toyota 関連ニュース - Autoblog 日本版

トヨタ

豊田自動織機を発明した豊田佐吉が創業した豊田自動織機製作所。トヨタ(正式名称はトヨタ自動車)は、その会社の一部門として、息子にあたる豊田喜一郎が1937年に開設した自動車部門を起源とする自動車メーカー。愛知県豊田市に本社を置き、米国にも数か所の生産拠点を設けている。米国では、4年連続販売台数トップを誇った「カムリ」や、米国で最も売れているハイブリッド車の「プリウス」が人気。 ■公式サイト:http://toyota.jp/

  • Official: ダイムラー、トヨタ、BMWなど国際的大企業13社が、水素燃料電池車普及のために協議会を発足
    2017年01月21日 18時00分

    ダイムラー、BMW、トヨタをはじめとする大手企業13社は、より多くの人々が水素燃料電池車を購入できるよう、十分なインフラ整備と技術向上を促すことを目指し、今後5年間で100億ユーロ(約1兆2,255億円)以上の投資を行うことを約束した。この13社にはホンダやヒュンダイを含む自動車メーカーや、ロイヤル・ダッチ・シェル、エア・リキード、リンデグループ、トタルといったエネルギー・運輸関連の国際的企業が名を連ねており、今月17日、スイスのダボスにおいて「Hydrogen Council(水素協議会)」の発足を発表した。...

  • Green: トヨタ、「プリウスC」に衝突回避支援パッケージを標準装備として追加
    2017年01月17日 18時00分

    安全を最優先すれば、販売台数は自ずとついてくる。そう願っているであろうトヨタは、コンパクト・ハイブリッド「プリウスC」(日本名:「アクア」)の2017年モデルに標準装備される安全機能の詳細を米国で発表した。...

  • Featured: 【東京オートサロン2017】ちょっとフライング!? 早くも「プリウスPHV」用カスタマイズパーツをモデリスタが公開!!
    2017年01月16日 10時00分

    トヨタモデリスタインターナショナルは、1月13日から15日まで開催された東京オートサロン 2017で、トヨタ「プリウスPHV」のカスタマイズカーを公開した。通常モデリスタによるカスタマイズカーの公開は、車両の発売と同時であることが多いため、今回は少しばかりフライング気味なタイミングでの登場となった。 会場でもおそらく唯一のプリウスPHVのカスタマイズカーなだけあって、気が付いた来場客の熱い視線を浴びていた。 ちなみに、ベースモデルは、PHVコンセプトのAグレードとなっているので、市販車とは若干仕様が異なる場合があるとのことだ。 カスタマイズパーツの開発コンセプトは「最先端の車両に相応しい先進感溢れるイメージはそのままに、見る人すべての心に訴えかける情緒感をモデリスタならではのデザインで表現。エアロキットの新たな可能性がここに。」とのこと。 筆者はプリウスPHVをまだ見慣れていないせいか、どの部分がカスタマイズされているのかが、一見すると良くわからなかった。つまり、デザインにマッチしており、ベース車両のイメージのまま、存在感を高めるようなパーツデザインとして仕上げられていると言えよう。 外装では、MODELLISTA エアロキット(フロントスポイラー、サイドスカート、リヤスカート ガーニッシュセット)と クールシャインキット(フロントグリルガーニッシュ、ミラーガーニッシュ、サイドドアガーニッシュ)、ヘッドライトガーニッシュ、ドアハンドルガーニッシュ、LEDトップノットアンテナが装着されていた。...

  • Motorsports: トヨタのNASCARドライバー、カール・エドワーズが引退を発表
    2017年01月16日 07時00分

    NASCARのカップ・レーサーで、優勝するとマシンを降りる際にバック転を行うのが恒例のカール・エドワーズが、モータースポーツから引退するとNASCARの公式サイトで正式に発表された。彼は自身が所属するジョー・ギブス・レーシング・チームで行われた会見で引退を表明し、最近ささやかれていた彼の進退に関する噂を肯定することになった。エドワーズは2016年限りで引退し、2017年のモンスター・エナジー NASCAR スプリント・カップ・シリーズには参戦しないとのこと。ジョー・ギブス・レーシングは会見の中で、チーム側からレーサーに引退を勧告しなければならないケースが多い中、エドワーズがキャリアのピークで引退を決意したことに尊敬の意を表した。...

  • Official: レクサス、豊田章男氏も関与した高級ヨットのコンセプトを発表!
    2017年01月16日 06時00分

    レクサスといえば、現在開催中の北米国際オートショーにおいてフルモデルチェンジしたフラッグシップ・セダンの新型「LS」を発表したばかりだが、同社はさらに「フラグッシップ」ではなく実際の「シップ(=船)」を公開した。正確には、シップと呼ぶには少々小さいかもしれないが、米国フロリダ州マイアミで開催されたブランドイベント「Through the Lens」で世界初披露された「レクサス・スポーツヨット・コンセプト」をご紹介しよう。 ...

  • Featured: 【東京オートサロン2017】タカラトミーがオートサロン限定トミカを発売!!
    2017年01月14日 13時00分

    タカラトミーは毎年恒例の東京オートサロン限定の開催記念トミカを会場で展示・販売した。 今回も会場では一人一回3台までの購入となっていたが、終日長蛇の列をなしてその人気ぶりが感じられた。数量については公開されていないが、商品がなくなり次第終了となっている。 東京オートサロン2017の台数限定販売モデルとしては、3台が用意された。 こちらは東京オートサロン2017 スバル BRZ(消費税込み700円)だ。専用のカラーリングとロゴが入っている。...

  • Detroit: 【北米国際オートショー2017】トヨタ、新型「カムリ」と2017年のNASCAR参戦マシンを同時発表
    2017年01月14日 06時00分

    トヨタは2017年のNASCAR参戦を心待ちにしているようだ。北米国際オートショーでデザインを刷新した新型「カムリ」が発表され、併せて同車をベースにしたNASCAR参戦車両も公開された。市販車とレースカーでは、その中身の関連性は"カムリ"と描かれたステッカーよりも薄いが、少なくとも外観は、トヨタによれば、「お気に入りのレーサーが週末にドライブするレースカーと、よく似たクルマをファンが自分で運転して楽しめるように、類似したデザインの特徴を維持するようにした」とのことだ。トヨタの思惑通りにブランディングの効果が見られるかどうかはさておき、この新たなスタイリングをまとったストックカーは、2017年からレースに出場し、2016年に獲得したタイトル防衛に臨む。...

  • Official: トヨタ、「Concept-愛i 」を2017 International CESに出展
    2017年01月05日 16時00分

     トヨタは、米国ネバダ州ラスベガスで開催中の2017 International CESにおいて、人工知能技術を搭載することで人とクルマがパートナーの関係となる、モビリティ社会の未来像を具現化したコンセプトカー「TOYOTA Concept-愛i」を出展した。  Concept-愛iは、今後数年内に公道実証実験を計画しており、今回の出展内容の一部を搭載した実験車両が日本の都市を走行する予定。 ...

  • Official: フォードとトヨタ、スマートフォンとクルマをつなぐ「スマートデバイスリンク」の業界標準化に向けたコンソーシアムを設立 スバル、マツダ、スズキも参画
    2017年01月04日 18時00分

    フォードとトヨタは4日、スマートフォンとクルマをつなげ、車内でアプリを利用するためのオープンソース「スマートデバイスリンク(SDL)」を管理する非営利団体「スマートデバイスリンク コンソーシアム」の設立を発表した。2社の他にも富士重工業、マツダ、スズキ、PSAグループ(プジョーやシトロエン)が参画し、多数の企業、サプライヤー、アプリ開発者が協調することで、業界標準化を目指すという。...

  • Video: 【ビデオ】マンハッタンで、ドライバーが青信号を240回連続で走り抜けることに成功!
    2017年01月02日 06時00分

    妻になんと言われようと、カーブの続く峠道をクルマで走るのは非常に楽しい。近くにそうした場所がなくても、例えば大都市の中心に張り巡らされた舗装路を程よいスピードで駆け抜けることは楽しいに違いない。この動画を撮影した男性は、午前3時にマンハッタンで青信号を240回連続で通過することに成功した。...