【北京モーターショー2014】BMWが最高級セダンのコンセプトカーをお披露目
Related Gallery:BMW Vision Future Luxury Concept: Beijing 2014 Photos

BMWが販売する現在のフラッグシップ・モデル「7シリーズ」の上に位置する「9シリーズ」となるのではないかと囁かれている、新たな最高級セダンのコンセプトカー「ビジョン・フューチャー・ラグジュアリー」が、現在開催中の北京モーターショーでお披露目された。

このコンセプトカーは、昨年5月にイタリアで開催されたクラシックカーの祭典コンコルソ・デレガンツァ・ヴィラデステでお披露目された「ピニンファリーナ・グランルッソクーペ」のデザインを引き継いではいるが、ホイールは小さく、ミラーは大きくなっており、BMWが市販化を意識していることがうかがえる。

また、後部に付いている「eDrive」バッジは、同車がプラグインハイブリッドになる可能性を示唆していると言えるだろう。しかし、現段階ではエンジン、バッテリーとモーターがどのような組み合わせになるかは明らかにはされていない。ただ、BMWがメルセデス・ベンツ「Sクラス」の最上級モデルに対抗するために、PHEV(プラグインハイブリッド)のフラッグシップを発売するとは考えにくい。

それでは、北京モーターショーにお目見えした「ビジョン・フューチャー・ラグジュアリー」の画像をギャラリーでお楽しみいただきたい。同車の詳しい情報が気になる方はプレスリリース(英語)をチェックしよう。

By Brandon Turkus
翻訳:日本映像翻訳アカデミー