Cx-5 News - Autoblog 日本版

cx-5

  • Featured: 【試乗記】マツダ CX-5、引き算の美学で生み出されたデザイン、人車一体の感覚を盛り込んだハンドリング:木下隆之
    2017年03月17日 17時00分

     このところ強烈にブランド力を高めているマツダの最新作品が「CX-5」である。全てのモデルを、光沢と深みのあるソウルレッドでイメージ統一するなど、斬新な手法で存在感を得ているマツダの主力車種がこれ。試乗した印象からすると、これから街に溢れるであろう予感が強くするのだ。これは間違いなく売れる、そう思わせてくれた。  デザインがまず整っている。どこにも破綻がないのだ。マツダの最新アイデンティティとなる顔つきだから、正面から眺めればそれがマツダのモデルだと誰もが気づく。だがそれだけではない。全体的なシルエットも最近のマツダに統一した造形なのだ。  新型CX-5はライト類を横長に細め、眼光を鋭くした。だが、強烈な印象を残すのはそこだけだ。ボディ全体には派手な突起やこれ見よがしの隆起や、あるいはアイキャッチとなるようなポイントがない。 「引き算の美学」   マツダのデザイナーは自らのコンセプトをこう呼ぶ。最近は各社、押し出しの強いデザインが好みのようだが、それとは背を向ける。一つの塊からシルエットをつくりだしてから、一筆二筆を足していく手法が目立つ。それは飽きのこないデザインだというのだが、マツダの引き算の美学で生み出されたCX-5こそ、シンプルがゆえに長く付き合えるような気がした。 <先代 / 現行>  それでも、先代に比較してAピラーポストを35mm後退させるなどで、ノーズが長く見えるようになった。SUV特有の、ともすればずんぐりと凡庸に見えるシルエットから脱却している。車格感が高まったような印象を受けるのだ。  ちなみに、マツダがイメージ戦略上統一していたソウルレッドは、CX-5になって微妙に変化させている。光や角度によって表情を変えるそれは、CX-5になってよりクリスタル度が高まっている。  大人になった印象は、コクピットにも表れていた。これまでのような、どこか大衆車的な香りが薄らいでいる。インテリアも引き算の美学でデザインされているようで、派手な凹凸は少ない。ここもシンプルなのだ。  だが、シート素材や細部のデザインには手が加えられているし、ダブルステッチの縫い合わせを採用するなど、高級感が加わったと思える。...

  • Official: マツダ、新世代現行モデル5車種に先進安全技術を標準装備化すると発表
    2017年03月13日 18時30分

    マツダは13日、日本国内で販売するほぼすべての新世代商品を対象に、先進安全技術「i-ACTIVSENSE(アイ・アクティブセンス)」の標準装備化を2017年度中に行うことを発表した。...

  • Official: 新型『マツダ CX-5』、1ヶ月の累計受注台数16,639台と販売好調
    2017年03月08日 14時00分

     マツダは、2月2日に発売した新型『マツダ CX-5』の累計受注台数が、発売開始後、約1カ月経過した3月5日時点で16,639台となったと発表した。月間販売計画台数は2,400台。  新型「CX-5」グレード別の構成比は、人間中心の安全思想「MAZDA PROACTIVE SAFETY」に基づき開発した、「i-ACTIVSENSE(アイアクティブセンス)」を充実させたグレードが全体の95%を占めている(最上級グレード「L Package」49%、「アダプティブ・LED・ヘッドライト(ALH)」や「アクティブ・ドライビング・ディスプレイ」など先進装備を充実させた「PROACTIVE」46%)。下取車のタイプは、SUV(46%)ミニバン(20%)。下取車のうち初代「CX-5」の下取が39%。...

  • Official: マツダ、『 CX-5 』の予約受注台数が約1ヶ月半で9,055台
    2017年02月03日 10時00分

     マツダは、2016年12月15日に発表し、2017年2月2日に発売した新型『マツダ CX-5』の予約受注台数が、発売前の約1か月半(12月15日の予約開始~1月31日)で、9,055台となったことを発表した。新型「CX-5」の月間販売計画台数は2,400台。  「CX-5」は、新世代商品の第1弾として「SKYACTIV技術」とデザインテーマ「魂動(こどう)-Soul of Motion」を初めて全面的に採用し、2012年2月に発売した。新世代商品群として初めてのフルモデルチェンジとなる新型「CX-5」は、ドライバーだけでなく同乗者も含めた「すべてのお客さまを笑顔にするSUV」をキーワードに、いまマツダがもつデザインと技術のすべてを磨き上げ、あらゆる領域で「走る歓び」を深化させたクロスオーバーSUV。  グレード別の予約受注構成比は、「L Package」が49%、「PROACTIVE」が47%。ボディカラーは、新開発の「ソウルレッドクリスタルメタリック」が31%、「マシーングレープレミアムメタリック」が17%。...

  • Report: 【東京オートサロン2017】マツダ、NAロードスターで採用されていたクラシックレッドをNDロードスターに復刻し期間限定発売:山田弘樹
    2017年01月16日 19時00分

    「Be a driver.」のかけ声と共に、マツダ・ロードスターのワンメイクレース「Mazda GLOBAL MX-5 CUP」の開催概要を発表したマツダ。また初代NAロードスターで採用されていた「クラシックレッド」を最新の水性塗装技術「アクアテック塗装」で忠実に再現し、NDロードスターに復刻。 「27年間ロードスターを支えてくれたファンへの感謝の気持ち」とアナウンスするなど、自動車文化を構築することに大きな努力を図っているのはとても好感が持てた(ちなみにその価格設定もベース車両+3万2800円と良心的。サロン発表から予約受付開始で、2月28日までの限定発売だ)。 そんなマツダブースでさらに大きな注目を集めていたのは、発表されたばかりのミドルSUV「CX-5」。しかもオートサロンよろしく、早くもメーカーカスタマイズを施したバージョンを「CUSTOM STYLE 2017」として参考出品していた。 その内容は主にエクステリアで、印象的だったのはフロント/サイド/リアに付けられたアンダースカート。これがCX-5の滑らかなボディに極めて品良く、控えめに、しかしそのスタイルをピシッと引き締めるシャープなラインを演出している。またそれにトーンを揃えるように、「ドアミラーガーニッシュ」や特別仕様の20インチホイールを装着。SUVらしさを失わない絶妙なライドハイトを車高調整式サスペンションで実現し、そのブレーキキャリパーもマッド塗装するなど、小技も効かせていた。 インテリアにはアルミペダルセットやウェルカムランプ、イルミネーション付きのスカッフプレート、消臭機能付き!のフロアマット等を用意して、どちらかといえば大人しめなCX-5のプレミアム感を底上げ。ノーマルではコストが掛けられなかった部分を補うという意味では、カスタマイズのお手本といえる内容となっていた。 ちなみにこのCUSTOM STYLEはCX-5以外にも展開。シックな内装を持つ「CX-3 Noble Brown」や「デミオ Tailored Brown」に同様のドレスアップとローダウンを施すだけで、その魅力は一気に底上げされた。 またロードスターRFはエアロパーツ以外にもデコレーションパネルやドアトリムにアルカンターラを用いて、スポーツカーらしさを強調...

  • Featured: 【東京オートサロン2017】マツダ史上初!! 実車の発売前にマツダ「CX-5」のモデルカーが販売開始!! 「ロードスターRF」も登場
    2017年01月15日 05時00分

    マツダは東京オートサロン2017の会場で新開発のモデルカーやグッズの販売を行った。 今回も、クルマを購入した人にプレゼントされるような通常店頭では販売されないこだわりのモデルカーが多数出展されていたので紹介しよう。...

  • First Drive: 【試乗記】マツダCX-5、新型車でいきなり雪上試乗!:斎藤聡
    2017年01月06日 16時00分

     発売に先駆けて、CX-5のプロトタイプで雪上を走ることができたので報告しよう。  新型車でいきなり雪上・・・だったのだが、それでもCX-5のモデルチェンジは性能の作り込み、完成度の高さが印象的といえるほど明瞭で、深化というに相応しいものだった。一見すると、ビッグマイナーか? と思えるくらい大きな違いは見いだせないのだが、乗ると、ほぼすべてが洗練され、新しくなっている。  例えばエクステリア。シルエットはほとんど同じに見えるとが、比べると明らかにキレがよく、シャキッとした鮮度がある。じつはフロントピラーを35mm後退させて、フロントアクスル(車軸)とAピラーの位置を適正化。ボディとタ前後タイヤ位置のバランスを整えている。またその結果、ドライバーとフロントウインドウの視野角を広げ視界を良くしている。  薄くシャープになったヘッドライトは、12分割されたLEDによって対向車に対して自動で減光を行うアダプティブヘッドライトも採用している。大きく変化しているのだが、量ではなく質というのが新型CX-5のモデルチェンジに共通するテーマである。そんなふうに感じられた。  インテリアは、水平基調のデザインが採用されていて、インパネからダッシュボードに続く水平のスッキリした造形とし、センターコンソールはやや幅を持たせ安定感を演出することでタフなSUVらしさも感じさせている。  運転席に座りステアリングを握ると、独特の落ち着き感というか、安心感がある。しかも、着座したシートは、シート形状がよく、拘束感がないのにホールド性が良く、体が自然に収まる感覚がある。手足を伸ばした先に、正対してステアリングとペダル類がレイアウトされているので手足の位置がスッキリ決まる。マツダではペダルレイアウトが運転のしやすさを作り出すと考えており、CX-5ではペダルレイアウトまで入念にチューニングしたのだという。  入念なチューニングという意味ではエンジンも同様だ。エンジンバリエーションは従来通り、2.2Lディーゼルターボ、2.5Lガソリン、2Lガソリンが用意されている。  2Lには今回手を触れていないが、2.5Lガソリンは、ピストンリングの外周上側のRを大きくし、下側のRを小さくした上下非対象とすることで、ピストンの摺動抵抗を低...

  • Official: マツダ 東京オートサロン 2017に「ロードスター RF」等のカスタマイズ・モデルを出展
    2016年12月25日 05時00分

    マツダは、来年1月13日から15日まで千葉県幕張メッセで開催される「東京オートサロン 2017」の出展概要を発表した。「CUSTOM STYLE 2017」と名付けられた各市販モデルをベースとするカスタム車両や、発売を控えた新型「CX-5」と発売されたばかりの「ロードスター RF」の展示に加え、開発スタッフやデザイナーによるトークセッションが行われるという。...

  • マツダ、同乗者の「走る歓び」も高まる新型「CX-5」を発表! 先行展示イベントも開催
    2016年12月17日 19時00分

    マツダは15日、フルモデルチェンジした新型「CX-5」を発表。同日より受注を開始した。発売は2017年2月2日になる予定だ。 CX-5初となる今回のフルモデルチェンジでは、好評を博した先代からプラットフォームや基幹コンポーネントを受け継ぎつつ、デザインと技術を磨き上げ、全面的に進化/深化させるという方向性が採られた。マツダのエンジニアも「これといった飛び道具に頼るわけでなく(笑)、お客様からの要望や今まで自分たちでも不満に思っていたところを、できるだけ改善させた」と仰っていた。 高められた快適性 特にフォーカスされたのが、同乗者の快適性だ。マツダが掲げる「走る歓び」には、ドライバー以外の乗員が感じられる「歓び」も含まれなければならないという考えである。メカニカル面を担当するエンジニアの方が「自分たちで乗ってもちょっと酷いんじゃないかと思っていた」という後部座席は、リクライニング機構を採用した上で傾き角度を見直し、さらにシート内部のウレタンフォームや座面の形状も含め、前席と同レベルの"座り心地"になるように改善したという。 また、空力や部品の形状を最適化して騒音・振動の発生を抑えると共に、車内は遮音だけでなく音の反射を打ち消すなどの対策によって静粛性も高められた。これに関してはもちろんパワートレインの改良も重要であり、「SKYACTIV-D」ディーゼル・エンジンにはノック音を低減するマツダ独自の技術「ナチュラル・サウンド・スムーザー」と「ナチュラル・サウンド 周波数コントロール」が新たに採用されている。 前席の快適性については、人間が歩く時に自然に身体を傾けて目線が動かないようにバランスを取っていることをヒントに、シートバックに体圧を分散できるサスペンションマットを採用。高くワイドなセンターコンソールは、乗員の腰下をしっかりサポートする役目を担う。運転における快適性も引き上げられており、マツダが「アクティブ・ドライビング・ディスプレイ」と呼ぶヘッドアップ・ディスプレイは、これまでの車種では眼前に立ち上がる透明アクリル板に情報が表示されていたのに対し、新型CX-5では新たにフロント・ガラスに照射するタイプが採用された。他にもシフトノブの位置をステアリングからの持ち替えが楽になるように60mm高くしたり、視認性を高めるため...

  • Official: マツダ、新型「マツダ CX-5」の生産を開始
    2016年12月01日 22時00分

     マツダは、本社宇品第2工場(広島市南区)で先月LAオートショーで発表した新型クロスオーバーSUV「マツダ CX-5」の生産を開始した。2017年2月より日本国内での販売を開始し、順次グローバルに導入予定。...

読み込み中

Loading