2017 News - Autoblog 日本版

2017

  • Official: モーター駆動が当たり前の時代へ!? トヨタ「プリウスPHV」が月販販売目標の約5倍を1ヶ月で受注!!
    2017年03月19日 06時00分

    トヨタは、新型「プリウスPHV」の受注台数が、2月15日の発売からおよそ1カ月にあたる3月16日時点で、月間販売目標2500台の約5倍となる約12,500台と、好調な立ち上がりとなっていることを発表した。 当初発売予定となっていた2016年秋から販売延期となっていた影響もあるかもしれないが、先代モデルが国内で累計約2万台程度の販売台数だったことを考えると絶好調といっても良いだろう。 主な好評点としては、アクセルを踏み込んでも電気のみで走る高いEV走行性能、4灯式LEDヘッドランプ・大型フロントアクリルグリルやダブルバブルウィンドウなど、プリウスPHV独自の先進的デザインとのことだ。 先代モデルは価格差があった割には、ベースのプリウスと見た目やPHV以外の装備に大きな違いがなかったが、今回のモデルでは大きく違うエクステリアと縦型の大型ディスプレーが装着されたグレードを設定するなど違いが明確でオーナーの心をクスグル仕様になっている点もあるだろう。 正直、プリウスの販売台数(販売目標台数12,000台)と比較するとまだまだ少ない台数だが、ハイブリッドと言えばプリウスという時代から、ハイブリッドは当たり前という時代になってきた中で、今後は、プリウスPHVこそが、プリウスを選ぶ理由になってくるだろう。...

  • Official: アクセントカラーでデザイン性がUP!! スバル「フォレスター」の人気グレード「X-BREAK」に「カラーアクセント仕様」が追加
    2017年03月17日 18時00分

    富士重工業は、スバル「フォレスター」に改良モデルを、2017年4月3日より発売すると発表した。 スポーティかつカジュアルな内外装とタフに使える機能性を持った人気グレード「X-BREAK」には、今回新たに、エクステリアのデザイン性を高めた「カラーアクセント仕様」を追加した。 ダークグレーメタリック塗装の専用17インチアルミホイール、オレンジの加飾を施したフロントフォグランプカバーとサイドクラッディングに加え、X-BREAKリヤオーナメントやブラックのルーフレール等を採用し、より躍動感のあるエクステリアに仕上げながらも、従来の「X-BREAK」と同一価格というお買い得なモデルとなっている。 ...

  • Official: タフに使える7人乗り!! スバル「クロスオーバー7」に「X-BREAK」が追加!!
    2017年03月16日 06時00分

    富士重工業は、スバル「クロスオーバー7」に改良を施し2017年4月3日より発売すると発表した。 今回の改良では、特別仕様車「X-BREAK」を追加した。既にフォレスターで人気グレードの「X-BREAK」は、スポーティかつカジュアルな内外装とタフに使える機能性が特長のモデル。 エクステリアでは、ダークグレーメタリック塗装の「X-BREAK」専用17インチアルミホイールやクロスオーバー7のロゴ(オレンジ)入りのサイドクラッディング、「X-BREAK」リヤオーナメントを装備している。 インテリアでは、実用性の高い撥水ファブリックと合成皮革を組み合わせたシートや、タフに使えるリバーシブルカーゴフロアボード等の機能装備を採用。 内外装の機能性とファッション性を高めながら、256万円(税抜)とお買い得な価格を実現したモデルとなっている。...

  • Featured: マツダ「アテンザ」にオープンモデルが登場!? マツダらしいオープンモデルを作るためのこだわりとは!?
    2017年03月06日 09時00分

    ついに、マツダ 「アテンザ」 にオープンモデルが追加か!? と思ったが、残念ながら量産モデルではなく、この車両はパレード等で使われるために作られた特装車なのだ。 量産モデルでは、4人以上乗れるオープンカーもあるが、4ドアのオープンカーは筆者の知る限りではなく、あってもこのようなパレード用のセドリックやクラウン等の特装車ぐらいだろう。それだけにこの4ドアのオープンカーのスタイリングは目新しさを感じる。 ちなみに、このアテンザのオープンモデルは、広島東洋カープの優勝パレードや東京消防庁の出初式に登場するなど全国的に活躍しているとのことだ。 リアシートは2点式シートベルトに改められ、左右後部にピラーのないすっきりした状態になっている。 一見、残念に思えるのが、前席と後席の間にそびえる、凄く存在感のある太いピラー。屋根がなくなった分、横転に備えて剛性の高いピラーが必要ということもあるだろうが、そもそもパレードに使うモデルなのだから、横転するような走行はしないはず。それなら思い切って、他のパレード専用車のようにピラーレスにしても良かったのでは!? 実はこのピラーには、マツダのこだわりが盛り込まれているとのことなのだ。...

  • Official: トヨタの「MIRAI」に続く燃料電池車はコレ!! メリットいっぱいの「トヨタ FCバス」を都バスから実用化開始!!
    2017年02月27日 05時00分

    トヨタは、トヨタブランドで販売する最初の燃料電池バス(以下、FCバス)を、東京都交通局へ納車した。今回納車した「トヨタFCバス」は、3月に納車予定の2台目と合わせ、3月より東京都営バスとして運行される予定となっている。 トヨタは、2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて、東京を中心に100台以上のFCバス導入を予定しているとのこと。 トヨタFCバスは、燃料電池自動車(FCV)「MIRAI」向けに開発したシステム「トヨタフューエルセルシステム(TFCS)」を採用しており、内燃機関に比べてエネルギー効率が高いことに加えて、走行時にCO2や環境負荷物質を排出しない優れた環境性能を実現している。 さらに「ノンステップ基準」に合致しており、高齢者や児童が容易に乗降できるバスとなっている。 また、大容量外部電源供給システムを採用。最高出力7.2kWかつ大容量235kWhの電力供給能力を備えており、災害などの停電時に、学校体育館等の避難所や家電の電源としての利用が可能となっている。...

  • Official: 12万円の流木(!?)から2,000万円の岩(!!)まで 日産の「XTREME COLLECTION」で価値ある商品を、地の果てからお取り寄せ!!
    2017年02月26日 05時00分

    日産は、期間限定で開設した「NISSAN XTREME COLLECTION」で、2月21日より、 本企画最後の商品となる「激流産 アルプスの流木木材」の発売を開始した。 本商品は、 プロのカヤックライダーが北アルプス上流を下りながら命がけで探し出し、 一点一点選び抜いて届けてくれるという珍品。 長い歳月をかけて形作られた激流によるデザインは一見の価値ありとのこと。 世界に1つしか存在しない天然の傑作ということで、なんと販売価格は12万円(送料・税込)だ。 「NISSAN XTREME COLLECTION」は、 同社のSUV「エクストレイル」のタフなイメージ活用し、 「タフギア」というエクストレイルのキャッチフレーズから、 「地の果てからお取り寄せ」することをコンセプトとして、2月28日までの期間限定で開設された通販サイトだ。 販売されている商品は全5品。 これまで「自宅でロッククライミングを楽しむための岩」(2,000万円)、 「自宅で滝行を体験するための水」(40万円)、 「クライマー専用 落石バーベル&ダンベルセット」(15万円)、 「POWDER SNOW SET(日本三大雪山 利き雪セット)」(25万円)など、 走破性の高いエクストレイルならではの過酷な場所で採取したユニークな商品を販売してきている(価格はいずれも消費税・送料込み)。 今回「アルプスの流木木材」が販売スタート。 これにより「NISSAN XTREME COLLECTION」のラインナップが全て出揃ったことになる。...

  • Official: 空力性能も日中の存在感も高まる!! TRDからトヨタ「プリウスPHV」専用カスタマイズパーツが登場!!
    2017年02月21日 05時00分

    TRD(ティー・アール・ディー)ブランドでモータースポーツ活動及びカスタマイズパーツ展開を行うトヨタテクノクラフトは、2月15日よりトヨタ「プリウスPHV」のカスタマイズパーツの発売を開始した。 先進的なイメージを高めるエアロパーツは、フロントスポイラー、サイドスカートなどが、プリウスPHV用として登場した。 画像は、フロントスポイラー下部にLEDライトを装備したモデル。このLEDはイグニッションONで常時点灯するタイプで、日中のドライブでの存在感も高めてくれる。ちなみに、LEDなしのモデルも用意されている。 リアでは、プリウス同様に、直進安定性と旋回時の姿勢効果が期待できるルーフガーニッシュが存在感を高めている。 プリウスPHV専用のリアビュースタイルとこのルーフガーニッシュで、街中にあふれるプリウスとの違いをアピールするのも良いだろう。...

  • Official: よりエモーショナルに、先進的に!! 「プリウスPHV」用カスタマイズパーツがモデリスタから登場!!
    2017年02月20日 05時00分

    トヨタモデリスタインターナショナルは、トヨタ「プリウスPHV」用のカスタマイズパーツを2月15日より販売開始した。 製品の開発コンセプトは、「EMOTIONAL ADVANCED STYLE」。プリウスPHVの先進的なイメージをさらに高め、スポーツカーと見紛うような情感あるスタイリングを創出するカスタマイズアイテムとしてPHV専用のエアロパーツを中心にラインナップされている。 エクステリアアイテムとしては、先進的でキレの良いスポーティなスタイリングを実現するフロントスポイラー、サイドスカート、リヤスカートの3点で構成される「MODELLISTAエアロキット」が登場。もちろん、単品でもセレクトできる。 また、ポイント装飾として定番のメッキの輝きにより上質さとプレミアム感を高めるガーニッシュセットの「クールシャインキット」、プリウスPHVの特徴的な切れ長のヘッドライトをより強調する「ヘッドライトガーニッシュ」も設定された。 足元のドレスアップとしては、エアロフィンを配したデザインとホイールナット部をカバーする大型センターキャップが特徴のアルミ&タイヤホイールセット「WingDancerⅦ」等がラインナップ。15~18インチまで幅広いニーズに応えてくれる。...

  • Featured: 【東京オートサロン2017】早くも登場!! 発売されたばかりのトヨタ「C-HR」のカスタマイズを一挙紹介!!
    2017年02月15日 18時00分

    昨年12月に登場し、2017年1月にSUV新車登録台数No.1を獲得したトヨタ「C-HR」のカスタマイズカーが早速東京オートサロン 2017に出展されていたので、一挙にご紹介しよう。 画像は、東京国際カスタムカーコンテスト2017でグランプリを受賞したMONZA JAPANの「AWESOME PINK・PINK C-HR」だ。こちらのモデルは、SUV部門でも最優秀賞を獲得している。 ピンククラウンならぬ、ピンクに塗られたC-HRはとにかく目立つ。12月に発売されたモデルなので、さすがに外装は、モデリスタのエアロパーツをベースにカスタマイズしたものとなっているが、インテリアは、カワイイ女子向けということで、ピンク一色にコーディネートして、この短期間に仕上げているのは脱帽だ。 エンブレムにスワロフスキーをワンポイントにあしらう等、細かいこだわりも最優秀賞を受賞したポイントの一つだろう。...

  • Featured: 【東京オートサロン2017】トヨタ「ヴェルファイア」をマイクロバスの「コースター」並みの7mにストレッチするとこうなる!!
    2017年02月14日 17時00分

    東京オートサロン 2017で注目を浴びていた車両の1台がビクトレックスのプレミアムラウンジ。一見普通の トヨタ「ヴェルファイア」 のカスタマイズカーに見えるが、実は、超ロングストレッチしたリムジンなのだ。 この通り、オートサロンの多数の来場客の中で、このアングルの画像を撮るのも一苦労するぐらい前後に長いことがお分かりになるだろう。 なんと全長が約7mクラスとのことで、トヨタのモデルの場合、コースターのロングボディ(6,990mm)と同じくらいの全長は存在感抜群。 運転席から、後席の乗り口が遠いので、運転手がスライドドアを開けに行くのが大変なくらいな距離があり、パワースライドドアのありがたみが最も実感できる車両でもあるだろう。...

読み込み中

Loading