Jaguar News - Autoblog 日本版

jaguar

  • Report: ジャガー・ランドローバー・ジャパンと読売巨人軍が、オフィシャルカー契約を締結し、車両70台を監督やコーチ、選手等に提供
    2017年03月24日 18時00分

     ジャガー・ランドローバー・ジャパンと読売巨人軍は、オフィシャルカー契約を締結し、読売巨人軍の監督、コーチ、選手等を対象に、ジャガー車およびランドローバー車をオフィシャルカーとして計70台提供する。  初めて読売巨人軍が、自動車ブランドとオフィシャルカー契約を締結した。読売巨人軍は、1934年に大日本東京野球倶楽部として創立されたプロ野球球団で、「巨人軍は常に強くあれ、巨人軍は常に紳士たれ、巨人軍はアメリカ野球に追いつき、そして追い越せ」という正力松太郎遺訓に象徴されるように、未来を見据えた新たな野球文化を創造し続けている。  ジャガーは"THE ART OF PERFORMANCE"、ランドローバーは"ABOVE & BEYOND"というブランド・タグラインを活用し、それぞれの世界観をもった製品をグローバルで展開している。読売巨人軍は、自らの限界を設けず高みを目指し常にNo.1に挑戦する姿勢が、ジャガーおよびランドローバーのブランド精神と共通することから、今回の契約締結が実現した。 ■ジャガー・ランドローバー・ジャパン マグナス・ハンソン 社長コメント 「この度、歴史と格式ある読売巨人軍と、創設以来初めてとなるオフィシャルカー契約を締結することができ、大変光栄に思います。読売巨人軍の皆様が試合で素晴らしいパフォーマンスが発揮できるよう、安全で楽しく、そしてリラックスできるジャガーおよびランドローバー車両を提供し、グランドの外からサポートしてまいります。移動時間が最高のドライビング・エクスペリエンスになることを願っています」 ■読売巨人軍 久保博 社長コメント 「英国を代表するトップブランドのジャガー・ランドローバー様に"オフィシャルカー"としてサポートして頂けることになり大変感激しております。伝統を守りながら革新を追求する企業とチームのコラボレーションでお互いのブランド価値が一層高まっていくことを期待しています」 ■読売巨人軍 高橋由伸 監督コメント 「この度こうしてスポンサー契約をして頂く事となり、大変嬉しく思います。私自身も今レンジローバーで球場に通勤させて頂き快適な時間を過ごさせて頂いています。この契約を励みにそして期待に応えられる様に今シーズン精一杯頑張りたいと思います」 ■阿部慎之...

  • Official: ジャガーの「F-PACE」に3種類のルーフアクセサリーから選べる特別仕様車が登場
    2017年03月14日 18時30分

    ジャガー・ランドローバー・ジャパンは14日、ジャガー初のパフォーマンスSUV「F-PACE」に特別仕様車「F-PACE ACTIVE EDITION PACKAGE」を設定し、同日より36台限定で受注開始すると発表した。 ...

  • Featured: 【試乗記】ジャガー・ランドローバーの注目車種を雪上に持ち込み徹底的に分析:山田弘樹
    2017年03月03日 16時00分

     ジャガー・ランドローバー ジャパンが開催する雪上試乗会が、今年は斑尾スキー場近郊で開催された。普段はそのユーティリティとオンロード性能を中心にレポートされる二社だが、特にランドローバーはこうした低μ路での走破性と安定性こそがPRのしどころ。そういう意味で、この雪上試乗会を、恒例事業として開催してくれるインポーターの姿勢には頭が下がる思いだ。またジャガーも、新進気鋭のSUV「FーPACE」を持ち込んで、その雪上性能を存分に見せつけてくれた。  今回ランドローバーのイチ推しは、昨年登場してメディアの話題をさらった「イヴォーク・コンバーチブル HSE Dynamic」。オープンボディのSUVという未開のジャングル...ならぬ未開のジャンルに果敢に挑み、のっけから高い完成度をもって多くのジャーナリストを唸らせたのは記憶に新しいところだが、その雪中性能やいかに!?  とはいいつつ、すでにボクは昨年イヴォークのクローズドモデルで、場所こそ違えどその雪上性能を堪能している。兄貴分のレンジに対してちょっとそっけないボタン式のテレイン・レスポンスは、しかしながら発進時のトルク制御やコーナリング時のトラクション確保に対し緻密に、しかもその作動を感じさせないほどスムーズに働く(選択したのはスノーモード)。だから極端に言えば、ドライバーはハンドルを切りながらアクセルを踏み込むだけで、積極的にクルマを曲げることができてしまう。  オープンボディになってもその作動は問題なく働き、圧雪路面では相変わらずのたくましさでその存在感をアピールしてくれた。  ただ日陰が多く、クルマ通りの少ない路面では、少しばかりその印象は異なる場面があった。いったんクルマを思い切り曲げてしまえば、前述した通りその後の制御は素晴らしい。しかし一般公道という常識から言えば、そのステアさばきは"探りながら"のアンダーステア基調となる。そんな場面でコンバーチブルのハンドリングは、応答遅れが目立った。  特に下り坂では舵が効かず、緩やかなカーブでもクルマがアウト側の雪壁へと迫ってあわや!という状況を体験した。  圧雪路の走破性に気を良くしていたわけではない。十分注意しながら走った結果だとボクは思っているのだがこうなった理由は、端的に言えばその足下にマ...

  • Official: ジャガー・ランドローバー、英国全体の自動車生産台数の30%以上を占め、2年連続英国最大の自動車メーカーに
    2017年02月20日 20時30分

     ジャガー・ランドローバーは、2016年の自動車生産台数が英国全体の自動車生産台数の30%以上を占め、2015年に続き2年連続で英国最大の自動車メーカーとなった。  英国自動車製造販売協会(SMMT)が発表した2016年の英国の自動車メーカーの生産台数は、172万7,471台という最高記録を樹立。そのうち、ジャガー・ランドローバーの英国内にある3つの工場の生産台数は、前年比8%増の54万4,401台を達成。ジャガー・ランドローバーの車両は、英国製自動車の世界販売台数上位10車種のうち、5車種を占めた。  最新のデータによると、ジャガー・ランドローバーは、年間生産台数が15万8,000台程度だった2009年に比べ、英国内工場の稼働率が240%以上に増加し、劇的な変革を遂げていることがわかります。  2016年は、15の新型モデルや改良モデルを市場投入した記録的な1年だった。ジャガーは、ブランド史上最大のヒットモデル「F-PACE」を発売し、ジャガー全体の生産台数を67%も押し上げ、ランドローバーは、「RANGE ROVER EVOQUE CONVERTIBLE」を導入し、改めて「RANGE ROVER EVOQUE」を、ランドローバーで最も販売台数を達成するモデルとしての地位を築いた。  2010年以降、ジャガー・ランドローバーは英国にある4つの製造工場に約40億ポンド(約5,720億円)の投資を行い、その結果、10のモデルラインと、最先端の自社製INGENIUM(インジニウム)ディーゼル・エンジンが誕生した。投資には、欧州最大のアルミニウム車体工場の設置、2つの新しい最先端プレスラインの導入、そして全組み立てラインでの大幅な技術刷新などが含まれる。この大規模な拡張をサポートするために、従業員数を2010年の7,700人から1万9,000人にまで増加させ、雇用創出にも貢献した。今年度は、製品開発に30億ポンド(約4,290億円)以上の投資を決定している。...

  • Auctions: アリゾナ州スコッツデールの名車オークション、今年の最高落札価格を記録したのはジャガー
    2017年01月26日 17時00分

    先週末に米国アリゾナ州スコッツデールで、毎年恒例の名車オークションが開催されたが、その結果をご覧になれば、有名な自動車オークションは一般人の手の届かない所だと思い知らされるかもしれない。7社のオークション会社が出品する合計3,486台のクルマが目まぐるしく移動する上に、希少なクルマや価値のあるクルマは、多くの人が一生かかって稼ぐ金額よりも高い価格で競り落とされるのだ。100万ドル(約1億1,400万円)以上で落札されたクルマは約20台あり、その中で最高落札価格を記録したのは、ボナムスが出品した1963年製ジャガー「Eタイプ ライトウェイト」(写真)で、737万ドル(約8億3,700万円)だった。...

  • Official: 2016年に米国で最も検索された自動車メーカーのトップ10!
    2016年12月31日 17時00分

    かつて「コピーする」ことを「ゼロックスする」と言っていたように、その機能が動詞になるほど定着しているのがGoogleだ。『ポケモンGO』から、数十年前のテレビドラマに出演していた俳優の名前まで、ありとあらゆるワードがGoogleで検索されている。それらの中から(米国内において)2016年の急上昇検索ワードランキングに入った自動車メーカーの名前トップ10をご紹介しよう。 ...

  • Report: ジャガー・ランドローバーCEO、2020年までにラインナップの半分をハイブリッドまたは電気自動車にすると発言
    2016年11月29日 17時00分

    ジャガーとランドローバーは、どちらも環境に優しいブランドと見なされたことはないが、親会社はその認識を変えようとしている。ジャガー・ランドローバー(JLR)のラルフ・スペッツCEOは、2020年までに同社が生産する自動車の半分をハイブリッド車やプラグイン・ハイブリッド車もしくは電気自動車(EV)にすると、先週のLAオートショーでジャガー「I-PACE」コンセプトを発表する際に発言した。...

  • Los Angeles: ジャガー初の電気自動車「I-PACE」は2018年に発売予定
    2016年11月27日 05時30分

    ジャガーは現在開催中のLAオートショーで、ブランド初となる電気自動車「I-PACE コンセプト」を発表した。現在は"コンセプト"と名乗っているが、既に市販化を前提としたモデルであり、2018年には発売が予定されているという。...

  • Los Angeles: ジャガー、60年ぶりに再生産された幻のスポーツカー「XKSS」をLAオートショーで公開
    2016年11月21日 18時30分

    今年の春、ジャガーが幻のクラシックカー「XKSS」を再生産すると発表したことを覚えているだろうか? 英国コベントリーの自動車メーカーは冗談を言ったわけではなかった。なぜなら今、米国ロサンゼルスに居る我々の前には、"新車のXKSS"が置かれているからだ。...

  • Featured: グッドデザイン金賞に輝いた4輪車はコレ!! 2016年グッドデザイン賞受賞展で受賞車両を展示!!
    2016年11月04日 06時00分

    2016年10月28~11月3日に東京ミッドタウンで、2016年度グッドデザイン賞受賞展が開催された。 グッドデザイン賞は、様々に展開される事象の中から「よいデザイン」を選び、顕彰することを通じ、私たちのくらしを、産業を、そして社会全体を、より豊かなものへと導くことを目的とした公益財団法人日本デザイン振興会が主催する「総合的なデザインの推奨制度」だ。 昨年は、大賞に続く金賞に トヨタ 「MIRAI(ミライ)」 が輝いたが果たして今年はどうだったのだろうか。ちなみに、受賞点数は、グッドデザイン大賞が1点、グッドデザイン金賞(経済産業大臣賞)は19点となっている。 今年、4輪車で唯一の金賞に輝いたのが、このトラクターのヤンマー「YT3」シリーズ。ピニンファリーナ社の元デザインディレクターで、フェラーリ「エンツォ」や「599」などのデザインを手掛けたケン・オクヤマこと奥山清行氏が手掛けた斬新なデザインが特徴だ。 審査委員の評価は以下の通り。 "所有する喜びや農業に対する誇りを感じさせたいとの想いで、農機具のデザインに新しい方向性を示した。 これまでとは一線を画す外形デザインが目を引くが、トラクタとしての基本性能の向上に加え、一体プレス工法により広い視界を確保したキャビン、操作時の負荷を軽減すべく全面的にレイアウトを見直した操作系の採用などにより、徹底して作業性の向上を図っていることも高く評価したい。 また、子供向け娯楽施設への出展など、ヤンマーは農業に対する新しいイメージづくりのための包括的な活動に取り組んでいるが、農業分野にデザイナーが積極的に関与していくことに対し、他ユニットの審査委員からの賛同が大きかったことも追記しておきたい。"...

読み込み中

Loading