Ruf News - Autoblog 日本版

ruf

  • Geneva: ルーフから「イエローバード」の30周年を記念して新型「CTR」が登場!
    2017年03月14日 10時00分

    これまでポルシェをベースに大規模な改造を施した数々の高性能モデルを世に送り出してきたドイツのルーフ社。例えば2007年に発表した「CTR3」では、ポルシェのフロント・シャシーに特製のリア・サブフレーム組み合わせてミドエンジンを実現した。だが、今年のジュネーブ・モーターショーでは新たな領域に挑戦している。写真の新型「CTR」には、ポルシェのシャシーが使用されていないのだ。...

  • オールドナウ・カーフェスティバルで見掛けた、フェラーリ、ポルシェ、ロータス!
    2013年05月09日 18時00分

    5月5日のこどもの日に、茨城県の筑波サーキットで毎年恒例のイベント「コカ・コーラ オールドナウ・カーフェスティバル」が開催された。今回はまず、会場に集まったフェラーリ、ポルシェ、ロータスの中からいくつか印象深いクルマをご紹介しよう。...

  • 【ビデオ】ルーフを一躍有名にした伝説の名車「イエローバード」とその後継「CTR3」に試乗!
    2012年06月17日 18時00分

    ポルシェのチューニングやレストアを手掛け、ハイパフォーマンスなコンプリートカーを生み出すことで知られるドイツのルーフ社。今回『カーアンドドライバー』誌のジェスロ・ボービントン氏が同社を訪れ、伝説の名車1987型「CTR」と、その後継車「CTR3」に試乗した。...

  • 「フェラーリ458GTC」がついにデビュー!
    2011年03月22日 13時40分

    リシ・コンペティツォーネのフェラーリ458GTCの高解像度ギャラリーは下の画像をクリック F1と違い、ルマンGT1クラスではぱっとしないフェラーリのマシンだが、同レースのGT2クラスとなると比較的好調だ。これはフェラーリを使用するリシ・コンペティツォーネのおかげと言ってもいいだろう。 リシ・コンペティツォーネはヒューストンを拠点とするレーシングチーム。ここ数年フェラーリ「F430GT2」を使用し、ALMS(アメリカン・ルマン・シリーズ)とルマン24時間レースで数多くの勝利を上げている。そのリシ・コンペティツォーネが今シーズンから、「F430GT2」の後継車に「458イタリア」をベースとしたレース専用車「458GTC」を使用することになった。...

  • 【ジュネーブモーターショー】最高速は370キロ! ルーフの最新モデル「Rt12R」
    2011年03月07日 13時40分

    ルーフ「Rt 12 R」の高解像度ギャラリーは下の画像をクリック ルーフ社は、ポルシェをベースにして怪物のようなマシンを作ることで有名なドイツのチューナーだ。彼らの手にかかれば、ポルシェは公道を走るロケットと化してしまう。そんな同社の最新モデル「Rt 12 R」が、2011年のジュネーブモーターショーにお目見えした。...

  • ルーフが911タルガにインスパイアされた新車種を発表
    2010年10月22日 23時41分

    911を購入されるご予定はありますか? ポルシェはGT2やGT3RS、ターボやカレラなど数多くの911をラインナップしている上、スポーツクラシックやスピードスターなど特別なモデルも用意されているので、選ぶのに迷ってしまいますよね。 しかし、それでもまだ満足できない人のため、ルーフは新たな選択肢を出してきました。 1967年式911タルガからインスピレーションを受けたこのクルマを、ルーフはロードスターと名づけました。 ルーフ・ロードスターはツルシの状態でロールケージを持ち、クーペと同等のボディ剛性とオープンエアでのドライビング・プレジャーを両立しています。 ルーフパネルとリアウィンドウが別々で取り外せるため、ロードスターはルーフ・オープンでリア・クローズド、リア・オープンでルーフ・クローズド、あるいは完全にオープンか完全にクローズドの状態で運転が可能。 さらにルーフはスプリットなので、運転席のみオープンで助手席はクローズドと言った状態も可能なんだとか。  エンジンは400馬力仕様のNAか560馬力仕様のターボから選ぶことが可能で、価格は2,500万円からのスタートとなります。  ...

読み込み中

Loading