YAMAHA News - Autoblog 日本版

YAMAHA

  • Motorsports: 【MotoGP2017】ヤマハに移籍したビニャーレスがシーズン開幕戦で優勝!
    2017年03月27日 15時00分

    M.ビニャーレス(Movistar Yamaha MotoGP)が、2017シーズン開幕戦カタールGPで優勝し見事なヤマハ・デビュー飾った。2位にはA・ドヴィツィオーゾ(Ducati MotoGP)、3位はV・ロッシという結果となった。 雨で予選セッションが全てキャンセルとなり、前日までのフリー走行の総合タイムでグリッドを決めることとなった、波乱の幕開け野中、M・ビニャーレスがMotoGP初のポールポジションを獲得。しかし、ビニャーレスは、そのアドバンテージを十分に生かすことはできず、素早く飛び出して2番手で第1コーナーに進入し、混乱のなかで5番手まで後退。その後少しずつペースを上げコンディションのフィーリングをつかみ、追撃開始。 6ラップ目、ルーキーながらも、ファステストラップを刻みながらトップを走行していたJ・ザルコ(Monster Yamaha Tech 3)が転倒し、前を行くA・イアンノーネ(Team SUZUKI ECSTAR)との差を詰め、背後に迫ってプレッシャーをかけると、11周目にイアンノーネがビニャーレスの目の前で転倒。勢いに乗ってM・マルケス(Repsol Honda Team)をパス、さらにトップのA・ドヴィツィオーゾ(Ducati MotoGP)を追った。 果敢な走りで1.2秒の差を一気に詰めると、14周目トップに浮上。ロングストレート・エンドではドヴィツィオーゾが抜き返すが、ビニャーレスはヤマハYZR-M1の特性である敏捷性をフルに引き出して対抗。残り5ラップは、ふたりの激しいバトルとなったが、最終ラップではビニャーレスが自己ベストの1分56秒157を記録してトップチェッカー。ドヴィツィオーゾとの差は0.461秒。 最高峰クラスにおいて、異なるメーカーのマシンで優勝したライダーとしては、M・ヘイルウッドに次いで2番目の若さ。 チームメイトのロッシは予選10番手、グリッド4列目からのスタートを強いられたが、シグナル消灯とともに飛び出し、第1コーナーでの接触もものともせず7番手へ浮上。2ラップ目には全車中、最速ラップを記録してD・ペドロサ(ホンダ)を追跡。トップグループがリードを広げ始めたころで、4周目ペドロサをパスしてビニャーレスの背後につけた。 ザルコとイアンノーネが転...

  • Official: ヤマハ発動機、除草剤散布用の無人ボート「WATER STRIDER」を発売
    2017年03月15日 21時00分

     ヤマハ発動機は、水稲栽培での"田植"や"直播"の前後に遠隔操作で除草剤散布作業ができる無人ボート「WATER STRIDER」(ウォーターストライダー)を開発し、4月25日に農業関係者に向けて発売する。  「WATER STRIDER」は、水田を滑走しながら除草剤を船底から散布する全長約1.6mの無人ボートで、エンジン駆動のプロペラによる風で推進し、操縦は免許不要の専用送信機で行う。  「WATER STRIDER」は、長年培ってきた艇体技術の一つであるFRP加工技術を活かして設計、視認性を向上させたグラフィックのデザインとした。 「WATER STRIDER」の特徴は、業界初の着脱式カセットタンクを採用し、迅速な薬剤補給が可能となった。軽量ボディと艇体形状による滑走性と旋回性(水深5cm以上で滑走可能)。ボート開発技術を応用した画期的な衝撃吸収材を採用した。  ヤマハ発動機は、1987年産業用無人ヘリコプターを発売し、除草剤・殺虫殺菌剤などの散布に加え、近年では空中から籾(もみ)を直接撒く直播もおこなうなど広く農作業で利用されている。 約30年にわたる無人ヘリの水稲生産現場への導入・実用化を通じて得た経験と、ボート製造のノウハウを取り入れた無人ボートをラインアップに追加し、一層農業の効率化・低コスト化に貢献する。 「WATER STRIDER」の希望小売価格(消費税込み)は、972,000円。年間販売計画は150台。 ...

  • Official: YAMAHA、クロスプレーン型クランクシャフト採用のスポーツモデル、MTシリーズの最高峰「MT-10」&「MT-10SP」を発表
    2017年03月13日 18時00分

     ヤマハ発動機株式会社は、クロスプレーン型クランクシャフトを備えた997cm3水冷・直列4気筒エンジンを搭載したスポーツモデル「MT-10」および上級モデルの「MT-10SP」を5月16日から発売する。...

  • Official: YAMAHA、スポーツコミューター「TMAX530」の2017年モデルを発売。電子制御スロットル、軽量フレームの新採用などで走行性能がさらに進化
    2017年03月09日 13時30分

     ヤマハ発動機株式会社は、水冷・直列2気筒530ccエンジンを搭載する、スポーツコミューター「TMAX530」をモデルチェンジし、4月7日から発売する。...

  • Official: YAAMAHAから、スタイルと走りの良さで人気のスクーター「NMAX」の155ccモデル「NMAX155」が誕生!
    2017年03月09日 13時00分

     ヤマハ発動機株式会社は、"走りの楽しさ"と"燃費・環境性能"を両立させる、155ccの『BLUE CORE』エンジンを搭載するスクーターの新製品「NMAX155」を4月25日より発売する。...

  • Official: ヤマハ発動機、スノーモビル2018年モデル「VK Professional II EPS」を発売
    2017年03月01日 20時00分

     ヤマハ発動機は、EPS(電動パワーステアリング)を採用した「VK Professional II EPS」をはじめ、スノーモビル国内向け2018年モデル3機種を、3月1日から予約受付を開始、11月1日に発売する。  「VK Professional II EPS」の新しい特長は、1)ステアリング操作の軽快感と軽量感の向上と、荒れた雪面でのステアリング安定性を確保し、操縦者の疲労軽減に貢献するEPS、2)形状やサイズなど徹底的に調整し、深雪の走破性向上と様々な雪面に対して優れたハンドリング性能を引き出す新設計スキー、3)EPS作動時に点灯する「EPSインジケーター」と、環境に配慮した運転をしている時に点灯する「ECOインジケーター」を、新たに配したスピードメーター。  スノーモビルの国内市場は年間約600~800台で推移し、主に降雪地での移動・運搬、スキー場や営林署・電力会社等でのパトロールなどで使用されている。 「VK Professional II EPS」の希望小売価格(消費税込み)は、1,539,000円。3機種合計の年間国内販売計画台数は、150台。...

  • Official: ヤマハ「MT-07 」の2017年モデルを発売。「MT-07 ABS」には鮮やかなカラーホイールを採用
    2017年02月28日 07時30分

     ヤマハ発動機株式会社は、688ccの直列2気筒エンジンを搭載し、独創的なスタイルで人気の「MT-07 ABS」、「MT-07」のカラーリングを変更し、2017年2月15日より発売を開始した。 ...

  • Official: ヤマハ「MT-09 ABS」と「MT-09 TRACER ABS」の2017年モデルを発売
    2017年02月28日 07時00分

     ヤマハ発動機株式会社は、45cm3の直列3気筒エンジンを搭載した、ネイキッドとスーパーモタードの"異種混合"スタイルと優れた走行性で人気の「MT-09 ABS」をマイナーチェンジし、さらに、さまざまなシーンでスポーティかつ快適な走りを楽しめる「MT-09 TRACER(トレーサー)ABS」の2017年モデルを2月15日より発売を開始した。...

  • Motorsports: スーパーバイク世界選手権が開幕! ジョナサン・レイがダブルウイン、今年もKAWASAKIがイケイケか?
    2017年02月27日 21時00分

     スーパーバイク世界選手権(以下SBK)が先週末開幕した。第一戦が行われたのは、オーストラリアのフィリップアイランド。結果を先に言ってしまうと、昨年、一昨年前のチャンピオンである、カワサキのジョナサン・レイが1、2レース共に制覇するダブルウィンという結果となった(写真は2016年シーズンより)。  SBKとは、市販車をベースに、レース用に規定内でモディファイして参戦する、各メーカーのフラッグシップ機が鎬を削り合っている世界最高峰のプロダクションレースだ。ヨーロッパを中心に、今年は13レースが行われ、毎レース土曜日と日曜日に決勝が行われる2ヒート性となっている。  参戦マシンのレギュレーションは、4ストローク2気筒1200cc以下、または3&4気筒1000cc以下のエンジンを搭載した市販車ベースが基本。HondaのCBR1000RR、ヤマハのYZF-R1、カワサキのXZ-10R、BMWのS1000RR、アプリリアのRSV4 RF、 MVアグスタの1000 F42、ドゥカティのPANIGALE Rが参戦をしている。こんなことから、レースに使用されているマシンのオーナーたちは、見逃せない胸熱のバイクレースでヨーロッパでは大人気! なのだが残念ながら現在のところ、日本では開催されていない...。かつてはランキング2位にまでなり、欧州では絶大な人気を誇る芳賀紀行や加賀山就臣など、2012年までは日本人選手も活躍をしていたが、MotoGPと同じく、現在最高峰クラスで活躍している日本人選手が居ない、というのも悲しい事実なのだが...。 2017年度、主なワークス参戦チームとライダーはこちら。 ■KAWASAKI RACING TEAM(ZX-10R) #1 ジョナサン・レイ(Jonathan Rea)、#66 トム・サイクス(TOM SYKES) ■ARUBA.IT RACING – DUCATI(PANIGALE R) #7 チャズ・デイビス(CHAZ DAVIES)、#33 マルコ・メランドリ(Marco Melandri) ■PATA YAMAHA OFFICIAL WORLDSBK TEAM(YZF-R1) #22 アレックス・ローズ(ALEX LOWES)、#60 マイケル・ファン・デル・マー...

  • Official: YAMAHAの125ccスクーターでトップの低燃費を実現。軽くて扱いやすい新型「アクシス Z」を発表
    2017年02月25日 15時00分

    ヤマハ発動機株式会社は、"走りの楽しさ"と"燃費・環境性能"を両立させる"BLUE CORE"エンジンを搭載した125ccスクーターの新製品「アクシスZ LTS125」を4月25日より発売することを発表した。 ...

読み込み中

Loading