volvo 関連ニュース - Autoblog 日本版

ボルボ

ボルボ(正式名称はボルボ・カーズ)は、1927年にスウェーデンのイェーテボリで創立された高級車ブランド。1999年からフォード傘下、2010年からは中国の自動車メーカー、吉利(ジーリー)グループの傘下に入っている。堅牢な四角いボディはボルボの代名詞となっており、安全装備に関する技術は自動車業界の中でもトップクラスを誇る。 ■公式サイト:http://www.volvocars.com/jp/

ボルボ 車種名:

Indicates a Reviewed Model
  • Etc: 1980年代に人気を博した頑丈なステーションワゴン、ボルボ「240 エステート」を廃車置場で発見
    2017年03月19日 19時00分

    筆者がこの連載記事を書くために訪れる廃車置場の大半はカリフォルニア州とコロラド州にあり、"在庫"の入れ替わりが激しい。そして、どちらの地域も40年間、ボルボ「240」シリーズの温床となっている。だが、ここ15年の間に、この角ばったボディのスウェーデン車が廃車置場に持ち込まれることが増えており、その理由は「製造されてから長い年月が経って古くなり過ぎた」のと、「ボルボ 240を偏愛していた顧客が、忠誠の対象をモダンなハイブリッド車に乗り換えた」からだ。...

  • First Drive: 【試乗記】ボルボS90&V90、デキスギ君がジャイアンとケンカ!? 待ってろビーエムメルセデス! 北欧のロールスはドイツ勢を駆逐できるか??:小沢コージ
    2017年03月15日 17時00分

    ●時代と価値観が刻々と変わっていきます  いやはや時代も変わるもんですなぁ。まさか、北欧の地味&イイ人ブランドのボルボが本気でメルセデス、BMWに対抗してくる日が来るとは。言わばドラえもんで言うのび太じゃなくって、デキスギ君が本気でジャイアンに挑むかのような時代変革!! それがこの新型ボルボV90&S90のプレミアムラージセダン&ワゴンの本質ですよ。  SUV以外の90シリーズとしては久々の復活で正確には今から20年近く前の1998年以来。ぶっちゃけ言うとこのクラスはメルセデス・ベンツEクラス、BMW5シリーズの独壇場でボルボみたいな控えめ系は遠慮し、ガチなバトルをほぼ諦めていたんです。セダンではなくハズシのワゴンで趣味人を狙おうみたいな。 <XC90>  ところが! ボルボも不況に苦しみ、存続危機の憂き目に会い、親会社も変わって心機一転。攻めの姿勢に出たわけで、それが去年日本に出るなり1000台以上をあっさり完売、去年世界で過去最高の53万台強を売り切った新世代ボルボの看板メニュー、XC90。 <SPAプラットフォーム XC90>  そしてそのXC90と同じ新世代SPAプラットフォームと高効率パワートレインDRIVE-Eを使ったセダン&ワゴンがこの新型S90&V90。いやはや長生きすると面白いことあるわ(笑)。 ●このエレガントさ、今までのボルボと別次元!  さてS90&V90がどれだけ本気かっつーとまずはそのビッグサイズに表れてます。全長×全幅×全高はS90が4965×1890(Rデザインは1880mm)×1445mm、V90が4935×1890×1475mmとどちらもボルボ初の4.9m台。それでいて全幅は前と変わらず、さらに面白いのはワゴンよりセダンの方が長く、ライバルのEクラスや5シリーズよりも微妙ながら長いこと! かなり張り合ってる感、出してます。  サイズ以上にスゴいのはデザインのクオリティ! 本気で新世代プレミアム性を狙っていて、小手先のディテールにこだわったものではなく、根本的にドイツ勢に負けないノーブルさを狙ってます。  圧倒的なのはプロポーションで、骨格はエンジン横置きのFFプラットフォームでありながら、フロントノーズが長くて、前輪がフロンバンパーギリギリの位置に。いわゆる古典的高級FR車の優雅さを出していて、これぞザ・クラシック。デザイナー自身、寸法比を50年代のロールスロイスになぞらえているから面白い。誤解を恐れずに言えば、北欧のロールスロイスを狙ってるわけですな。  ディテールも優雅の一言。中でもエレガントなのはフロントのヘッドライトからリアのテールライトまで一線に貫かれたサイドの2本のプレスライン。これがいわゆる高級ボート的な流れるラインで非常に上品。  さらにワゴンのV90で特長的なのは、今回からリアデザインが露骨に寝かせたスポーティ路線になっているところで、今までの実用最優先の絶壁リアエンドはなんだったの? ってなカタチ。  サイドの豊潤なら膨らみもアメリカンな力強さともドイツ的な威圧感とも違って繊細。さらにフロントマスクにはボルボらしい湾曲した横長グリルと、北欧神話に出てくる雷神のハンマーを模したLEDヘッドライトが備わり、まさしく北欧のロールスロイスたる風格。  まあ、上手いこと新しい北欧プレミアムテイストを作り上げたもんですよ。いい料理人が、上手にドイツなど欧州料理の骨太さを抑えつつ、シンプルで美しい北欧料理を作り上げたかのよう。伝わりますかねこの喩え(笑) ●ジェレミー・クラークソンも目を見張るインテリア  かたやエクステリア以上に優美なのがインテリア! 辛口コメントで知られる英国元トップギアのメインキャスター、ジェレミー・クラークソンが「ベストインテリア」と言ったとか言わないとかで、なにがスゴいってまずはスウェーデンっぽいマテリアル。  ほどよい光沢のクロームメッキパーツもいいけど、素材感を活かした無垢っぽい仕上げのウッドパネルはまさに北欧風。どことなく化学調味料を一切使わない身体にいいオーガニック料理を食べてるかのようです。しかもそれを優美な曲線で切り取ってあるわけで。  一方、ボルボ自慢のタテ型iPadサイズのセンターディスプレイもXC90同様に完備。おかげでエアコン、オーディオ関係のスイッチや車両設定スイッチを画期的に減らせたわけで下世話さ一切ナシ。それでいてディスプレイ両脇のエアインテークには、XCからあえて変えた縦長デザイン採用...

  • Geneva: ボルボ・カーズ、新型「XC60」をジュネーブモーターショーで発表
    2017年03月08日 12時00分

    ボルボ・カーズは、ジュネーブモーターショーにおいて、プレミアム SUV、新型「XC60」を発表した。  新型「XC60」は、2008年に発売された初代XC60の後継車。初代XC60は、その発売年から9年間連続してボルボ車でのベストセラーモデルとなり、累計で約100万台が販売されている。ボルボの世界販売台数の約30%をXC60が占めている。  ステアリング・アシスト機能には、画期的なオートブレーキ・システムである「シティ・セーフティ」にステアリング・アシスト機能が追加された。このシステムは、50〜100km/hの速度域で作動し、オートブレーキだけでは衝突を回避できない場合、ステアリングの操作をアシストし前方の障害物を避けるサポートを行う機能。  BLIS(ブラインド・スポット・インフォメーション・システム)も進化し、ステアリング・アシストの機能を利用して車線変更時における衝突のリスクを軽減し、ドライバーの死角に他の車両が存在することを警告、ステアリングの自動操作により車を元の車線に戻し、死角に入っている車両との衝突を回避する。 新型「XC60」のエンジンは、ディーゼルエンジンのD4、D5、ガソリンエンジンのT5、T6、T8ツインエンジン・プラグインハイブリッドの計5種が用意されている。  ボルボ・カー・グループCEO ホーカン・サムエルソンは、「ボルボは最新の技術を導入しながらスタイリッシュでダイナミックな SUV をデザインするという伝 統を持っています。新型「XC60」も例外ではありません。アクティブなライフスタイルに最適な車であり、かつボルボのトランスフォーメーション(構造改革)プランにおける次のステップを象徴するものです」と述べてた。  ボルボの新型「XC60」は、スウェーデンのトースランダ工場で4月中旬から生産に入る予定。日本での発売時期は現在未定、後日発表。 ...

  • Motorsports: WTCC、ポールスター・シアン・レーシング、2017年シーズン体制を発表
    2017年03月01日 17時00分

     ポールスター・シアン・レーシングは、2016 年シーズンの参戦にあたり、1 年目を知識や技術の習得、2年目にレースでの優勝、そして 3年目に世界タイトルの獲得を目標とする3ヵ年計画を発表していた。 昨年9月25日に上海インターナショナルサーキットで行われた第10戦のオープニングレースにおいて、チームのエースドライバーであるテッド・ビョーク(スウェーデン)が勝利を飾り、目標を1年前倒しで達成。チームはさらに目標を上げ、2年目となる2017年シーズンにおいて世界タイトルの獲得を目指すことを発表した。また、昨シーズンのレースカー2台体制から3台体制へと増強し、ドライバーに、昨年9月4日にツインリンクもてぎで行われた日本ラウンドでの走りで鮮烈な印象を残したネストール・ジロラミを加えた。 ポールスター・シアン・レーシング・チームは 2016 年のシーズンが終了した昨年11月より、南欧のサーキットにて最高出力400PSのボルボS60ポールスターTC1 レースカーのオフシーズンテスト走行を精力的に行ってきた。 ...

  • Featured: ボルボ、高い安全性とスカンジナビア・デザインが魅力的な新型「S90」「V90」「V90 クロスカントリー」を日本に導入
    2017年02月26日 20時00分

    ボルボ・カー・ジャパンは22日、新型フラッグシップ・セダン「S90」とステーションワゴン「V90」、そのクロスオーバー「V90 クロスカントリー」の日本導入を発表。同日より販売開始した。 昨年発売された「XC90」に続き、ボルボの新世代プラットフォーム「SPA(スケーラブル・プロダクト・アーキテクチャ)」と新世代パワートレイン「DRIVE-E」を採用するこれら3車種の90シリーズは、それぞれ従来の「S80」「V70」「V70 クロスカントリー」の後継となる。ボルボでは、2020年までに同社のクルマによる交通事故の死亡者や重傷者をゼロにする「Vision 2020」という目標を掲げているが、ボルボ・カー・ジャパンの木村隆之社長によれば、今回発売された90シリーズは、まさにその2020年になっても継続生産されるモデルであるという。つまり、"交通事故の死亡者と重傷者ゼロ"に向けた先進的な安全性を備えているというわけだ。 そのために、S90とV90では、XC90よりさらに進んだ安全機能が搭載された。その1つは、世界初となる大型動物検知機能だ。これは従来の歩行者・サイクリスト検知機能に加え、走行中に前方に大型動物を検知すると、警告を発したり自動的にブレーキを作動させる。日本でも北海道ではエゾジカによる交通事故が毎年2,000件前後発生しており、10年前に比べると増える傾向にあるという。ボルボ・カー・ジャパンは独自にエゾジカの剥製を使ってこの機能を検証。衝突事故を避ける効果が認められたそうだ(現在はボルボ・カー本社による承認待ち)。北海道で新型ボルボが普及すれば、これらの事故がそれだけ減ることになる。 そしてもう1つ、世界で初めて採用された安全機能が、走行中に道路から逸脱しそうになるとステアリングおよびブレーキを自動的に制御して、道路逸脱事故の回避を支援する「ランオフロード・ミティゲーション」だ(こちらはXC90にも追加採用された)。この機能は車載カメラが車線境界線や側線を認識し、65km/hから140km/hの速度で作動する。もちろん、ドライバーが方向指示器を使用するなど自発的に車線を変更しようとしている場合は介入しない。 また、新型90シリーズには自動運転の「レベル2」に分類される「パイロット・アシスト」が全車に標準で装備される。これはフロント・ウィンドウに搭載されたミリ波レーダーとカメラが一体になったユニット「ASDM(アクティブ・セーフティ・ドメイン・マスター)」が車線と前方をモニターし、アクセルとブレーキ、さらにステアリングも自動的に操作して前走車との車間距離や車線の維持をサポートする機能だ。前走車に追従するだけでなく、前走車がいない状況でも車線維持走行が可能だという。...

  • Video: 【ビデオ】強風に煽られた大型トレーラーが高速道路で横転 警察車両を押し潰す!
    2017年02月20日 09時00分

    米国ワイオミング州の高速道路で、一台の大型トレーラーが強風にあおられ横転し、路肩に停車していたパトカーの上に倒れ込むという事故が起こった。...

  • Official: ボルボ、「V40 D4 R-DESIGN Polestar Edition」を150台限定で発売
    2017年01月27日 21時00分

    ボルボ・カー・ジャパン (代表取締役社長:木村隆之)は、V40 D4にスポーティグレードの「R-DESIGN」を設定し、最大トルクを440Nmまで引き上げる「ポールスター・パフォーマンス・ソフトウェア」 と、エンジンパワーのレスポンスを向上させ、パワフルな走りとスポーティなサウンドを演出する新製品 「ポールスター・パフォーマンス・エキゾーストセット」を組み込んだ特別限定車「V40 D4 R-DESIGN Polestar Edition」を、150台限定で販売開始した。 新開発のステンレス製エキゾーストシステムは、ポールスターロゴ入りの3.5インチデュアルマフラーが個性を際立たせ、減圧設計のエキゾーストはエンジンからの排気流を最適化し、パフォーマンスを向上させる。 搭載される2.0リッター4気筒ターボディーゼル「D4」エンジンは、最高2500気圧で燃料噴射を実現する最新の「i-ART」コモンレール・ダイレクトインジェクションシステムや、2ステージターボチャージャーの採用等により、クラストップレベルの出力特性を実現。「ポールスター・パフォーマン ス・ソフトウェア」の導入により、4気筒ディーゼルとしては最高レベルの190psの最高出力を200psまで引き上げ、最大トルクは4リッターガソリンエンジンにも匹敵する440Nmまでアップグレードした。 「V40 D4 R-DESIGN Polestar Edition」の希望小売価格(消費税込み)は、4,490,000円。...

  • Featured: 【試乗記】『ボルボ』XC60「クラシック」。クルマに乗り味の本質を求めるユーザーには納得してもらえると思う。:山田弘樹
    2017年01月20日 16時00分

    世界で一番売れているボルボ、XC60。そのファイナルエディションである「クラシック」に試乗した。 ご存じの通りここ数年のボルボは躍進著しい。V40の成功で完全に波に乗り、エンジンはこれまで培ってきた直列6気筒や5気筒ターボを切り捨ててディーゼル/ガソリン共に「4気筒のみしか作らない」と合理化を高らかに宣言。そして旗艦車種であるXC90に至っては、とうとう「スケーラブル プロダクト アーキテクチャ」(SPA)によるモジュールシャシーでの新しい門出を披露した。 特にこのモジュール構造は、近年フォルクワーゲンやトヨタのような巨大企業が推し進める部品共用技術であり、年間生産台数が50万台を超えたばかりのメーカーが、大メーカーたちと同レベルのインフラを整えたその姿勢には、本当に驚くばかりである。 そういう意味で今回試乗したXC60は、一世代前のシャシー構造。ベースとなるのはセダン/エステートのS60/V60で、その登場も2008年と8年も前の話だから(日本市場導入は2009年)、普通に考えれば、ちょっと古くさい乗り味をイメージしてしまうところだ。 だがフォード傘下時代に得たプラットフォームをベースに、これをボルボ自身が煮詰めたシャシーの出来映えは今でも素晴らしく、これからSPAを推し進めるボルボにとっても、ここで得たノウハウが礎となっているとさえ感じられた。 XC60クラシックにはふたつのバリエーションが存在する。共に2リッターの直列4気筒で、ディーゼルターボを搭載する「D4」は190ps/400Nm。ガソリンターボを搭載する「T5 AWD」が245ps/350Nmを発揮し、今回は後者に試乗した。ちなみにAWDは、これまで2.5リッター直列5気筒ターボの「T5」だった。 クラシックとしての装備で目を引くのは、センターコンソールとドアパネルに備え付けられたウッドパネル。この他に本革シートやシートヒーター、パノラマガラスサンルーフなどがファイナルエディションとしての花を添え、派手さこそないが落ち着きのある室内空間を演出している。またインターネット接続機能である「SENSUS CONNECT」や、12セグ地上デジタルTVがさらなる快適性を付け加えてくれている。 しかし正直XC60で躊躇する部分があるとしたら、シャシーの古さというよりはこの一世代前のインテリアだ。特に助手席空間を広く取るダッシュボードの造形や、樹脂パッドの質感は、いくら木目パネルで化粧直ししようとも安っぽさを隠せない。これはグレード的なコストダウンの結果とも言えるが、次世代モデルでどのように変わって行くのか興味深いところである。 またXC90が9インチの縦長タッチパネルをセンターコーンソールにドーンと配置して未来感をアピールしているのに対し、こちらは横長の7インチモニターが付くのみだから、どうしても古くさく見えてしまう。XC90は上級セグメントだから直接比較するのはフェアじゃないが、次期型XC60も同様の手法でインテリアをまとめてくるのでは? と考えると、ちょっとだけ現行型の購買意欲に"待った"が掛かってしまう。 <Photo : XC90> ただ冷静になって考えると、XC90をはじめとした現代車のインフォテイメントは、まだまだ過渡期であり中途半端。たとえばXC90のタッチパネルがどれだけ先進的かというと、その実エアコンなどの各種スイッチ類がデジタル化された程度で、操作に慣れるまでは逆にやりにくかったりもする。つまり目新しいが、使い勝手がよいかといえばそうでもないのである。そしてその目玉は「Apple CarPlay」くらいなもの。ボイスコントロール機能だってフールプルーフとは言いがたいし、インターネットによるMAP機能はまだまだ通常NAVIには及ばない部分も多い。 だからどうしても次期型が出るまで待つ必要があるか? と問われれば、「新しいものじゃなきゃいや!」という人以外は、その実そうでもないと思うのだ。現行型なら末期モデルとして値引きだって期待できるだろうし、そう考えると総合的な魅力はとても大きい。...

  • Video: 【ビデオ】『Forza Horizon 3』に日産R31型「スカイライン GTS-R」を含むカー パックが登場!
    2017年01月06日 10時00分

    レーシング・ゲーム『Forza Horizon 3』に毎月リリースされるカー パックの勢いは留まるところを知らない。その最新版となる「ロックスターエナジードリンク・パック」には、日産R31型「スカイライン GTS-R」やボルボ「V60ポールスター」など、エンスージアストに人気の高い車種が収録されている。...

  • Official: 2016年に米国で最も検索された自動車メーカーのトップ10!
    2016年12月31日 17時00分

    かつて「コピーする」ことを「ゼロックスする」と言っていたように、その機能が動詞になるほど定着しているのがGoogleだ。『ポケモンGO』から、数十年前のテレビドラマに出演していた俳優の名前まで、ありとあらゆるワードがGoogleで検索されている。それらの中から(米国内において)2016年の急上昇検索ワードランキングに入った自動車メーカーの名前トップ10をご紹介しよう。 ...