XD News - Autoblog 日本版
  • Featured: 【試乗記】マツダ CX-5、引き算の美学で生み出されたデザイン、人車一体の感覚を盛り込んだハンドリング:木下隆之
    2017年03月17日 17時00分

     このところ強烈にブランド力を高めているマツダの最新作品が「CX-5」である。全てのモデルを、光沢と深みのあるソウルレッドでイメージ統一するなど、斬新な手法で存在感を得ているマツダの主力車種がこれ。試乗した印象からすると、これから街に溢れるであろう予感が強くするのだ。これは間違いなく売れる、そう思わせてくれた。  デザインがまず整っている。どこにも破綻がないのだ。マツダの最新アイデンティティとなる顔つきだから、正面から眺めればそれがマツダのモデルだと誰もが気づく。だがそれだけではない。全体的なシルエットも最近のマツダに統一した造形なのだ。  新型CX-5はライト類を横長に細め、眼光を鋭くした。だが、強烈な印象を残すのはそこだけだ。ボディ全体には派手な突起やこれ見よがしの隆起や、あるいはアイキャッチとなるようなポイントがない。 「引き算の美学」   マツダのデザイナーは自らのコンセプトをこう呼ぶ。最近は各社、押し出しの強いデザインが好みのようだが、それとは背を向ける。一つの塊からシルエットをつくりだしてから、一筆二筆を足していく手法が目立つ。それは飽きのこないデザインだというのだが、マツダの引き算の美学で生み出されたCX-5こそ、シンプルがゆえに長く付き合えるような気がした。 <先代 / 現行>  それでも、先代に比較してAピラーポストを35mm後退させるなどで、ノーズが長く見えるようになった。SUV特有の、ともすればずんぐりと凡庸に見えるシルエットから脱却している。車格感が高まったような印象を受けるのだ。  ちなみに、マツダがイメージ戦略上統一していたソウルレッドは、CX-5になって微妙に変化させている。光や角度によって表情を変えるそれは、CX-5になってよりクリスタル度が高まっている。  大人になった印象は、コクピットにも表れていた。これまでのような、どこか大衆車的な香りが薄らいでいる。インテリアも引き算の美学でデザインされているようで、派手な凹凸は少ない。ここもシンプルなのだ。  だが、シート素材や細部のデザインには手が加えられているし、ダブルステッチの縫い合わせを採用するなど、高級感が加わったと思える。...

  • Official: マツダ、「マツダ デミオ」の商品改良車および、特別仕様車「Tailored Brown」の販売予約開始
    2016年10月18日 20時00分

     マツダは、「マツダ デミオ」の商品改良車、特別仕様車「Tailored Brown(テーラード・ブラウン)」を11月17日より販売を予定し予約開始した。  『デミオ』は、"車の価値はボディサイズに比例する"という既成概念を打ち破ることを目指し、2014年に当時のマツダが持つ最新の技術を全面的に採用して発売された。今回の商品改良においても、新世代車両運動制御技術「SKYACTIV-VEHICLE DYNAMICS」の第一弾「G-Vectoring Control」、「アクティブ・ドライビング・ディスプレイ(フルカラー)」、夜間視認性を高める「アダプティブ・LED・ヘッドライト」など、「人間中心の開発哲学」の考えを基に開発されたマツダの最新技術を「SKYACTIV-G 1.3」搭載車、「SKYACTIV-D 1.5」搭載車に凝縮させた。  デザインは、内装の意匠を大幅に変更し、「色」の使い方と仕立ての良さに徹底的にこだわったコーディネートへと深化させた。先鋭的な世界観を継続的に提案する特別仕様車第四弾として、やわらかく上質なアート空間を表現した「Tailored Brown」を新たに設定した。 ...

  • Official: 『マツダ CX-3』の商品改良車を発表、特別仕様車『XD Noble Brown』を同時に発売
    2016年10月17日 20時00分

    マツダは、コンパクトクロスオーバー「マツダ CX-3」の商品改良車および特別仕様車「XD Noble Brown」を11月24日より販売を予定し、予約を開始した。 ...

  • 【ビデオ】iTunesでゲット! 「86」など5モデルが用意されたサイオンのペーパークラフト
    2012年12月19日 15時00分

    今回、日本人アーティストのShin Tanaka氏とサイオン(トヨタの米ブランド)がコラボし、同社の5つのモデルがかわいいペーパークラフトになったのでご紹介しよう。...

  • 生産終了になったはずのサイオン「xB」がマイナーチェンジをして復活!
    2012年12月13日 04時00分

    今年4月に生産中止が発表されたサイオンのハッチバック「xB(日本名:カローラルミオン)」と「xD(日本名:ist)」。当時、副社長みずから「マイナーチェンジモデルの生産予定はない」と明言していたが、このほどトヨタが発表した2013年の価格改定リストにサイオンxBが含まれていることがわかった。...

読み込み中

Loading