Suzuki News - Autoblog 日本版

suzuki

  • Official: SUZUKI「GSX-S1000 ABS」とフルカウルモデルの「GSX-S1000F ABS」の 仕様を一部変更して発売
    2017年03月29日 12時00分

    スズキ株式会社は、高揚感のある加速と軽快な走りを楽しめるロードスポーツバイク 「GSX‐S1000 ABS」、「GSX‐S1000F ABS」の仕様を一部変更して3月30日より発売する。...

  • Official: SUZUKI、軽量ロードスポーツバイク「GSR250」のカラーリングを変更して発売
    2017年03月28日 12時00分

    スズキ株式会社は、精悍で存在感のあるスタイリングと扱いやすいエンジン特性を特徴とするロードスポーツバイク「GSR250」のカラーリングを変更し、2017 年 3 月 30 日(木) より発売する。...

  • Motorsports: 【MotoGP2017】ヤマハに移籍したビニャーレスがシーズン開幕戦で優勝!
    2017年03月27日 15時00分

    M.ビニャーレス(Movistar Yamaha MotoGP)が、2017シーズン開幕戦カタールGPで優勝し見事なヤマハ・デビュー飾った。2位にはA・ドヴィツィオーゾ(Ducati MotoGP)、3位はV・ロッシという結果となった。 雨で予選セッションが全てキャンセルとなり、前日までのフリー走行の総合タイムでグリッドを決めることとなった、波乱の幕開け野中、M・ビニャーレスがMotoGP初のポールポジションを獲得。しかし、ビニャーレスは、そのアドバンテージを十分に生かすことはできず、素早く飛び出して2番手で第1コーナーに進入し、混乱のなかで5番手まで後退。その後少しずつペースを上げコンディションのフィーリングをつかみ、追撃開始。 6ラップ目、ルーキーながらも、ファステストラップを刻みながらトップを走行していたJ・ザルコ(Monster Yamaha Tech 3)が転倒し、前を行くA・イアンノーネ(Team SUZUKI ECSTAR)との差を詰め、背後に迫ってプレッシャーをかけると、11周目にイアンノーネがビニャーレスの目の前で転倒。勢いに乗ってM・マルケス(Repsol Honda Team)をパス、さらにトップのA・ドヴィツィオーゾ(Ducati MotoGP)を追った。 果敢な走りで1.2秒の差を一気に詰めると、14周目トップに浮上。ロングストレート・エンドではドヴィツィオーゾが抜き返すが、ビニャーレスはヤマハYZR-M1の特性である敏捷性をフルに引き出して対抗。残り5ラップは、ふたりの激しいバトルとなったが、最終ラップではビニャーレスが自己ベストの1分56秒157を記録してトップチェッカー。ドヴィツィオーゾとの差は0.461秒。 最高峰クラスにおいて、異なるメーカーのマシンで優勝したライダーとしては、M・ヘイルウッドに次いで2番目の若さ。 チームメイトのロッシは予選10番手、グリッド4列目からのスタートを強いられたが、シグナル消灯とともに飛び出し、第1コーナーでの接触もものともせず7番手へ浮上。2ラップ目には全車中、最速ラップを記録してD・ペドロサ(ホンダ)を追跡。トップグループがリードを広げ始めたころで、4周目ペドロサをパスしてビニャーレスの背後につけた。 ザルコとイアンノーネが転...

  • Motorsports: 【MotoGP2017】開幕戦カタールGP予選キャンセル、フリー走行の総合順位でグリッド決定
    2017年03月26日 14時00分

    MotoGP開幕戦カタールGPの予選は、前夜から降り続く雨のためにキャンセルとなった。レースディレクションは、ウエットコンディションで20分間のフリー走行を行い、夜間走行でもウエットコンディションでの走行が可能かどうかの判断を、選手たちに委ねた。 雨が上がり大部分で路面が乾いたものの、コースの至るところに水たまりや、コース上に川が流れ、レインタイヤやスリックタイヤでも走行が危険な状態のためフリー走行をキャンセル。コース上の排水作業を行ったが、コンディションの復旧には至らず、土曜日の全ての走行がキャンセルされた。 結果、前日まで行われていたフリー走行の総合順位でグリッドが確定した。 予選トップは、M.ビニャーレス(Movistar Yamaha MotoGP)、2番手A.イアンノーネ(Team SUZUKI ECSTAR)、3番手マルク・マルケス(Repsol Honda Team)がフロントロー。 今シーズンから移籍したM.ビニャーレス、A.イアンノーネがフロントローを獲得。 M.マルケスは3番手から、V.ロッシは10番手から、Ducatiに移籍したJ.ロレンソは12番手からのスタートとなる。 中止を決めたレースディレクションは、代表者としてロリス・カピロッシ氏が、決勝レースについて語った。 「前夜から降り始めた雨は雨量が多く、雨が上がりコースの80%ほどはドライコンディションになったのだが、ところどころコース上に水たまりができている状態だった。コースコンディションを整えようとポンプで水をくみ上げるなど必死の作業を続けたが、10分後には同じ状態に戻ってしまうためレースはできないと判断した。天候だけは、どうなるかはだれにも分からないし、明日の天候、コンディションを見て、最終的には選手たちの意見を聞いて判断したい。明日も状況が変わらなければ月曜日に延期することになるだろう」 ...

  • First Drive: 【試乗記】英断か迷走か!? おいおい、もしやプチキャデラックになっちゃったのかい? スズキ・ワゴンR&ワゴンRスティングレー:小沢コージ
    2017年03月24日 17時00分

    ●ワゴンR伝説を天才、鈴木修・当時社長の大英断から振り返ってみる!  いやはや一瞬、見返しちゃいましたぜ! 新型ワゴンR、それも特に超ワイルド顔のスティングレー。今の激動の軽自動車界を象徴する旧盟主たる存在で、振り替えればそもそも93年に生まれた初代は、実に画期的な実用車でありました。 <初代ワゴンR>  ほどよく楕円や台形フォルムを使いつつ、キャビン、ヘッドライト、そのほか見事にボクシーな四角アイコンを多用したシンプルかつ美しいエクステリアデザイン。まさしく走る無印良品そのもの! でした。  インテリアもそっけないほど直線的でシンプルで、しかし使い易く、なにより当時他にない全高1.6m台のトールボーイコンセプトを軽初採用。  ウワサじゃスズキは初代ワゴンRに当初別の名前を付けて「ニッチな趣味人」向けだか「アルトの傍流」として売ろうとしていたもよう。ところが販売直前、カタログ印刷まである程度済んた段階で、当時社長だった鈴木修さんが、おい、これは次世代系の主流派になりうる!? 的な判断を下し、当時のアルトに代わる軽のメイン車種として位置づけることを決定(あくまでもウワサですけど)。  名前も「ワゴンもあ〜る」というダジャレのごとき発想でワゴンRと土壇場で変えて発売。そしたらいきなりバカ売れで、その後何年も軽販売のランキングトップに君臨! 一時は白ナンバートップのトヨタ・カローラを超えて、新国民車となったほどよ。  実際安くてシンプルで使い易くて良かったんですワゴンR。いま初代を見ると若干の貧弱さは否めないけど、助手席座面を開けると出てくるバケツとか使い易かったもんね。洗車道具などを入れとくのにも便利だったし。 ●なんとのび太とジャイアンぐらい全然違うキャラの振れ幅!  ワゴンRはその後、ダイハツ・ムーヴやホンダ・ライフなどフォロワーを生みつつ快進撃。ところが10年目の2003年にダイハツ・タント、2011年にはホンダN-BOXと、ワゴンR以上の背の高さと広さと両側スライドドアを持つスーパーハイト系が出ちゃったからたまらない。  正直どっちも特別カッコ良くなかったけど、超実用性に徹したところがウケまくって現在軽ベストセラーとして君臨中。ワゴンRを始めとするセミトールワゴンはすっかりセカンドグループに...

  • Official: スズキ、型式認定燃料電池二輪車 「バーグマン フューエルセル」が、ナンバープレートを取得し公道走行を開始
    2017年03月21日 23時00分

    スズキは、車両型式等認定を受けた燃料電池二輪車「バーグマン フューエルセル」でナンバープレート(車両番号票)を取得し、公道走行を開始させる。 昨年2月に国土交通省が公布・施行した道路運送車両法の燃料電池二輪車に関する保安基準に基づき「バーグマン フューエルセル」の車両型式を申請し、同年8月に型式認定を受け、本年3月に18台の「バーグマン フューエルセル」のナンバープレートを取得、公道走行を開始し、燃料電池二輪車の市場性の確認を行う。水素の充填は、静岡県と福岡県等に設置された水素ステーションを活用。 スズキは、2006年より環境に配慮した燃料電池二輪車の開発に取り組み、軽量・シンプルな空冷式燃料電池を搭載した燃料電池スクーターで技術を蓄積してきた。 バーグマン フューエルセルは、街乗りに適したスクーター「バーグマン200」をベースに、軽量・コンパクトな空冷式燃料電池を搭載。水素タンクをフレーム内にレイアウトし、スクーターと同様のスタイルを特長としている。 モーターを駆動させる主電力に燃料電池を使用し、加速時のアシストと、モーターからの回生電力を回収して燃費を向上させるために、リチウムイオン二次電池を搭載するハイブリッドシステムを採用。燃料タンクは700気圧 圧縮水素で、モーターはリヤホイールに内蔵した高出力インホイールモーターを採用した。航続距離は時速60kmの定地走行で、120kmの航続距離(スズキ社内テスト値)を実現した。 ...

  • Official: SUZUKI、GSX‐Sシリーズの 新型モデル「GSX‐S750 ABS」を発売
    2017年03月18日 11時00分

    スズキ株式会社は、ストリートスポーツバイクのGSX‐Sシリーズに、750ccの新型モデル「GSX‐S750 ABS」を追加し、3月30日より発売する。 「GSX‐S750 ABS」は、2016年10月にドイツ・インターモトで発表したモデルで、低く構えたアグ レッシブなスタイリングや、スーパースポーツバイク「GSX‐R750」(海外向けモデル)ゆずりのスムーズな スロットルレスポンスと爽快な走りを特長とする。...

  • First Drive: 【海外試乗記】スズキ新型「GSX-R1000」ライダーに冷や汗を掻かせかねない挙動が、見事に排除されている:和歌山利宏
    2017年03月04日 16時00分

     「リッタークラストップの栄冠を取り戻す」というコンセプトのもとに、新型としては8年ぶりにフルモデルチェンジを果たたSUZUKIのフラッグシップモデル「GSX-R1000」そして「GSX-R1000R」。2015年のミラノショーでそのシルエットが明かされ、昨年2016年のインターモト(ドイツ・ケルンショー)にてベールがはがされた。2001年に初期型が登場して以来、この「GSX-R1000」は6代目となる。  この新型「GSX-R1000」の国際試乗会が、国内より一足先にオーストラリアのフィリップアイランドサーキットで行われた。  GSX-R1000は、ご存じの通り、スーパースポーツと呼ばれるカテゴリーに属するモデルだ。スーパースポーツとはスポーツ面が超越しているという意味で、そもそもは和製英語であったとされ、欧米ではスーパーバイクのほうが通りがいいかもしれない。スーパーバイクワールド選手権という市販車ベースのレースカテゴリーがあり、GSX-R1000はこれに参戦していたマシンでもあるからだ(2017年は未参戦)。  2輪レースには、最高峰に位置付けられるMotoGPがある。4輪のF1に相当するクラスだ。ただ、F1カーが公道を走るクルマとは別物と言っていいほど特化していることからすると、バイクの場合は、MotoGPマシンも市販のスーパースポーツも別次元の乗り物ではない。もっとも、1000ccの排気量は同じでも、最高出力はこの「GSX-R1000」がクラス最強の202psであるのに対し、MotoGPマシンは200数十ps。車重は燃料なしの装備重量で比較すると、190kg少々のGSX-R1000(ただし保安部品付き)よりも、MotoGPマシンはほぼ40kg軽量である。  この違いが、マシンを限界で走らせるライダーにとって甚大なことは確かながら、車体ディメンジョンや前後サスペンションのストローク、タイヤサイズなど車体諸元がさほど違うわけではない。前後に2つの車輪しかなく、そのままでは倒れてしまう宿命を持ち、リーンさせて走るものである以上、近い形態にならざるを得ないのだ。しかも、この「GSX-R1000」がそうであるように、サーキットを速く走ることが第一義なのも一緒だ。  つまり、誰もが入手可能な市販スーパースポーツは、最高峰のレーシ...

  • First Drive: 【試乗記】スズキ SWIFT、良い意味でヤンチャ魂が失われていないのが嬉しい:木下隆之
    2017年02月24日 16時00分

     フロントノーズが攻撃的な造形になり、ボンネットが伸ばされたような気がする。それは錯覚なのかもしれないけれど、新型スイフトはやや伸びやかな印象を受ける。  だが、全長は10mm短くなっているという。だがそうは感じさせない。  とはいえ、大地を踏ん張るようにタイヤが四隅の配置され、スクエアなシルエットを残す新型スイフトは、伸びやかな印象を強めながらも、やはりどこからどう眺めてもスイフトそのものだった。  その魂も、スイフトそのままである。僕ら走り派から絶大な支持を受けてきた「スイフトスポーツ」はまだラインナップされておらず、今後の誕生を待つ必要がありそうだが、標準モデルでさえ、スイフトらしいテイストに溢れていたことにはホッとさせられた。 <直列4気筒1.2リッター / 直列3気筒1リッターターボ>  搭載されるエンジンは、基本的に二種類だ。直列4気筒1.2リッターと直列3気筒1リッターターボである。1.2リッターエンジンからはマイルドハイブリッドも選べる。  組み合わされるミッションは三種類。CVTを基本に、5速MTと6速ATがラインナップする。組み合わせはちょっと複雑だが、走りを意識したグレードは多段のようである。  そんな中、僕が最も気になって走りこんだのは1リッターターボエンジンを搭載した「RSt」である。「RS=欧州テイスト」と広報資料にもはっきりと明記されているように、高剛性ボディと締め上げられた足が奢られていることは明白で、確かにその通りの味付けになっている。  そもそもスイフトは、欧州テイストの走り味が自慢のモデルだった。地域別販売の55%をインドで稼ぐ特異なモデルではあるが、それはスズキがインドの国民車として認知されているという事情がある。だがインドの次に人気なのが欧州。日本は三番目。スイフトは欧州で徹底して鍛え上げられた「逆輸入モデル」と言った性格でもあるのだ。だから走りは期待していい。  新型の技術的な目玉は、「HEARTECT(ハーテクト)」と呼ばれる新開発のプラットフォームと、軽量ボディにある。最大の特徴は、驚くほどの軽量化にある。構造材やレイアウトを見直したことで、応力の分散や集積が理想的になった。これに過剰な部材を省略することで高い剛性を確保するこ...

  • Official: トヨタとスズキ、業務提携に向けた覚書を締結
    2017年02月06日 17時00分

    トヨタ自動車とスズキは6日、「社会課題の解決」および「自動車社会の健全で持続的な発展」に両社で貢献していくことを念頭に、業務提携に向けた検討を開始する覚書を締結したと発表した。...

読み込み中

Loading