Related Gallery:2015 Ferrari LaFerrari: First Drive

フェラーリの限定生産ハイパーカー「ラ フェラーリ」の購入代金として、7億円超の現金を福岡空港から国外へ持ち出そうとした韓国籍の男4人が20日、関税法違反の疑いで逮捕された。

朝日新聞によると、この男4人に現金を香港へ運ばせようとしていたとされる韓国ソウルにある自動車販売会社の社長は、東京の日本人男性から、ラ フェラーリ2台分の代金として、この現金を預かったという。

ラ フェラーリは、2013年のジュネーブ・モーターショーでフェラーリが発表したハイパーカー。F1マシンと同じ方法で成型されたカーボンファイバー製の車体に、V型12気筒エンジンと電気モーターを組み合わせた同社初のハイブリッド・システム「HY-KERS」を搭載する。

ミドシップに積まれた6.3リッター自然吸気V12エンジンは最高出力800馬力/9,000rpmを発生し、これに2個の電気モーター(1個が駆動輪にパワーを送りもう1個は補助)を加えることで、システム合計では最高出力963馬力、最大トルク900Nm以上を発揮。0-100km/hまで3秒以下で加速し、15秒で300km/hに到達、さらに最高速度は350km/hを超える。

当時の新車価格は税別120万ユーロ(現在の為替レートで約1億4,000万円)と言われ、生産台数はわずか499台のみ(後にイタリア中部復興支援のために1台だけ増産された)。正式発表前にそのほとんどが、内覧を済ませた"優良顧客"から受注済みとされ(もちろん、日本にも所有されている方はいらっしゃる)、そうでない人が手に入れることは難しかった。だが、Autoblogでは昨年4月、アラブ首長国連邦のドバイで少なくとも2台のラ フェラーリが売りに出されていることを報じている。そのうちの1台は約3億2,700万円というから、韓国の自動車販売会社が用意した2台分で7億円超という金額と概ね符合する。

彼らがどこでラ フェラーリを手に入れようとしていたのかは知らないが、5月27日にイタリアのヴィラ・エルバで開催されるRMサザビーズのオークションに、走行距離180km、外装色ロッソ・コルサ(赤)とブラック・ルーフ&ミラー、内装ブラックに赤のアクセントという個体が1台、出品される予定だ。落札予想価格は3億5,000万円前後になると見られているので、これも「東京の日本人男性」の予算にぴったり。その辺りがラ フェラーリの現在の価格相場らしい。購入を考えている方のご参考までに。


ラ フェラーリの関連記事はこちら。
・【ジュネーブ2013】フェラーリ、「エンツォ」後継の限定モデル「ラ・フェラーリ」を発表!
・【試乗記】ハイブリッド・スーパーカー戦争の本命! 2015年型フェラーリ「ラ フェラーリ」
・2台の「ラ フェラーリ」がドバイで売り出し中! うち1台の値段は約3億2,700万円(ビデオ付)
・イタリア中部地震復興支援のために1台だけ増産された「ラ フェラーリ」が、チャリティ・オークションで高値を記録!
・【パリモーターショー2016】フェラーリ、限定生産ハイパーカーのオープントップ仕様「ラ フェラーリ アペルタ」を公開

関連画像
Related Gallery:Jay Kay and his LaFerrari

Related Gallery:Ferrari LaFerrari: Geneva 2013 Photos