Roadster News - Autoblog 日本版

roadster

  • Official: マツダ、​2015年参加型モータースポーツイベント等の協賛について
    2015年02月25日 17時00分

    マツダ株式会社は、マツダ車のユーザーにより一層「走る歓び」を体感できる、ドライビングレッスンや参加型モータースポーツイベントなど2015年の計画を発表。 2015年は、新たに女性のモータースポーツへの参加促進をサポートする為に、FIA(国際自動車連盟)とJAF(日本自動車連盟)が提唱する「WOMEN IN MOTORSPORT(ウィメン・イン・モータースポーツ)」の活動協賛を開始。 その他のイベントは「Be a driver.マツダ・ドライビング・アカデミー」「マツダファン・サーキットトライアル(MFCT)」「マツダファン・エンデュランス(マツ耐)」「ロードスター・パーティレースII」などがある。...

  • Chicago: 【シカゴオートショー2015】マツダ、新型「ロードスター」のドレスアップ車を公開!
    2015年02月16日 06時30分

    マツダが1989年のシカゴ・オートショーで初代「MX-5 ミアータ(日本名:ロードスター)」を発表してから26年。12日に開幕した今年のシカゴ・オートショーでは、発売を数ヶ月後に控えた4代目新型MX-5に、ロードスター・ファンの心をくすぐる数々のアクセサリーやオプションを装着した参考出品車「MX-5 ミアータ アクセサリーズ デザイン コンセプト」をお披露目した。...

  • Official: マツダ、3月20日から新型『マツダ ロードスター』の先行商談の予約を開始
    2015年02月06日 06時30分

    マツダ株式会社は、今年6月頃に発売予定の新型「マツダ ロードスター」について、通常の販売店店頭での予約開始に先駆け、3月20日(金)正午〜3月30日(月)正午まで新型「マツダ ロードスター」プレサイトにて販売店での先行商談の予約受付を開始。...

  • Report: 【レポート】マツダ、新型「ロードスター」にハイパワー・バージョンを検討中
    2015年02月05日 06時30分

    マツダの新型「MX-5」(日本名:「ロードスター」)には、最高出力129hpの1.5リッター(日本仕様は131ps)と、155hpの2.0リッター(北米仕様)という2種類の自然吸気直列4気筒エンジンが用意される予定だ。どちらもスポーツカーとしては小さい方だが、これまでのロードスターらしさをしっかりと引き継いでいる。しかし、だからと言って、ハイパワー・バージョンの投入が検討されていないわけではないようだ。...

  • Official: なんと! カラーが481パターン!! 光岡「ヒミコ」2015年モデルを発売開始!!
    2015年02月01日 17時00分

    光岡自動車は、1月30日より、「ヒミコ」2015年モデルの発売を開始した。 2015年モデルでは、外装標準色が新たに31色追加となり、全36色から選べるようになっている。また、ブラックルーフ塗装(ハードトップ&ドアミラー部)が新設定された。 加えて、オプションで新色3色を加えた全6色のツートンラッピングが用意され、外装色だけで481パターンの仕様から選択が出来るようになったとのことだ。 ヒミコは、現行のマツダ「ロードスター」をベースとして、2008年12月から、職人たちの手づくりで製造されている車両だ。 ロングノーズ、ショートデッキという現代のクルマとは明らかに違った美しいスタイリングは、時を越えた美しさを放っていると言えよう。...

  • First Drive: 【試乗記】マツダ新型『ROADSTER』プロトタイプに緊急試乗:斉藤聡
    2015年01月31日 02時00分

    1989年はスポーツカー豊作の年で、ロードスターのほかにGT-RやZ32型のフェアレディZ、S13型シルビア、2代目MR2、5代目セリカ、NSX(発表)などが発売されたのだった。 スポーツカーといえばハイパワーといった風潮が強かったし、当時、最高出力が280馬力に規制されていたこともあって、各メーカーこぞって280馬力を目指してエンジン開発が行われていた。そんな中にあって1600ccで120馬力のエンジンを搭載したロードスターは異質だった。 世界的にもライトウエイト・スポーツは終わった...つまり需要はない、と考えられていた。だから、いまさらロータスエランを彷彿とさせるコンパクトなFR・オープン2シーター・ライトウエイト・スポーツなど作っても、だれも売れるなどとは考えていなかった。当のマツダさえ売れるとは思ってもおらず、でも欲しいから作っちゃうもんね(と言ったかどうかは知らないが)とばかり企画し作ってしまったのだった。 もっとも何の脈絡もなかったわけではなく、マツダのアイデンティティでもあるロータリーエンジンを搭載したスポーツカーRX-7がFC3S型からのFD3S型RX-7(92年発売)に代わろうという時期で、RX-7を本格的スポーツカーに進化させるのなら、エントリースポーツカーとなるクルマが必要だという考えはあったはずで、このあたりがロードスターの開発を説得するための、かすかな理由づけであったかもしれない。 ともかくロードスターは大ヒットとなり、89年9月に発売されその年だけで9307台を販売。翌年には世界で9万3000台を超える販売を記録した。 その後ロードスターは25年にわたって販売され、その間2度のフルモデルチェンジを行っている。一つのモデルが約8年と異例に長く売られている。そしていよいよ4代目となるロードスターが発売されることになった。そんな新型ロードスターに、ひと足先に試乗する機会を得たので、報告してみたいと思う。...

  • Featured: 【東京オートサロン2015】マツダ、新型「ロードスター」と「CX-3」を公開!
    2015年01月09日 15時40分

    幕張メッセで11日まで開催中の東京オートサロン 2015 with NAPACで、マツダは4代目「ロードスター」と新型コンパクトSUV「CX-3」を公開した。...

  • Report: フィアットが「124 スパイダー」の商標登録を米国で出願 新型マツダ ロードスターの兄弟車か!?
    2014年12月26日 06時30分

    フィアットは12月18日、米国特許商標庁に「Fiat 124(フィアット 124)」と「Fiat 124 Spider(フィアット 124 スパイダー)」という、2つの商標登録を出願していたことが明らかになった。カナダの自動車メディア『AutoGuide』は、これらの名称が新型マツダ「MX-5 ミアータ」 (日本名:ロードスター)のフィアット版に付けられると予測している。...

  • Official: マツダ、新型『マツダ CX-3』、新型『マツダ ロードスター』を東京オートサロン 2015で参考出品!!
    2014年12月21日 17時30分

    マツダは、2015年1月9日~11日に幕張メッセで開催される「東京オートサロン 2015 with NAPAC」に、日本では初公開となる新型コンパクトクロスオーバーSUV「CX-3」を出展する。 また、早くもカスタマイズされたMAZDA CX-3 Racing コンセプト2015(画像の車両)も参考出展される予定となっている。 もちろん新型「マツダ ロードスター」のワールドプレミアムモデルも参考出展される。 さらに、写真の2016年より世界の複数の地域で開催を予定している「Global MX-5 Cup」レース用の車両(画像の車両)も出展される予定だ。...

  • Report: 新型マツダ ロードスターの兄弟車は、アルファ ロメオではなくフィアット-アバルトから登場
    2014年12月20日 20時30分

    英国の自動車雑誌『CAR』が伝えるところによると、アルファ ロメオとマセラティの2ブランドでトップを務めるハラルド・ウェスター氏は、次期型「アルファ ロメオ スパイダー」がマツダの新型「ロードスター」とプラットフォームを共有するという過去に報道された計画を破棄し、自社開発になることを認めたという。 『CAR』2015年1月号に掲載されるというインタビューで、ウェスター氏はアルファ ロメオの次期型スパイダーは最終的にマツダとの協業によるものではなく、コードネーム「ジョルジオ」と呼ばれるフィアット・クライスラー自社開発の後輪駆動車用プラットフォームを採用することになると語ったという。これは「159」の後継として「ジュリア」という名前で登場すると噂されている新型4ドア・セダンなどにも使われる予定のアーキテクチャだ。 2012年5月に、マツダとフィアット・グループが発表した 「FRアーキテクチャを使用したオープン2シーター・スポーツカーの開発・生産に関する協業プログラム」は、まず新型マツダ ロードスターとして今年9月に登場、来年にはそのシャシーにイタリア製デザインのボディとエンジンを載せた新型アルファ ロメオ スパイダーが発表になると期待されていた。そしてその"イタリア車"は、日本でマツダが生産も担当する予定になっていた。 しかしその後、 フィアット・クライスラー・オートモービルズのセルジオ・マルキオンネCEOは、アルファ ロメオをよりプレミアムなブランドとして展開したいと考えているとの報道が何度もあり、マツダの大衆向け小型スポーツカーをベースにした新型モデルについてはその先行きが危ぶまれていた。...

読み込み中

Loading