【小ネタ】生涯で135台目のBMWを買う男、1年に3回は買い換えている計算に
皆さんはこれまでに、何台の車を乗り継いできただろう? 3台、5台? どんなに車好きでもせいぜい十数台がいいところだろう。

ところが、ドイツには同じメーカーの車を135台も乗り継いでいる男性がいた。

最近は情報がでてないのでわからないが、2007年にオープンしたミュンヘンのBMWワールドで、73歳のドイツ人起業家クラウス・ハンメルシュミット氏に、彼の135台目となるBMWが引き渡された。その記念すべき車はもちろん、台数にちなんだ135iであろうと多くの方は想像されたかもしれないが、彼が選んだのはM6のコンペティションパッケージだった。

ハンメルシュミット氏は、12歳の頃から父親の運転中にハンドルを触らせてもらえるようになり、車の運転が大好きになったそうだ。1963年に1台目となるBMW 1800Tiを所有してからというもの、26台のMモデルに29台のアルピナ、そしてその他80台のBMWに乗り換えたという。つまり毎年3回は車を買い換えている計算になる。もし、定年退職したハンメルシュミット氏と同じくらい余裕があれば、老後の蓄えをこのように使うのも悪くない。しかも彼は当時73歳、記録は更に伸びるているだろうが、現在は一体どうなんだろうか。

※こちらは過去の記事を再度構成し、改めて掲載したものです。


関連ギャラリー

Related Gallery:2016 BMW M6 Competition Package

Related Gallery:BMW M6 Cabriolet: New York 2012

Related Gallery:2013 BMW M6 Cabriolet