【ビデオ】963psにパワーアップされたホンダ「インテグラ」がドラッグレースで事故!
つい先日、オーストラリアで開催された「タルガ・ハイカントリー」で火を噴きながら疾走したランボルギーニ「ガヤルド」の情報をお伝えしたばかりだが、アメリカのレースでもあわや大惨事という一幕があった。

事故を起こしたのは、アメリカのチューナー、ジェフ・エヴァンス氏がハンドルを握るアキュラ「インテグラ」。彼のインテグラには、ブースト圧2.46kgf/cm2のボルグワーナー製67mmターボチャージャーが取り付けられ、最高出力は963馬力にまで高められていた。

エヴァンス氏はその日、一般車をチューンした車が参加するドラッグレースに参戦。事故は彼の3本目のタイムアタック時に起きた。エヴァンス氏の車がゴールラインを越えた直後に大きく右にそれ、隣のレーンを走っていたホンダのEG系「シビック」をギリギリでかわしたものの、壁に激突。しかし、269km/h、8.98秒でクラス記録を達成し、エヴァンス氏にはほろ苦い勝利がもたらされた。

この恐怖と歓喜の瞬間を、ぜひビデオでご覧いただきたい。またエヴァンス氏のアキュラに関する詳細な情報は、同氏がオーナーを務めるEvans Tuningのサイト(英語)でどうぞ。



■関連記事
パッと見はただのぼろグルマ...でも中身は最新LS2で1,000馬力オーバー!
【ビデオ】ドラッグレース中に起きたまさかのハプニング!
【ビデオ】日産「GT-R」とジーブ「グランド・チェロキーSRT-8」 がドラッグレースで対決!