Design News - Autoblog 日本版

design

  • Report: インフィニティ「QX50 CONCEPT」、未来とのバランスを図ったデザインを継承しているのは「和」の要素:斎藤聡
    2017年03月02日 11時00分

     インフィニティQX50コンセプトは、2016年4月の上海モーターショーで発表された「QXスポーツインスピレーション」の流れを汲むモデル。インフィニティブランドでは、ミドルクラスSUVに位置付けられており、日本市場的にいうと、スカイライン・クロスオーバー・コンセプトともいえるモデル。  メカニズムでの注目点は、VCターボと呼ばれる可変圧縮比エンジン+ターボを搭載していること。2016年パリモーターショーで発表されたこのエンジンは、直列4気筒の直噴ガソリンターボで、走行状況に合わせてピストン上死点の位置をシームレスに変更(可変圧縮比)できるメカニズムを持っている。圧縮比は8~14対1の間で可変可能で、最高お出力270馬力、最大トルク39・8kgmを発揮するという。  デザイン面では、QⅩスポーツインスピレーションと比べるとグッとリアリティのあるデザインに仕上がっており、市販モデルを強くイメージさせると同時に、新しいインフィニティのデザインの流れを取り入れたものとなっている。  このデザインは、『日産自動車株式会社 常務執行役員デザインビジネスマネージメント・デザイン戦略グローバルデザインセンター エグゼクティブ・デザイン・ダイレクター インフィニティ担当』のアルフォンソ・アルベイザ氏が手掛けたもの。氏のインタビューでのコメントを引用しながら解説してみよう。...

  • Official: ヤマハ発動機、先行デザイン研究拠点「ヤマハモーター イノベーションセンター」の落成式を実施
    2017年02月22日 20時00分

     ヤマハ発動機は、グループにおけるデザイン司令塔として、製品デザイン開発と新たなイノベーションを生み出す先行デザイン研究拠点「ヤマハモーター イノベーションセンター」の落成式を22日実施した。  「ヤマハモーター イノベーションセンター」は、2016年12月に竣工、5階建て、延床面積8,634平方メートルの建屋で、オープンイノベーションを推進する開放的な空間レイアウトを採用、開発面では、原寸モデルを用いたリアルなデザインとデジタルを活用したバーチャルなデザインを可能にするインフラとソフトを整備している。  施設は、さまざまなデザイン創作に対応する広いクレイ(粘土による造形デザイン)ルームやターンテーブル2基を配した屋内プレゼンテーションルーム、自然光の下でデザイン評価を行う屋外プレゼンテーションスペース、バーチャルデザインを可能にするデジタル設備など、最新のデザイン環境を備えた。 ...

  • Report: ファラデー・フューチャーから登場する電気自動車は、トヨタ車と似たデザインになる?
    2016年07月28日 11時00分

    米国の新興電気自動車(EV)メーカー、ファラデー・フューチャー社が発売を予定している新型EVの外観について、今のところ我々はよく見えないティーザー画像から推測するしかない。しかし、徐々にその秘密を明かしつつあるこのEVメーカーが最近新たに雇用した人物が、同社の目指すべきところを知る手がかりになるかもしれない。その人物とはキム・ジンウォン氏であり、現在はファラデー・フューチャーのエクステリア担当チーフ・デザイナーを務めている。同氏は米国カリフォルニア州にあるトヨタの米国デザイン拠点、Calty Design Research, Incで、長年デザイナーを務めてきたキャリアを持つ。...

  • Green: グーグルの自動運転車、クラクションの鳴らし方を習得中
    2016年06月12日 14時00分

    日毎に進化するGoogleの自動運転車だが、最近は路上における運転マナーまで身につけつつあるようだ。最新の月例報告書によると、自動運転車の開発チームは、"人間ドライバー"の注意を喚起するために、いつどのようにクラクションを鳴らせばよいかを人工知能(AI)に学習させたという。...

  • Official: Elio Motorsの3輪コミューター、開発は遂に最終段階に
    2016年05月06日 18時00分

    3輪コミューターを開発している米国のベンチャー企業Elio Motorsは、これが"4度目の正直"となることを望んでいる。非常に燃費の良いクルマを米国で販売するべく準備を進めている同社は、技術的な設計が「4番目にして最終の」段階を迎えたと発表。シャシーの設計がようやく完成し、これから安全性と運動性能のテストを開始するという。...

  • Etc: 高校生がデザインした2025年のダッジ「SRT ヘルキャット」
    2016年01月25日 06時00分

    フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)は、社内に才能溢れるデザイナーを抱えている。しかし、同社もまた、他の優良企業と同じように常に若く才能豊かな人材を探し求めている。たとえそれがまだ高校生であっても。...

  • Etc: 大学の心理学教授が調査結果から導き出した、これが「英国人にとって理想のクルマ」
    2015年10月21日 19時00分

    英国スターリング大学で心理学を研究しているピーター・ハンコック教授が提示した「英国人にとって理想のクルマ」は、どうもふざけているようにしか見えない。同教授は、自動車メーカーが採用して生産すべきデザインを提案しているのではない。これは、2,000人以上の英国人を対象としたアンケート調査を基に、3ヶ月をかけてまとめられた思考実験のようなものだ。...

  • Report: 【インタビュー】マツダ新型「ロードスター」中山チーフデザイナーに聞く:飯田裕子
    2015年05月20日 19時00分

    マツダは20日、新型「ロードスター」を遂に発表した。デザインテーマ「鼓動」を採用した新世代商品第6弾の「ロードスター」。今回は、中山 雅チーフデザイナーにモータージャーナリスト飯田裕子がロードスターのデザインについて聞いた。 ...

  • Official: 「凛」や「艶」を表現した「Mazda Design クルマはアート」をミラノで開催
    2015年04月14日 22時00分

    マツダは、4月14日からイタリアのミラノで開催される『Mazda Design クルマはアート』に先立ち、独自にデザインした自転車「Bike by KODO concept(バイク・バイ・コドーコンセプト)」、ソファ「Sofa by KODO concept(ソファ・バイ・コドーコンセプト)」などのアートワークを初公開した。  今回の『Mazda Design クルマはアート』においてマツダは、研ぎ澄まされた品格である「凛(りん)」、人の情念に訴えかける「艶(えん)」という日本の美意識に根ざした感性に着目し、その表現を試みることにより、動きの表現のさらなる進化を図っている。...

  • Report: 【レポート】2代目「クライスラー300」オーナーの不満第1位は「グリルが小さい」こと
    2015年01月03日 14時00分

    2004年に登場した「クライスラー300」の巨大なグリルは威圧感があり、街でその存在を誇示するために大きな効果を放った。ところがクライスラーは、2011年に10億ドル(当時のレートで約870億円)も掛けてそのデザインを変更。高級感の向上とアグレッシブさを抑えた"オトナのスタイリング"を目指してグリルを縮小した(上の写真)。これが顧客から大いに不評を買ったのだった。...

読み込み中

Loading