SEMA 2009: Blackout Bentley balances the bad

カスタマイズされた2009ベントレー・コンチネンタルの高解像度ギャラリーは下の画像をクリック

今年のSEMAショーでは、マットブラックが流行りのようだ。そこで、全身を流行のカラーに包んだベントレーの「コンチネンタル GT」を紹介しよう。

このコンチネンタルGT、黒いペイントのほかに「プレミア4509リミテッド」のワイドボディ・キットを装着している。インテリアは黄色と黒のコントラスト。シートにはダイアモンド柄のステッチをあしらったスエードが張られ、クールな仕上がりだ。 クールな仕上がりだ。

それにしてもブースの上に書いてあるNutek Wheelsのキャッチコピーがちょっと面白い。「お客様のご要望に合わせてホイールを製作します・・・それに、英語が話せますよ!」。欧州車のカスタマイズでは、ヨーロッパや日本勢に押され気味なだけに、アメリカの会社であることをアピールしているのだろう。少なくとも入場者の目を引くことは間違いないだろう。

Related Gallery:SEMA 2009: Blackout Bentley
関連リンク
【SEMA】マツダ「ロードスター」にスパイダー登場、さらに「デミオ」のターボモデルも!
【SEMAショー2011】今年の目玉!?  トヨタ「iQ」のカスタマイズカーが勢揃い!
【SEMA2009】サリーンが2010年型S281マスタングを公開

【SEMA 2009】今年の会場を彩った車よりも美しいコンパニオンたち!

【PR】 ラングラーの購入を考える前に!まずは愛車の現在価格を調べよう!