ポルシェ、レースをやらない「マカン」や「カイエン」にGTモデルの開発計画はなし
Related Gallery:Porsche Martini Lineup Photos

ポルシェの「マカン」と「カイエン」は、このドイツ・メーカーにとって稼ぎ頭だ。SUVを作るなんてブランドの価値を汚すという純粋主義者たちの訴えとは反対に、市場を見ると、その勢いは実証されている。2002年に発売されたカイエンは、高性能SUVセグメントというものを開拓した。ポルシェのヒットに伴い、その他の高級車メーカー、パフォーマンス車メーカーはそろってSUV市場に乗り込んだのだ。そのような背景と多大な利益が見込める背景にもかかわらず、米国の自動車雑誌『Car and Driver』によると、ポルシェでは「GT」の称号を持つマカンあるいはカイエンを開発する計画はないという。


現在、マカンとカイエンの高性能モデルは「GTS」を名乗っているが、ポルシェのラインアップでGTSとは、本格的なスポーツ・モデルの「GT」シリーズとは異なり、中クラスのパフォーマンス重視モデルという位置づけだ。新型「911 GT3」などポルシェ GTシリーズの開発責任者を務めるAndreas Preuninger氏によると、マカンやカイエンにGTSよりハードコアな「GT3」や「GT2」モデルを設定する予定はないという。GTモデルはレースカーに直結するものであり、ポルシェはSUVでいかなるレース・シリーズに参加することもないため、それを公道仕様に発展させたGTモデルも造られることはないと、Preuninger氏は語っている。また、同氏は、マカンやカイエンがダカール・ラリーなどに参戦することがあれば、GTモデルを検討するかもしれないが、現在のところ、そのような予定もないとも述べている。

しかし、この論理はポルシェのライバル・メーカーたちの戦略とは異なるように思われる。BMW Mは「X5 M」、メルセデスAMGは「GLE 63」と、どちらも超高性能なSUVを開発している。そんな中、GTのバッジを付けたポルシェのSUVが登場すれば、大ヒットは間違いないだろう。だが、ポルシェにとってそれは"遠すぎた橋"なのかもしれない。


By Reese Counts
翻訳:日本映像翻訳アカデミー