Mercedes-amg News - Autoblog 日本版

mercedes-amg

  • Official: メルセデス・ベンツ「CLA」の特別仕様車「メルセデスAMG CLA 45 4MATIC Racing Edition」を発表
    2017年03月21日 22時00分

     メルセデス・ベンツ日本(社長:上野金太郎、本社: 東京都品川区)は、 メルセデス・ベンツ「CLA」の特別仕様車「メルセデスAMG CLA 45 4MATIC Racing Edition」を発表し、 台数限定で注文受付開始した (全国限定合計90台)。発売は、4月上旬を予定。 「CLA」特別仕様車は、メルセデスAMG CLA 45 4MATICをベースに、メルセデスAMGが誇る量産2リッター最強エンジンを搭載、装備内容のスリム化により、戦略的な価格を設定。381PSを発揮するエンジンパフォーマンス及びセグメントNo.1となる 0-100km/h:4.2秒という優れた加速性能に加え、メルセデスの安全運転支援システム 「レーダーセーフティ」も装備し、メルセデスAMGブランドのエントリーモデルとして最適な特別仕様車とした。 Mercedes-AMG CLA 45 4MATIC Racing Editionの希望小売価格(消費税込み)は、6,640,000円。...

  • Report: メルセデスAMGの新型ハイパーカーは、走行5万kmごとに全面的なオーバーホールが必要!?
    2017年03月18日 10時00分

    メルセデスAMGから今後発表予定のハイパーカーを購入しようと考えている方は、保証延長サービスを付けた方がよさそうだ。でなければ、かなりの維持費を覚悟しなければならないだろう。というのも、自動車情報サイト『Motor 1』がメルセデスAMGのトビアス・ムアースCEOから聞いた話によると、この新型ハイパーカーが搭載するV6ターボ・エンジンはF1用がベースであるため、走行距離5万kmごとに全面的なオーバーホールが必要になるというのだ。それほどの距離を走らないとしても、このメルセデスAMGの新型マシンは価格が250万ドル(約2億8,000万円)にも上り、1,000馬力を超えるハイパーカーになるという噂なので、メインテナンスを必要とする頻度はトヨタ「カムリ」並みというわけにはいくまい。...

  • Teased: 4ドアの「メルセデスAMG GT」がジュネーブ・モーターショーに登場
    2017年03月05日 12時00分

    メルセデス・ベンツの高性能車ブランド、メルセデスAMGは、3月7日に開幕するジュネーブ・モーターショーで発表を予定している新たなコンセプト・モデルのデザイン画を公開した。...

  • Video: 【ビデオ】メルセデスAMG、ピーター・フォンダが出演する『イージー・ライダー』をオマージュしたCMを制作
    2017年01月31日 09時00分

    映画監督のジョエル&イーサン・コーエン兄弟と俳優のピーター・フォンダ、それに「メルセデスAMG GT ロードスター」がコラボするとどうなるか? 答はフォンダの出演する有名な映画、『イージー・ライダー』をオマージュした、そこそこ面白い「スーパーボウル」用CMができる、ということだ。「イージー・ドライバー」というタイトルがついたこのCMは、米国最大のスポーツ・イベントであるスーパーボウルの第4クォーターで放映されることになっている。...

  • Detroit: 【北米国際オートショー2017】メルセデス・ベンツ「GLAクラス」、AMGモデルも含めスタイリングや機能がアップデート!
    2017年01月16日 18時00分

    「メルセデスAMG GT」のアップデートほどエキサイティングなニュースではないかもしれないが、コンパクトSUVの「GLAクラス」にも改良が施されたのでお知らせしよう。現在開催中の北米国際自動車ショーで、新しくなった「GLA 250」「GLA 250 4MATIC」「メルセデスAMG GLA 45 」の全3モデルが出展されている。...

  • First Drive: 【海外試乗記】2018 Mercedes-AMG GT R、サーキットでのパフォーマンスに特化した硬派なモデル。:島下泰久
    2017年01月15日 16時00分

     メルセデス・ベンツのモデルをベースとしない、AMGの自社開発スポーツカー第二弾としてデビューしたAMG GTが、じわじわとラインナップを拡大中だ。この度、登場したのはメルセデスAMG GT R。昨秋、ワールドプレミアされたロードスターから一転、サーキットでのパフォーマンスに特化した硬派なモデルである。  何しろAMG GTのレーシングバージョンであるAMG GT3は今、世界のサーキットで大活躍中だ。とりわけ強烈だったのは昨年のニュルブルクリンク24時間レースでの、1-4位独占である。もっとも日本のスーパーGTでは、車両規定の不利もあって振わない状況ではあったのだけれど。ともあれAMG GT Rには、こうして実戦で培われたノウハウがたっぷりと注ぎ込まれているわけだ。  初対面で驚いたのは、そのアピアランスである。見るからに低く、そして強烈にワイド。スペックを確認すると何と全幅は2007mmにも達しているのだ。フェンダーは大幅に拡大されていて、前275/35ZR19、後325/30ZR20という極太サイズのタイヤが収められている。ちなみにAMG GT Sでは前265、後295サイズである。  GT3マシンと同様のAMGパナメリカーナ・グリルをはじめ、大きな開口部をもつフロントエプロン、大型リアスポイラーなども備わり、ルックスは威圧的とすら評せるが、実はこのボディ、見えないところにこそノウハウが詰まっている。  まず空力の面では、必要な時以外は閉じて空気を車体下面に導く、フロント開口部内側のエアパネルや、床下のエンジン前方辺りに設置され、高速域で下方にせり出してヴェンチュリー効果によってダウンフォースを生み出す、アクティブエアロダイナミクスシステムが特徴と言える。  軽量化も進められており、フロントフェンダーやルーフなど目に見える部分だけでなく、車体各部の補強用部材、ドライブシャフト、トランスアクスルのトルクチューブなどがCFRP化されている。これは当然、高剛性化にも貢献するものだ。  そしてV型8気筒4.0Lツインターボエンジンは、主にターボチャージャー周辺の変更により、最高出力をAMG GT Sに対して75ps増の585psにまで高めている。トランスアクスルレイアウトとされた、7速DCTの変速の切れ味を...

  • Official: メルセデスAMG、世界初の専売拠点「AMG東京世田谷」を1月13日にオープン
    2017年01月12日 14時00分

     メルセデス・ベンツ日本(以下MBJ、社長:上野 金太郎、本社:東京都品川区)と、メルセデス・ベンツ正規販売店契約を締結している株式会社シュテルン世田谷(社長:板東 徹行、本社:東京都町田市)は、1月13日に、世界で初めてのメルセデスAMG専売拠点開設の地として、日本が選出され「AMG東京世田谷」をオープンする。...

  • Video: 【ビデオ】「メルセデスAMG GT R」が、ニュルブルクリンク北コースを7分10秒92で激走!
    2016年12月13日 18時00分

    ニュルブルクリンク・ノルドシュライフェ(北コース)におけるラップ・タイム記録のリストを見ると、かなりの確率で出てくるのが『Sport Auto』という名前だ。このドイツの自動車雑誌は、伝説的な同サーキットで多くのテスト走行を実施しており、グンペルト「アポロ」からポルシェ「918スパイダー」まで、これまで実に説得力のあるラップ・タイムを数多く達成している。先月、そのランキングに加わる新たなラップ・レコードが樹立された。同誌に寄稿するライターでレーシング・ドライバーでもあるクリスチアン・ゲブハートが、メルセデス・ベンツ「メルセデスAMG GT R」で7分10秒92というタイムを叩き出したのだ。...

  • Confirmed: 「メルセデスAMG GT C クーペ」は2017年中に登場確定! ムアースCEOが認める
    2016年12月01日 06時00分

    先日のLAオートショー2016で、メルセデスAMGのトビアス・ムアースCEOから話を聞く機会があった。カリスマ的で表情豊かなムアースCEOはまず、新型「E63」セダンと「GT C ロードスター」のさらに磨き上げられたメカニカルなディテールを誇らしげに紹介してくれた。この2台には既にお馴染みの4.0リッターV型8気筒ツインターボ・エンジンが搭載されている。その後、我々はもっとおいしい話を聞くことが出来た。「メルセデスAMG GT」シリーズに、さらにクールな新しい派生モデルが追加される可能性があるというのだ。 ...

  • Motorsports: ニコ・ロズベルグ、2016年のF1ワールド・チャンピオンに輝く!
    2016年11月30日 06時00分

    ニコ・ロズベルグが2016年のF1ワールド・チャンピオンとなるためには、最終戦のアブダビ・グランプリで表彰台に上がるだけでよかった。結果的には、彼はチームメイトのルイス・ハミルトンに継ぐ2位でフィニッシュ。ロズベルグは自身初となるワールド・チャンピオンに輝いた。彼の父、ケケ・ロズベルグも34年前にこのタイトルを獲得している。...

読み込み中

Loading