Related Gallery:Lamborghini Centenario

ランボルギーニ創業者、フェルッチオ・ランボルギーニの生誕100周年を記念して作られたスーパーカー「チェンテナリオ」が、米国で初めて顧客に納車された。

ランボルギーニは、「アヴェンタドール」をさらにパワーアップさせたチェンテナリオが、米国カリフォルニア州ニューポートビーチ在住のオーナーに同国で初めて納車されたと発表した。2016年に登場した175万ユーロ(当時のレートで約2億1,700万円)のこのスーパーカーは、クーペとコンバーチブルをあわせて40台のみが限定発売された。もちろん、すべて完売済みとのこと。

米国初のオーナーは、ブラックとブルーに塗り分けられたクーペを注文。エクステリアがグロス・カーボンファイバー仕上げ、インテリアには同色のレザーとアルカンターラが張られたこのクルマは、ランボルギーニによれば、顧客の好みに合わせて特別に製作されたものであるという。チェンテナリオをオーダーした他の米国人オーナーの元には、今年中に納車される予定だ。



忘れている方のために改めてご紹介しておくと、チェンテナリオは最高出力770psを発揮する自然吸気V12エンジンを搭載。4輪駆動で0-100km/h加速をわずか2.8秒で加速し、最高速度は350km/hを超える。顧客はパーソナライゼーション・プログラム「Ad Personam」を使って、自分好みの特別な1台にカスタマイズすることができる。

「フェルッチオ・ランボルギーニが世界最高のスーパーカーを作るという夢を実現し始めたとき、彼は生産台数を増やして多くの人に届けたいと思うと同時に、顧客が自分の好みに合わせてテイストやスタイルをカスタマイズできる限定仕様を作ることも続けたかったのです」と、ランボルギーニ・アメリカの最高執行責任者(COO)、Alessandro Farmeschi氏は語っている。

Walk around of the #1 Centenario in the USA.

Lamborghini Newport Beachさんの投稿 2017年5月18日

By Greg Migliore
翻訳:日本映像翻訳アカデミー