Roadster News - Autoblog 日本版

roadster

  • Featured: 「メディア対抗ロードスター4時間耐久レース」に参戦するAutoblog号の姿を公開! 観戦チケットもプレゼント
    2015年08月30日 07時30分

    来たる9月5日に茨城県の筑波サーキットで開催される「メディア対抗ロードスター4時間耐久レース」に向けて、今年初参戦する我らがAutoblog Japanチームも、競技車両のND型「マツダ ロードスター」にカラーリングを施した。 クルマの走る楽しさを伝えるべく、普段は取材する側のメディア自らチームを組み、4時間の耐久レースに挑むこのイベントは、全てのチームが同じ仕様のロードスターで参戦する完全なワンメイク・レースとなっている。ボディ・カラーも基本は全車ホワイトのみ。これをベースに、各チームが自分たちの雑誌、ウェブ媒体のロゴやカラーリングを施し、メディアの個性を主張するマシンを作り上げていく。 とはいえ、マツダからお借りする車両なので、勝手に塗装してしまうわけにはいかない。基本的には、現代のほとんどのレーシングカーで主流となっている専用フィルムによるラッピングでカラーリングを施す手法を採る。急遽参戦が決まったAutoblog Japanでは費用の捻出に頭を悩ませていることもあり、姉妹サイト『Engadget』が先日Macbookのラッピングについて取材させていただいた千葉県の(株)ダイヤサービスが行うカーラッピング・サービス「CarWraps」に「なるべく低予算で」とお願いした。...

  • Video: 【ビデオ】お金を掛けずに改造した中古の初代マツダ「ロードスター」が、ニュルブルクリンクで9分の壁を突破!
    2015年08月29日 11時30分

    格安で購入した中古の初代マツダ「MX-5 ミアータ」(日本名:ユーノス ロードスター)を改造した「RingBanana」号には、とてつもないミッションが課せられている。それは「ニュルブルクリンク北コースで9分を切るラップタイムを記録する」ことだ。ここで我々が強調したいのは、"格安で"という言葉である。RingBananaチームは、まだ動くミアータを出来る限り安く手に入れて、ほとんどお金をかけずに目標タイムを達成したいと考えたのだ。彼らがこのRingbanana号にいくら費用をかけたのかは分からないが、年式も分からずに購入したというのだから、そのこだわりのなさが窺える。分かっていたのは最高出力が90馬力しか出ていないということ(初代ロードスターの最高出力は公称120ps)と、アフターマーケット製品とおぼしき緑色のスプリングとフルダ社製タイヤが装着されているということだけで、"まったくのポンコツ"だったという。...

  • Featured: 今年はAutoblogチームも初参戦! 「メディア対抗ロードスター4時間耐久レース」に20名様をご招待!
    2015年08月23日 20時30分

    今年からマツダの4代目ND型「ロードスター」で競われることになる「メディア対抗ロードスター4時間耐久レース」が、9月5日(土)に茨城県の筑波サーキットで開催される。クルマの走る楽しさを伝えるべく、普段は取材する側のメディア自らチームを組み、4時間の耐久レースに挑むこのイベントに、今年は我らAutoblog Japanチームが初参戦。というわけで、読者の皆様から20名の方を会場にご招待させていただきたい。...

  • Motorsports: 新型マツダ「MX-5 カップ」レースカーの生産1台目が、ラグナ・セカのペースカーに
    2015年08月19日 19時00分

    北米マツダのモータースポーツ部門であるマツダ・モータースポーツは、2016年型「MX-5 カップ」レースカーの1台目となる車両を披露した。これは2016年にマツダが世界各地で開催するワンメイクレース「グローバル MX-5 カップ」シリーズで使用されることになるマシンだが、この最初に製造された車両にはまた別の役割が与えられた。米カリフォルニア州モントレーのマツダ・レースウェイ・ラグナ・セカでペースカーを務めることになったのである。...

  • First Drive: 【試乗記】マツダ「ロードスター 」MT神話からは脱却したほうが人生2倍楽しい:今井優杏
    2015年08月15日 19時00分

    2ペダルのスポーツカーなんて、胸毛のないイタリア人とおんなじくらい味気ないと思っていた。 あ、ごめんなさい、特別に私が胸毛フェチだとかそういうわけではないんですけど(嫌いじゃないけど)、まあそれくらい腑抜けたモノだと思っていたわけです。スポーツカーはMTに限るやろ!と。イタリア男の胸毛はフッサフサのほうがエエに決まってるやろ!と(違)。 しかし、自分が成熟したのかそれとも最近の2ペダルのフィールが向上したのか、最近はすごく思うのだ。 2ペダルスポーツって、アリだよねって。 今やレーシングカーだって2ペダルの時代......なんていうのは有名な話だけれど、レーシングカーなんて一生運転することのない一般ドライバーだってもう、MT神話からは脱却したほうが人生2倍楽しい。たしかにMTは素晴らしい。でも、その固定概念に縛られてちゃもったいない。 それを実感したのはマツダのエース、いよいよ皆さんのもとにも待望のデリバリーを叶えつつあるロードスターだ。 もちろんマツダのことだから、ラインナップにはMTが待機している。そして試乗したかぎりショートストロークであるそれも相当に楽しい。 しかし、敢えて私は推したい。ロードスターの6AT、とてもいいですよ。 全車1.5L 4気筒エンジンを搭載するロードスターは2枚ドアにキャンバストップをもつオープン2シーター。 先述のとおりラインナップにはATとMTが用意された。 ATはロードスター専用設計の6速。ステアリングシフトスイッチ(いわゆるパドルシフト)と、シフトレバーの手前にドライブセレクションを備えている。 パドルシフトは右手側がプラス、左手側がマイナスになっていて、Dレンジで走行中でもどちらかのスイッチを手前に引けばMTモードに切り替わる。 ドライブセレクションでは、スポーツモードを選択すると自動的に低いギアを設定し、名の通りスポーティーで低段ギアならではのトルクある走行を叶えてくれるから、2ペダルとてただのオートマと侮るなかれ、なのだ。 けっこうな勾配のワインディングを駆け上がるときだって、逆に駆け下りるときだって、このパドルシフトを上手に操作すれば気分はマカオグランプリ。 とくにシフトダウンのときは自動的に「ヴォン!」とブリッピングが行われ、クルマ側が回転数...

  • Video: 【ビデオ】お金を掛けずにニュルブルクリンクで9分切りを目指す初代マツダ「ロードスター」
    2015年08月15日 11時30分

    比較的手ごろな価格で実力も信頼性もあり、どんな技術レベルの人にとっても扱いやすいマツダ「MX-5 ミアータ」(日本名:ロードスター)は、モータースポーツのプラットフォームとして世界的に大人気だ。しかし、このロードスターは決してロケットのように速いわけではない。使い古された初代ミアータ(日本名ユーノス ロードスター)が、ニュルブルクリンク北コースのラップタイムで9分を切るためにはどうすればいいだろうか? その答えを実際に探ろうとしているのが、「RingBanana」というチームである。...

  • Report: 【レポート】マツダ、4代目「ロードスター」にターボ搭載モデルの可能性を示唆
    2015年08月10日 07時30分

    第4世代の新型マツダ「MX-5ミアータ」(日本名:ロードスター)は、たくさんの素晴らしい点がある一方で、先代よりも最高出力がダウンしたことについて揶揄されながらのデビューとなった。NC型と呼ばれる3代目の最高出力が167hpだったのに対し、ND型の新モデルは155hp(北米仕様の2.0リッター車)だ。しかし、オーストラリアから入った情報によれば、マツダはND型にハイパワー・バージョンを検討する可能性を示唆しているという。...

  • Report: マツダが、納車直後に事故に遭ってしまった新型「MX-5 ミアータ」のオーナーに粋な対応
    2015年07月28日 07時30分

    7月初め、ついに新型「MX-5 ミアータ(日本名:ロードスター)」の第一便が米国に到着した。1,000台限定の初回モデル「MX-5 ローンチ・エディション」を手に入れた人たちは歓喜の声をあげたことだろう。しかし、そのクルマがディーラーを出て1マイル(約1.6km)も走らないうちにクラッシュしてしまったとしたら? そんな悲劇に見舞われた夫婦に、北米マツダが粋な計らいをした。...

  • Official: 【ビデオ】新型マツダ「MX-5 ミアータ」第一便がついに米国上陸
    2015年07月04日 17時00分

    日本では5月21日に発売された新型「マツダ ロードスター」だが、米国にはその"2.0リッター左ハンドル仕様車"が到着するのを待ち焦がれている多くのファンがいる。そんな人たちに朗報だ。ついに2016年型「MX-5 ミアータ」が、アメリカ大陸に上陸した。...

  • Official: マツダ、「Be a driver. Experience at Roppongi」を開催
    2015年07月02日 18時30分

    マツダ株式会社(以下、マツダ)は、7月18日(土)から8月23日(日)に開催される「六本木ヒルズ 夏祭り SUMMER STATION」にて、「Be a driver. Experience at Roppongi」を開催する。 *画像は展示イメージ図...

読み込み中

Loading