Phv News - Autoblog 日本版

phv

  • Official: モーター駆動が当たり前の時代へ!? トヨタ「プリウスPHV」が月販販売目標の約5倍を1ヶ月で受注!!
    2017年03月19日 06時00分

    トヨタは、新型「プリウスPHV」の受注台数が、2月15日の発売からおよそ1カ月にあたる3月16日時点で、月間販売目標2500台の約5倍となる約12,500台と、好調な立ち上がりとなっていることを発表した。 当初発売予定となっていた2016年秋から販売延期となっていた影響もあるかもしれないが、先代モデルが国内で累計約2万台程度の販売台数だったことを考えると絶好調といっても良いだろう。 主な好評点としては、アクセルを踏み込んでも電気のみで走る高いEV走行性能、4灯式LEDヘッドランプ・大型フロントアクリルグリルやダブルバブルウィンドウなど、プリウスPHV独自の先進的デザインとのことだ。 先代モデルは価格差があった割には、ベースのプリウスと見た目やPHV以外の装備に大きな違いがなかったが、今回のモデルでは大きく違うエクステリアと縦型の大型ディスプレーが装着されたグレードを設定するなど違いが明確でオーナーの心をクスグル仕様になっている点もあるだろう。 正直、プリウスの販売台数(販売目標台数12,000台)と比較するとまだまだ少ない台数だが、ハイブリッドと言えばプリウスという時代から、ハイブリッドは当たり前という時代になってきた中で、今後は、プリウスPHVこそが、プリウスを選ぶ理由になってくるだろう。...

  • Official: よりエモーショナルに、先進的に!! 「プリウスPHV」用カスタマイズパーツがモデリスタから登場!!
    2017年02月20日 05時00分

    トヨタモデリスタインターナショナルは、トヨタ「プリウスPHV」用のカスタマイズパーツを2月15日より販売開始した。 製品の開発コンセプトは、「EMOTIONAL ADVANCED STYLE」。プリウスPHVの先進的なイメージをさらに高め、スポーツカーと見紛うような情感あるスタイリングを創出するカスタマイズアイテムとしてPHV専用のエアロパーツを中心にラインナップされている。 エクステリアアイテムとしては、先進的でキレの良いスポーティなスタイリングを実現するフロントスポイラー、サイドスカート、リヤスカートの3点で構成される「MODELLISTAエアロキット」が登場。もちろん、単品でもセレクトできる。 また、ポイント装飾として定番のメッキの輝きにより上質さとプレミアム感を高めるガーニッシュセットの「クールシャインキット」、プリウスPHVの特徴的な切れ長のヘッドライトをより強調する「ヘッドライトガーニッシュ」も設定された。 足元のドレスアップとしては、エアロフィンを配したデザインとホイールナット部をカバーする大型センターキャップが特徴のアルミ&タイヤホイールセット「WingDancerⅦ」等がラインナップ。15~18インチまで幅広いニーズに応えてくれる。...

  • Featured: 5つの面で大幅に進化したトヨタの新型「プリウスPHV」
    2017年02月19日 09時00分

    トヨタが15日に発表した新型「プリウスPHV」。大容量のバッテリーとその充電用プラグだけでなく通常の「プリウス」とは異なるドライブユニットを搭載したこのプラグイン・ハイブリッドカー(PHV)を、同社の内山田竹志会長は次世代のエコカーに対する「トヨタの答え」だという。 ここで留意したいのは、"次世代の"ということ。PHVが究極的なエコカーだと言っているわけではない。もっと先の将来を見据えれば、やはりトヨタは水素社会の実現に向けて取り組み、それが達成した暁には、水素燃料電池車が有望だと考えている。ただし、現状を見れば水素の供給インフラや製造コストの点から燃料電池車の普及にはまだまだ時間が掛かることは明白。一方の電気自動車はというと、航続距離や充電施設の面で、現時点では利便性が少なくともガソリンエンジン車より劣る。というわけで、日常的な用途は電気のみで走り一切の排ガスを出さず、遠出する際にはガソリン・スタンドで給油すればハイブリッド車として走り続けることができる、PHVが次世代エコカーの「大本命」であるとトヨタは言うのだ。 しかし、それだけの利点があるにも拘わらず、先代のプリウスPHVは5年間で2万3,000台しか売れなかった。そこでトヨタは、顧客に受け入れられなかった理由を考え、新型プリウスPHVの開発に反映させたという。これによって新型は先代から「5つ面で別次元の進化を遂げた」と主査の金子將一氏は言う。 まず1つ目は、電気のみによる走行性能が大幅に向上したこと。駆動に使うリチウムイオン・バッテリーの容量を従来の2倍以上に増やすことで、電気モーターのみによる走行可能距離が26.4kmから68.2kmに大幅に拡大した。これなら日常的な通勤や買い物、送迎はほとんどエンジンを使わずに(石油を燃やさずに)済む。 さらに駆動力も増大した。新型プリウスPHVは、通常の「プリウス」と同じ最高出力72ps/最大トルク16.6kgmの電気モーターに加え、これまで発電にのみ使用していたジェネレーターも駆動に使えるようになった。こちらが31psと4.1kgmを発生し、加速時や登り坂では合計2基のモーターで力強い走行が可能だ。電動走行時の最高速度も100km/hから135km/hに引き上げられた。もっとも、トヨタのエンジニアに尋ねたところ、1.8...

  • Featured: 【試乗記】BMW 330e ハンドルを握る者に圧倒的な『駆け抜ける歓び』を提供してくれる:今井優杏
    2016年12月09日 16時00分

     メチャ速。鬼トルク。そこからもたらされる圧巻のドライビングプレジャーは、これまで経験したことのないほどに異次元の踏み心地だ。試乗中、やたらにニヤニヤしてしまって撮影に困ってしまったくらい。 BMWの基幹モデルである3シリーズのプラグインハイブリッド、330eである。 モタつきの気になる停車状態、つまりアクセルの踏みはじめからギラっと鋭い加速がタイムラグなしに始まる驚異のレスポンスの良さに、思わずウハウハしてしまった。一回この快感を味わっちゃったら内燃機関オンリーモデルには戻れないんじゃないかと、老婆心ながらに心配になってしまうくらい。いやはやさすがBMW、プラグインハイブリッドとてエコ一辺倒で終わらせない。むしろ新しいパワートレーンだからこそ、より走りに忠実に、より基本に忠実に作り込んで来た感すらある。 それくらいにエキサイティング。 ハンドルを握る者には圧倒的なる『駆け抜ける歓び』を提供してくれるのだもの。  そう、モーターがもたらすタイムラグのない電気的な加速は、大陸続きで日常航続距離の長い欧州よりも、むしろ特に日本のように、信号が多くてストップ&ゴーが連続するような道路環境において、優位性が高いと感じる。  再加速のたびにいちいちズバっと鮮烈な加速を満喫出来ることにノックアウトされちゃうハイブリッドファンが増加しているという事実は、だから一回でも試乗すれば至極納得の事実だ。  ここのところ、厳しいCO2排出規制に対応するため、続々と欧州勢がプラグインハイブリッド(以下PHV)車を発表し、市場に投入しているのはご存知の通りなのだけど、エコに邁進しすぎてクルマが面白くなかったら本末転倒。クルマに五月蝿いユーザーは一気に踵を返して販売台数ガタ落ち、なんてことになったらメーカーとしても困る。  というわけで走りにコンシャスなBMWは、やっぱりBMWらしいPHVを出す必要があったのだろう。同社には様々なPHVシステムがバリエーションとして存在するのだけど、すぐ下に225xeグランドツアラーもあるがために、3シリーズともなれば、格段にユーザーの期待が走りに傾いてくる。それをどんな手で納得させるのか、その至極明快な答えがコレだったとすれば、ドライビングプレジャーまでもをカヴァーするなんてやっぱり走りの演出が上手だなあ...

  • New York: トヨタ、フルモデルチェンジ予定のプリウスPHVをNY国際オートショーに出展
    2016年03月24日 16時00分

    トヨタは、2016年秋から導入を予定している新型プリウスPHV(米国名「プリウス プライム」)を3月23日~4月3日に開催される2016年ニューヨーク国際オートショーで発表した。 プリウスPHVは2012年1月、電気利用車の早期本格普及を目指し、EVモードとHVモードが切り替わることで電池残量などを気にせず安心して乗ることができる、普及に適した電気利用車として量販を開始。現在までに日本、米国、欧州を中心に、計約7万5千台を販売している。 ...

  • Featured: 2015年 国内自動車メーカー低燃費ランキング総合 ベスト5!
    2016年01月12日 09時00分

    先代トヨタ「プリウス」ベースでありながら、「プリウスPHV」が新型プリウスを上回るプラグインハイブリッド燃料消費率61.0km/L(JC08モード) をたたきだしているように、モーターを使うと燃料消費率が良くなることから、2015年の国内自動車メーカー低燃費ランキングは、乗用車で電気自動車(EV)も含めた電力消費率でランキングを作ってみた。 第5位 電力消費率5.96km/kWhの三菱「アウトランダーPHEV」だ。2013年は5位だったが、2014年は圏外へ。2015年はマイナーチェンジして再度ランクインした。(要因は別だが。) 前期モデルのデザインが個性的過ぎたため、一部では不評だったが、マイナーチェンジされデザイン面がリファインされた、さらに燃費、電費も改善されたので、今年はセールアウトが期待できるだろう。 バッテリーの影響もあり、7人乗りモデルがPHEVに設定されていないことは残念だ。今後の登場を期待したい。 「アウトランダーPHEV」の詳細記事はこちら。 第4位 電力消費率7.04km/kWhの日産「e-NV200」だ。昨年の5位からランクアップ。 世界的に活躍しているNV200シリーズがEV化されたモデルだ。リーフでは荷物が載らないからという理由であきらめていたユーザーにはオススメだ。7人乗りも設定されており、最も人数が乗れる国産EVとも言えよう。 ただし、航続距離が185km(ワゴン)程度ということで、週末の日帰り旅行程度でもつかえる航続距離が長いモデルやレンジエクステンダーモデルの登場も期待したいところだ。 「e-NV200」の詳細記事はこちら。...

  • Teased: 次期型「プリウス」9月9日にワールドプレミア!! ティーザー画像公開!! ライブ中継も!!
    2015年09月03日 06時30分

    北米市場で展開するTMS(トヨタモーターセールス)は、9月8日21時(Pacific Daylight Time)から次期型「プリウス」のワールドプレミアのライブ中継を行うことを発表した。 日本時間では、9月9日(水)12時55分~13時20分に以下のサイトで公開されることになる。 https://livestream.com/Toyota/2016Prius...

  • Green: 北米BMW社長、「今後の新型モデル全車種にプラグイン・ハイブリッドを導入する」と発言
    2015年04月10日 18時00分

    昨年末、"全ての主力モデル"にプラグイン・ハイブリッド(PHV)を導入することを表明したBMW。先月にはその第1弾として、クロスオーバーPHV「X5 xDrive40e」が発表されている。だが、BMWノースアメリカのCEO兼社長のLudwig Willisch氏は、現在開催中のニューヨーク国際オートショー 2015で、PHVバージョンを導入する計画は「全ての新型車」が対象になると米Autoblog Greenに明かした。...

  • Green: 2014年 国内自動車メーカー低燃費カーランキング総合 ベスト5!
    2015年01月01日 10時30分

    2014年は、水素で発電する車両も登場したため、モーター単独で走行できるクルマでまとめてみた。 プラグインEV は、エンジンがかかるとハイブリッド車の燃費となるため、このランキングでは25km以内の走行距離を想定し、電力消費率によるランキングとした。なお、リースも含む個人が手に入れることが出来る乗用車をランキング対象としている。 第5位 10月に発売されたばかりの電力消費率7.04km/kWhの日産「e-NV200」だ。昨年の5位の電力消費率5.9km/kWhの三菱「アウトランダーPHEV」を抜いてランクイン。 リーフでは荷物が載らないからという理由であきらめていたユーザーにはオススメだ。ただし、航続距離が185km程度ということで、週末の日帰り旅行程度でもつかえる航続距離が長いモデルも期待したいところだ。 第4位 電力消費率8.74km/kWhのトヨタ「プリウスPHV」だ。 プリウスのモデル末期と言うこともあり、2014年は性能面での改良はなされなかった。 プラグインハイブリッド燃料消費率61.0km/L(JC08モード) 、ハイブリッド燃料消費率31.6km/L(JC08モード)、EV走行距離26.4kmとなる。 ベースのプリウスのハイブリッドの燃費がG、Sグレードで30.4km/L(JC08モード)であるから、さらに大容量の電池を積んでいてハイブリッド燃料消費率31.6km/L(JC08モード)を達成しているのは立派だ。 来年登場が噂される新型プリウスの登場で、プリウスPHVがどのように更新されるのか楽しみだ。...

  • Official: 【ビデオ】歌詞も注目!! 全国各地で歌われる、恋する充電プリウスとは!?
    2014年08月26日 16時00分

    トヨタが展開しているTOYOTOWNサイトの中では、『恋する充電プリウス』のご当地バーションを公開している。これは、指原莉乃 with AKB48 Team8が各地の方言を散りばめた歌詞で地元の人たちと歌って踊るといったプロモーションビデオだ。 ...

読み込み中

Loading