Autoblog
ジェームズ・ディーンが愛車ポルシェ「550スパイダー」でカリフォルニア州のルート466を走行中、事故死したのは有名な話だ。ディーンは事故当日にスピード違反で切符を切られており、事故時にはかなり無茶な運転をしていたという話がまことしやかに伝わっている。しかし、後の調査により、スピードは法定速度内の55mph(約88km/h)だったことが判明している。

すでにハリウッドのスーパースターになっていたディーンだが、映画『ジャイアンツ』(彼の死後、1956年に公開)の撮影の合間をぬって、公共広告用の映像を収録している。これはワーナーブラザース提供の番組中に放送予定だったものだ。

内容はハイウェイでスピードを出すことの危険性を唱えたもので、ディーンは「スピードを出すのは一般道ではなく、レース場で」と訴えている。「君の安全運転が救う命は、ひょっとして俺の命かもしれないぜ」。このインタビューの締めくくりの言葉にはゾクっとさせられる。

撮影後すぐに亡くなったため、この映像が放送されることはなかったとか。その2分間の映像を見てみよう。



※こちらの記事は過去のものを再構成して改めて掲載したものです。