Ducati supersport News - Autoblog 日本版

ducati supersport

  • First Drive: 【海外試乗記】10年ぶりに復活を遂げた「スーパースポーツ」、DUCATIには苦手と思われたずぼらなライディングも許容する!?:鈴木大五郎
    2017年03月16日 17時00分

       年末に行なわれる「インターモト」や「ミラノショー(EICMA)」でお披露目されたニューモデルは、翌年の春先に発売されることが多い。メーカーはそれまでの冬の間に発表試乗会をおこない、我々が試乗してインプレを書いて誌面を賑わせる。  しかし多くのバイクメーカーにとっては極寒期にあたり、工場からの出来立てホヤホヤのマシンを近場でテストすることは困難(バイクはそこがつらい)。そこで選ばれるのがスペインだ。 僕自身、海外試乗会にはもう数十回参加させてもらっているのだけれど、その8割越えがスペインで行なわれている。それは比較的気候が温暖ということがひとつ。そして、雨が少ないというのが2つ目の理由であろう(バイクにとっては非常に重要)。 しかし・・・スペインは遠い。  昨年、十数年ぶりに我が国からの直行便が復活したのであるが、まだまだ本数は少ないらしくそれにはいまだに乗った試しはない。さらに我々がテストする場所はバルセロナやマドリッドではなくて、やっぱり僻地。いや、実際はスペインといえどもそのあたりはやはり寒く、温暖な場所を探していくと地中海沿いの南部となることがほとんど。通常3本のフライトを乗り継ぎ、フラフラになって現地へ到着・・・と、なんでそんなつらそうなことを行なっているかといえば、それがやっぱり刺激的で楽しいからにほかならない。開発者たちの熱い思いを生の声で聞き、彼らがもっとも相応しいと思われるシチュエーションでニューマシンを思いっきり走らせることが出来るから、2泊5日のような強行スケジュールであっても喜んで出かけていくわけだ。  ドゥカティのニューモデル、「スーパースポーツ」の発表試乗会の会場はやはりスペイン。太陽がまぶしいアンダルシア地方、セビリアで行われた。ドゥカティにとって、10年ぶりの復活となるこのネーミング。スーパースポーツというと、我が国ではレーサーレプリカ的なカリカリなマシンをイメージさせる。  しかし、ドゥカティの「スーパースポーツ」というモデル名は、サーキット走行やレースに限定されない、もっと守備範囲の広いキャラクターとなっており、それらの業務は「851」から「916」・・・、そして「パニガーレ」へと続く"スーパーバイク系"が受け持つことになっている。 スーパースポーツシリーズの「900...

  • Official: ドゥカティ、最高出力113馬力の「スーパースポーツ」を発表
    2016年10月07日 06時00分

    イタリアの二輪車メーカー、ドゥカティが2017年モデル第1弾となる新型オートバイを発表した。それは、スポーティな外観でありながら日常的な移動やツーリングに適応した「スーパースポーツ」だ。...

読み込み中

Loading