スバル・オブ・アメリカが「フォレスター ブラック エディション」を発表!
Related Gallery:2018 Subaru Forester Black Edition

ブラックのトリムを好む人は多いらしい。これまで日産シボレーホンダが、ダークなボディ・カラーを採用し、クロームや色付きパーツの使用を抑えた特別仕様車を発売している。そして今回、SUBARUの米国法人であるスバル・オブ・アメリカがその仲間に加わり、2018年モデルとして「フォレスター ブラック エディション」を発表した。

この特別パッケージは、最高出力170hpを発揮する自然吸気2.5リッター水平対向4気筒エンジンを搭載する「2.5i プレミアム」モデルのみに設定され、オプション価格は1,150ドル(約12万8,000円)。この値段にはブラックの18インチ・アロイホイールと、ブラック・トリム付きフォグランプが含まれ、バッジやフロント・グリルのウイング、ミラーカバーもブラックとなる。ボディ・カラーは「クリスタル・ブラック・シリカ」だけでなく、「ダーク・グレイ・メタリック」「クリスタル・ホワイト・パール」「アイス・シルバー・メタリック」の計4色から選べる。



インテリアも、もちろんブラックを基調としたものになる。クロス張りのシートや、ステアリング・ホイールとシフト・ノブに巻かれたレザーは、ブラックにシルバーのステッチ入りとなり、ダッシュ・パネルのセンターはグロス・ブラック仕上げ、ドアハンドルはクローム仕上げに。さらに「LED ステアリング・レスポンシブ・ヘッドライト」や「オールウェザー・パッケージ」、そして、これまでターボ付きモデルにしか採用されていなかった6速マニュアル・モード付きシフトパドルも標準装備される。


ByJoel Stocksdale
翻訳:日本映像翻訳アカデミー