Subaru brz News - Autoblog 日本版

subaru brz

  • Official: 米国トヨタ、「86」の特別仕様車「860 スペシャル・エディション」を発表
    2017年03月16日 10時00分

    米国仕様のトヨタ「86」には快適装備が不足していた。双子に近い兄弟車、スバル「BRZ」には用意されているシートヒーターやオートエアコンなどを装備するグレードがなかったのだ。だが、今回発表された「860 スペシャル・エディション」でこれらの問題が解決された。様々な装備が追加される上、素敵なレーシング・ストライブまで入る。その分、価格は高くなるが、86の魅力が引き上げられること請け合いだ。 ...

  • Featured: 【東京オートサロン2017】スバル、「WRX S4 STI Sport」と「BRZ STI Sport」を参考出品
    2017年01月22日 18時30分

    1月13日から15日まで千葉県の幕張メッセで開催された東京オートサロンで、富士重工業とそのモータースポーツ統括会社であるスバルテクニカインターナショナル(STI)は、「STI Sport」の名前を持つ2台のコンセプト・モデルを参考出品した。 STI Sportとは、スバル現行市販車をベースに、STIが開発に関わることで"走りの質感"を引き上げたモデル。これまでSTIでは、スバル車に独自のチューニングを施した車両をコンプリートカーとして限定販売してきたが、STI Sportはそれらとは異なり、あくまでもスバルのカタログ・モデルとして、通常のラインアップにおける「最上級グレード」という位置づけとなる。価格も含め、「より多くの人がSTIの走りを楽しめる」ように企画されたという。その第1弾として昨年7月に発売された「レヴォーグ STI Sport」は、レヴォーグの販売内で約4割を占める人気グレードになっているそうだ。今回の東京オートサロンでは、おそらく第2弾、第3弾となるはずの「BRZ STI Sport」と「WRX S4 STI Sport」が、コンセプト・モデルという形で展示された。 WRX S4 STI Sportは、先に発売されたレヴォーグ STI Sportのセダン版ということで、サスペンションにビルシュタイン製ダンパーやSTI製コイルスプリングを組み込み、専用18インチ・ホイールと245/40R18サイズのタイヤが組み合わされている。 エクステリアは新たにデザインされたSTI製のアンダースポイラーやスカートリップ、さらにはドライカーボン製のトランクスポイラーまで装着されていたが、STIの方から聞いた話によると、今回はコンセプト・モデルということなので「やりたいことは全部やっている」そうで、これらが全て市販モデルに採用されるとは限らないとのこと。内装はレヴォーグ STI Sportとよく似たボルドー色のレザー張りシートに加え、ステアリング・ホイールにも同色のレザーが用いられていた。ダッシュボードにはカーボンファイバーの加飾パネルが貼られている。...

  • Featured: 【東京オートサロン2017】タカラトミーがオートサロン限定トミカを発売!!
    2017年01月14日 12時00分

    タカラトミーは毎年恒例の東京オートサロン限定の開催記念トミカを会場で展示・販売した。 今回も会場では一人一回3台までの購入となっていたが、終日長蛇の列をなしてその人気ぶりが感じられた。数量については公開されていないが、商品がなくなり次第終了となっている。 東京オートサロン2017の台数限定販売モデルとしては、3台が用意された。 こちらは東京オートサロン2017 スバル BRZ(消費税込み700円)だ。専用のカラーリングとロゴが入っている。...

  • Official: スバル、「BRZ」と「WRX S4」の「STI Sport CONCEPT」を東京オートサロン 2017に出展!!
    2017年01月02日 09時00分

    スバルは、同社のモータースポーツ統括会社であるスバルテクニカインターナショナル(以下略称:STI)と共同で、2017年1月13日~15日に幕張メッセで開催される「東京オートサロン 2017」に「BRZ」と「WRX S4」の「STI Sport CONCEPT」等を出展すると発表した。...

  • First Drive: 【試乗記】スバル BRZ、新生BRZの運転は面白い:山田弘樹
    2016年09月28日 17時00分

    登場からはや4年。初めてのマイナーチェンジを受けたBRZに乗って、ウソ偽りなく楽しいと思った。なんて気持ち良いクルマになったんだ! って。 そこにはもちろん、これまで2回に渡って行われた小変更(1回目はダンパー&スプリングの変更。2回目はリアセクションの剛性アップ、電動パワステの設定変更)が素地となっているのもわかっている。しかし今度のBRZは、何か吹っ切れた明るさがあるのだ。 BRZはご存じSUBARU唯一の後輪駆動車。提携関係にあるトヨタが発案し、水平対向エンジンを持つSUBARUに生産を委託した「TOYOTA 86の姉妹車」だ。そしてそんな「青天の霹靂」のようなスタートだっただけに、当初は自社でもこれを発売することに、迷いというか、ある種の"ぎこちなさ"があった。それが挙動にまで現れていた、とボクは勝手に感じている。 具体的にいうとそれは、旋回特性の違いに現れていた。 2012年登場時のBRZは、あくまで86との相対比だが、スタビリティ志向だった。そこにはまるで、安易なオーバーステア、つまりドリフトを否定するかのようなリアセクションの味付けがなされていた。これは主に、ダンパーの油圧特性とリア・サブフレームブッシュの高度の違いで実現されていたように思う。 対してトヨタ86はそのリア・サスペンション剛性が乏しく、フニョフニョで頼りなかった。ただその限界の低さが、街中では乗り心地の快適さや軽快感に、サーキットではドリフトしやすさにつながったのだけれど。 それがどうだ! 今回のBRZ(試乗したのは17インチを履いた「S」)は、まったくキャラ変わりしている。FRの楽しさに、目覚めちゃったかのような動きをするのである。 そのカギを握るのはボディ剛性の向上だ。 エンジンコンパートメントにはV型タワーバーブラケット、リアホイルアーチ内部にはリアエプロンアウタと呼ばれる補強部材を取り付け、リアピラーのスポットも増やして剛性アップを図った。 これによって乗り心地の快適性を損なわずスプリングとスタビライザーのレートが引き上げられ、かつかつそのロールスピードコントロールには、新開発のショックアブソーバーが与えられた。 また6MTモデルに限った話なのは残念だったが、エンジンにもひと手間加えられているのも嬉しかった。出力...

  • Video: 【ビデオ】トヨタ「86」にフェラーリのV8エンジンを移植!
    2016年08月01日 10時00分

    プロドリフター、ライアン・トゥレックの最新プロジェクトは、トヨタ「86」にフェラーリ「458」のF136型V8エンジンを移植するという前代未聞のクレイジーなプロジェクトだ。これが完成すれば驚異的な1台になることは間違いないが、大きなイタリア製エンジンをコンパクトな日本車に搭載するのは一筋縄ではいかないようだ。...

  • Official: 貼るだけで直進安定性UP!? レースのノウハウが活かされたトヨタ「86」用チューニングパーツが」TRDから登場!!
    2016年07月15日 11時00分

    TRD(ティー・アール・ディー)ブランドでモータースポーツ活動及びカスタマイズパーツ展開を行うトヨタテクノクラフトは、トヨタ「86」のマイナーチェンジに伴い、TRDパーツを2016年7月5日から発売した。 エアロパーツは、車両の変更部位に合わせ、フロント、サイド、リヤバンパーなどを一新。車両の特徴的な意匠を活かしながら、さらに迫力持たせたデザインが施されている。 画像のフロントスポイラー(8万円:塗装済)には、イグニッションON連動で点灯するホワイトLEDが装着されているが、装着なし(4万6,000円:塗装済)のモデルも用意されている。 もちろんTRDならではの、レース活動で培ったノウハウが盛り込まれており、見た目だけではなく、車両全体の空力バランスも考慮し、細部に至るまで入念なチューニングがなされている。 例えば、リアバンパースポイラー(5万4,000円:塗装済)も、ロアピースをディフューザー形状にすることで直進安定性を高める効果のあるデザインが採用されており、走りを重視する読者にピッタリだ。 ...

  • Official: 操作パーツやフェンダーイルミも新登場!! トヨタ「86」用カスタマイズパーツがモデリスタから発売!!
    2016年07月10日 16時00分

    トヨタモデリスタインターナショナルは、トヨタ「86」のマイナーチェンジに伴い、 「Stylish Gear」をコンセプトに、スポーツマインドを刺激する躍動感と洗練された品格を表現したカスタマイズアイテムをラインナップし、7月5日より発売開始した。 画像は、洗練されたダイナミックなスタイルを演出する「モデリスタ エアロキット」を装着したモデルだ。このエアロキットには、フロントスポイラー(6万1,560円)、サイドスカート(4万3,200円)、リヤスパッツ(3万4,560円)が含まれている(すべて塗装済)。 リア周りでは、トランクスポイラー(5万9,400円:塗装済)、マフラーカッター(2万7,000円)なども用意されている。 トランクスポイラーは、リアフェンダーからつながる稜線をデザインに盛り込み、ボディとの一体感がありながら、存在感のあるパーツに仕上げられている。また、センター部が一段落とされている造形により、よりキレのある躍動感がうまく演出されている(GT Limitedは、標準装着のリアスポイラーを外して装着可能)。 ...

  • Official: スバル、イエローが特徴的な「BRZ」の限定モデルを米国で発表
    2016年06月14日 19時00分

    スバルはマイナーチェンジが施された「BRZ」に、特別なボディ・カラーとインテリアを持つスペシャル・エディションを米国で発表した。「Series.Yellow」(シリーズ・イエロー)と名付けられたこの特別仕様車は500台限定で2017年に発売となる。...

  • Official: スバル、米国で「BRZ」のマイナーチェンジを発表 オプションでパフォーマンス・パッケージも登場
    2016年05月31日 10時00分

    このところ耳にする"トヨバル"の後輪駆動のスポーツ・クーペに関する話題といえば、もっぱらトヨタ側からのものが多い。北米市場のサイオン「FR-S」が、2017年型へのアップデートのタイミングでトヨタ「86」と車名変更されたニュースもその1つだ。しかし今回は、スバル「BRZ」にも同じようなアップデートが施されるという情報をお伝えしたい。車名は変わらないのでご安心を。...

読み込み中

Loading