Crossover News - Autoblog 日本版

crossover

  • Official: タフに使える7人乗り!! スバル「クロスオーバー7」に「X-BREAK」が追加!!
    2017年03月16日 06時00分

    富士重工業は、スバル「クロスオーバー7」に改良を施し2017年4月3日より発売すると発表した。 今回の改良では、特別仕様車「X-BREAK」を追加した。既にフォレスターで人気グレードの「X-BREAK」は、スポーティかつカジュアルな内外装とタフに使える機能性が特長のモデル。 エクステリアでは、ダークグレーメタリック塗装の「X-BREAK」専用17インチアルミホイールやクロスオーバー7のロゴ(オレンジ)入りのサイドクラッディング、「X-BREAK」リヤオーナメントを装備している。 インテリアでは、実用性の高い撥水ファブリックと合成皮革を組み合わせたシートや、タフに使えるリバーシブルカーゴフロアボード等の機能装備を採用。 内外装の機能性とファッション性を高めながら、256万円(税抜)とお買い得な価格を実現したモデルとなっている。...

  • Detroit: 【北米国際オートショー2017】メルセデス・ベンツ「GLAクラス」、AMGモデルも含めスタイリングや機能がアップデート!
    2017年01月16日 18時00分

    「メルセデスAMG GT」のアップデートほどエキサイティングなニュースではないかもしれないが、コンパクトSUVの「GLAクラス」にも改良が施されたのでお知らせしよう。現在開催中の北米国際自動車ショーで、新しくなった「GLA 250」「GLA 250 4MATIC」「メルセデスAMG GLA 45 」の全3モデルが出展されている。...

  • Detroit: 【北米国際オートショー】日産、欧州で人気の高い「キャシュカイ」を「ローグ スポーツ」という名前で米国に導入
    2017年01月12日 06時00分

    日産が北米市場で販売している「ローグ」(日本や欧州では「エクストレイル」の名前で販売)の2017年モデルは、スタイリングがリフレッシュされ、ハイブリッドモデルも追加されたのだが、その弟分としてよく似た外観の5人乗りSUV「ローグ スポーツ」が、現在開催中の北米国際オートショーで発表された。 実を言うと、このローグ スポーツは同社が欧州で販売する「キャシュカイ」をそのまま輸入してきたようなクルマなのだが、こうして我が国でも正式にこのスタイリッシュなSUVが導入されることになったわけだ。同車はルノー・日産が共同開発したエンジニアリング・アーキテクチャー「コモン・モジュール・ファミリー」(CMF)をベースに設計されており、ホイールベースはローグより2.3インチ(約60mm)だけ短い。ただし、全長は12.1インチ(約310mm)もコンパクトだ。「ヴァーサ セダン(日本名:ラティオ)」と比べても3インチ(75mm)ほど小さい。だからといって窮屈というわけではない。キャラクターラインを効かせたボディの全幅は、中型車のローグと同じくらいワイドだからだ。...

  • Detroit: 【北米国際オートショー2017】フォルクスワーゲン、ロングホイールベースで3列シートを備えた「ティグアン オールスペース」を発表
    2017年01月12日 05時00分

    我々がスウェーデン北部の凍った荒野に編集者を送り込み、あるクルマの欧州向けバージョンを試乗させたのは、昨年2月のこと。そのクルマとは、フォルクスワーゲン(VW)の2代目「ティグアン」。このCUVの北米上陸は2017年夏まで待たなければならないことが分かっていたため、早々に押さえておいたのだ。その上陸が近づいた今、米国市場向けにロングホイールベース仕様となった「ティグアン オールスペース(Tiguan Allspace)」が、現在デトロイトで開催中の北米国際オートショーで発表された。...

  • Detroit: 【北米国際オートショー2017】シボレー、広い室内空間と力強い外観を備えた新型「トラバース」を発表
    2017年01月11日 06時00分

    販売開始から約9年の時を経て、シボレーはついに今月8日から開催されている北米国際オートショーで新型「トラバース」を発表した。相対的に言えば、この9年でライバル勢は大半が少なくとも1回はモデルチェンジを行ったため、現行モデルのトラバースは型落ちとなったのだ。新型トラバースは米国で今秋に発売される予定だ。...

  • Detroit: 【北米国際オートショー2017】アウディ、クーペとSUVを融合させた「Q8」コンセプトを発表
    2017年01月11日 05時00分

    アウディは北米国際オートショー2017で「Q8コンセプト」を発表した。これは我々の予想した通り、大型SUV「Q7」に、枠なしのサイドウィンドウと特大グリル、そしてスタイリッシュで"クーペのような"ルーフラインを備えたようなクルマで、BMWが誇るラグジュアリーSUV「X6」やメルセデス・ベンツ「GLEクーペ」に対抗するために、間違いなく市販化されるであろうモデルを誇張したコンセプト・モデルだ。...

  • Report: GM、過剰な在庫を減らすため来年1月に米国の5工場で生産を一時停止
    2016年12月24日 17時00分

    ゼネラル・モーターズ(GM)は、米国内の5つの工場で在庫を70日分に減らすため、来年1月に減産することを発表した。このことは米国におけるセダン人気の陰りを浮き彫りにしている。...

  • Report: NextEV、「テスラ並みの性能でトヨタに近い価格」の電動SUVを計画中
    2016年12月13日 10時00分

    今後は自動車メーカー各社から、テスラ「モデルX」に対抗するSUVの電気自動車(EV)が相次いで発売される予定だが、アウディやメルセデス・ベンツ、ジャガーに続き、新興企業のNextEVもこれらのメーカーの仲間入りするつもりらしい。自動車情報メディア『Automotive News』によると、中国の上海を拠点とする同社は、先日発表した最高出力1,360psの電動ハイパーカー「EP9」以外に電動SUVの販売を計画しているという。彼らの計画では、このクルマはテスラと競い合える性能を持ちながらも、トヨタ車に近い価格帯になるそうだ(無謀に思えるが)。このSUVは、NextEVが"世界最速のEV"と豪語するEP9と共に、NIOブランドで発売される予定だ。...

  • Official: 【ビデオ】アウディ、人工知能によって自動的に駐車を行うモデルカーを公開
    2016年12月08日 10時00分

    アウディは12月5日、スペインのバルセロナで開催中の「神経情報処理システム(NIPS)」に関する国際会議で、「Q2 ディープ ラーニング コンセプト」とその人工知能技術を初公開した。同社の開発したこの特別なアウディ Q2は、駐車スペースを見つけてそこへ移動し、外部の助けなしに自動的に駐車を完了できる機能を搭載している。しかし、このクルマは小さすぎるため人が乗ることはできない。実はこのQ2は、実車の8分の1スケールの電動モデルなのだ。しかし、その内部に搭載されたテクノロジーは、将来スケールアップしていくに違いない。...

  • Los Angeles: ジープの名に相応しいコンパクト・クロスオーバーとして生まれ変わった、新型「コンパス」が登場
    2016年11月23日 10時00分

    ジープはついに「コンパス」を正しい方向へと導いたようだ。このコンパクト・クロスオーバーが「パトリオット」と並び、2007年モデルイヤーとして最初にデビューした時にはひどいものだった。初代コンパスはジープに見えず、オフロード車としての信頼性も乏しく、走らせて楽しいクルマとは言い難かった。誰が見ても失敗作だった。それが2011年のミッドサイクルのリフレッシュで多少改善し、2014年には不評だったCVTが6速ATへと変わり、後期モデルはコンパス史上最高のモデルとなった。しかし、"最高"だったのもこれまでの話だ。...

読み込み中

Loading