トヨタの文化施設であるトヨタ博物館は、自動車文化の醸成と継承を目的に、地域に根ざしたイベントとして「第28回 トヨタ博物館 クラシックカー・フェスティバル」を5月28日、愛・地球博記念公園(愛知県長久手市)で開催する。愛・地球博記念公園をメイン会場に、1987年以前に製造された日米欧の一般参加のクラシックカーによる公道パレードの他、多彩なプログラムを展開する。


 今年はパレードのスタートに、発売後50周年を迎えるトヨタ 2000GTの、"ボンドカー"が登場。年代順に一般参加車両約150台が続き、トヨタ i-ROADなど次世代のクルマも走行する。



 同会場では、東京オリンピック以降日本でモータリゼーションが急速に進み、本格的な国産スポーツカーが誕生したことを受け、「夢と憧れ-1960年代のスポーツカー」をテーマとした企画展示も行い、トヨタ博物館収蔵のクラシックカーから、映画「007は2度死ぬ」のために作られたトヨタ 2000GT " ボンドカー "、2000GT同様、50周年となるロータリーエンジンを搭載したマツダ コスモスポーツ、ニッサン シルビア、フォード マスタング、スポーツカーに影響を与えたジャガー Eタイプ ロードスターの、日米欧の5台を展示し、走行披露する。

Related Gallery:TOYOTA HISTORY

■トヨタ 公式サイト
https://toyota.jp/