volkswagen 関連ニュース - Autoblog 日本版

フォルクスワーゲン

フォルクスワーゲン(VW)は、アウディ、ベントレー、ブガッティ、ランボルギーニ、ポルシェ、セアト、シュコダ、ドゥカティ、スカニアを擁するVWグループの核となるブランド。VWの誕生は1930年代にさかのぼる。当時のドイツ首相であったヒトラーが提唱した国民車計画に基づき、ポルシェの創設者フェルディナンド・ポルシェが設計した小型車、「KdF」(のちのVW「タイプ1」)の生産のため設立された(ちなみに"フォルクスワーゲン"はドイツ語で国民車を意味する)。現在、VWはディーゼル車を含め、幅広い車種の製造を手掛けている。 ■公式サイト:http://www.volkswagen.co.jp/ja.html

フォルクスワーゲン 車種名:

Indicates a Reviewed Model
  • Official: フォルクスワーゲン、「ゴルフGTI」用エッティンガー社製エアロキットの販売を日本でも開始
    2017年02月27日 18時00分

    フォルクスワーゲン グループ ジャパンは27日、「ゴルフ」のスポーツ・モデルとして人気が高い「ゴルフGTI」用に開発された純正エアロキットの販売を、同日より全国のフォルクスワーゲン正規ディーラーで開始すると発表した。 ...

  • Featured: 1973年型フォルクスワーゲン「スーパー・ビートル」をデンバーの廃車置場で発見
    2017年01月29日 19時00分

    空冷エンジンを搭載するオリジナルのフォルクスワーゲン「タイプ1」は「ビートル」として親しまれ、米国では1946年から1979年モデルイヤーまで長きに渡り販売されていた。その特徴的な姿は、少なくとも1980年代後半まではありとあらゆる地域で見掛けたものだった。しかし、1930年代の技術をベースとしたこのクルマは、1970年代になる頃には、パワーが不足し燃費も悪く安全性も低いと考えられるようになり、多くの個体は満足なメインテナンスも受けずに乗り倒された。やがてそれらのクルマは錆びて朽ち果てるか、あるいは事故で廃車となるか、または単に乗り潰されて、現代的な小型車に取って代わられた。今や廃車置場で見ることも少ないが、筆者は先日コロラド州デンバーで、希少な「スーパー・ビートル」を発見した。...

  • Video: 【ビデオ】フォルクスワーゲンが提示する将来のクルマのコクピット(ただしまだ問題もあり)
    2017年01月25日 18時00分

    未来の自動車のインテリアがどのようなものになるか、確実なことは誰にも分からない。だが、今年のCES(国際家電ショー)では、いくつかの手掛かりが得られた。フォルクスワーゲン(VW)のブースには、3Dダッシュボードや次世代型ヘッドアップディスプレイ、視標追跡技術を備えたハイテクなインテリア・コンセプトが出展されており、ドライバーの注意を乱す要素を最小限に抑える技術と、美しいグラフィックスの組み合わせ方を、垣間見ることができたのだ。以下のビデオをチェックして、「フォルクスワーゲン・インタラクティブ・エクスペリエンス」がどんな仕組みであるかご覧いただき、うまく試せなかった機能は何だったか考えつつ読み進めていただきたい(ヒント:この未来の機能は難しい)...

  • Official: フォルクスワーゲン、「Polo」2車種の限定車を販売開始
    2017年01月24日 15時00分

    フォルクスワーゲン グループ ジャパン (代表取締役:ティル シェア)は、純正ナビゲーションなどを標準装備し、230 万円台という価格を実現した 「PoloActive」とPoloの生産40周年を記念して企画した上級仕様の「PoloOriginal」を販売開始した。...

  • Featured: フォルクスワーゲン、生産モジュール「MQB」をSUVとして初採用した新型「Tiguan」発売
    2017年01月17日 14時30分

    フォルクスワーゲン グループ ジャパン(代表取締役:ティル シェア、本社:愛知県 豊橋市)は、初代「Tiguan」の2008年日本導入からおよそ8年ぶりにフルモデルチェンジした新型「Tiguan」を、発売した。初代「Tiguan」は、これまで世界中で280万台以上を販売し、ドイツ国内では9年連続SUVセグメントナンバーワンとなっている。(日本国内累計輸入台数15,000台) フォルクスワーゲンの生産モジュール「MQB」をSUVシリーズとして初めて採用した新型「Tiguan」のボディサイズは、全長4,500mm(従来型比+70mm)、全幅1,840~1,860mm(同+30~+50mm)、 全高1,675mm(同-35mm)と、前モデルに比べて長く、幅広く、低くしホイールベースを 70mm 延長させたことで、スタイリッシュでスポーティなプロポーションと広く快適な室内空間の双方を実現している。 「MQB」を採用した事でデザインの自由度が高まり新たな発想のもとで新型「Tiguan」が生まれたという。 インターネットとの接続性を高める機能を採用したことで、最新の情報による目的地検索や最適なナビゲーション機能が強化され、「つながる SUV("Volkswagen Car-Net"全車標準装備)」としての新しい価値を備えてた。 パワートレインには、気筒休止システムの"ACT"に加え、アイドリングストップ機能の"Start & Stopシステム"とブレーキエネルギー回生システムを備えたブルーモーションテクノロジー付の 1.4ℓ TSIエンジンと6速DSGを採用し、快適かつ爽快なドライビングパフォーマンスを実現、燃料消費率も16.3km/ℓ(前モデル:14.6km/ℓ)と約10%改善した。...

  • Featured: 【東京オートサロン2017】フォルクスワーゲンがニューモデルのカスタマイズパーツ・グッズ類を出展!!
    2017年01月15日 07時00分

    フォルクスワーゲン グループ ジャパンは、東京オートサロン 2017で「ゴルフ」用のエアロパーツ/チューニングパーツやグッズ類の新商品を展示・販売した。 「ゴルフ GTI」用に設定され2月中旬から販売が開始される予定のエアロパーツ類は、「ゴルフGTI チューンドバイOettinger」。 ドイツ本国では既に販売されている実績のあるモデルで、フロントアンダースポイラー、フロントスプリッター、サイドスポイラー、ディフューザー式リヤバンパー、4本出しリヤマフラー、リヤルーフスポイラーが用意されている。 ...

  • Detroit: 【北米国際オートショー2017】フォルクスワーゲン、電動マイクロバスのコンセプトカー「I.D. Buzz」を発表
    2017年01月13日 10時00分

    "ワーゲンバス"のファンなら惹かれるに違いない。フォルクスワーゲン(VW)はこれまで、かつてのマイクロバスを思わせるコンセプトカーを実にたくさん発表して来たが、いずれも市販化には至っていない。そして現在開催中の北米国際オートショー2017で、また新たなワーゲンバスの復刻版とも言える電気自動車(EV)のコンセプトカー「I.D. Buzz」を公開した。といっても、これはまだ開発初期段階の外観であり、実際にこのまま市販化される保証はない。いったん心を落ち着かせてから読み進めていただきたい。...

  • Detroit: 【北米国際オートショー2017】フォルクスワーゲン、ロングホイールベースで3列シートを備えた「ティグアン オールスペース」を発表
    2017年01月12日 06時00分

    我々がスウェーデン北部の凍った荒野に編集者を送り込み、あるクルマの欧州向けバージョンを試乗させたのは、昨年2月のこと。そのクルマとは、フォルクスワーゲン(VW)の2代目「ティグアン」。このCUVの北米上陸は2017年夏まで待たなければならないことが分かっていたため、早々に押さえておいたのだ。その上陸が近づいた今、米国市場向けにロングホイールベース仕様となった「ティグアン オールスペース(Tiguan Allspace)」が、現在デトロイトで開催中の北米国際オートショーで発表された。...

  • Official: フォルクスワーゲン、3列シートの新型SUV「アトラス」に「R-Line」仕様を設定
    2017年01月09日 19時00分

    先日、フォルクスワーゲン(VW)がマイナーチェンジした「ゴルフ」および「ゴルフ ヴァリアント」にスポーティな「R-Line」パッケージを設定したとお伝えしたばかりだが、同社は米国向け3列シートの新型SUV「アトラス」にもR-line仕様を用意すると発表した。同パッケージには、20インチのアロイ・ホイールや専用デザインのバンパー、サイドスカート、R-Lineのバッジが含まれ、キャビンにはステンレス製のペダル・カバーやR-Lineのバッジ入りのステアリング・ホイールが装着される。この新型アトラスのR-line仕様は、1月9日~1月22日(現地時間)にデトロイトで開催される2017年北米国際自動車ショーで公開となる予定だ。...

  • Video: 【ビデオ】タナー・ファウストが様々なクルマと場所で華麗な走りを披露!
    2017年01月03日 10時00分

    エナジー・ドリンクメーカーがスポンサーに付いたドリフターやラリーストは、誰もが華麗なテクニックを映像で披露しなければならないらしい。とはいえ、我々としてはそんな映像が次々と公開されるのはむしろ大歓迎だ。ロックスターエナジードリンクとタナー・ファウストが制作した最新ビデオでは、フォルクスワーゲンのレース用マシンをはじめとする数々の乗り物を、様々な場所でドライブする映像が楽しめる。...