pontiac 関連ニュース - Autoblog 日本版

ポンティアック

アメリカの自動車メーカー、ゼネラルモーターズ (GM) が展開するブランド

  • Auctions: バート・レイノルズが所有する『トランザム7000』に登場したポンティアック「トランザム」のレプリカがオークションに出品中!
    2017年01月20日 19時00分

    映画『トランザム7000(原題:Smokey and the Bandit)』ファンの皆さんに朗報だ。1月21日(現地時間)に開催されるバレットジャクソン・オークションで、1978年型ポンティアック「トランザム」のレプリカが出品される。これは実際に映画で使われた車両ではないが、バンディットを演じたバート・レイノルズが所有していたもので、彼のサイン入りだ。さらにこのクルマは、私たちの誰もが想像するようなトランザムの走りになるように、数々の改造が施されている。...

  • Etc: 映画『トリプルX』に登場する1967年型ポンティアック「GTO」をレンタルしよう!
    2017年01月18日 10時00分

    クルマをレンタルする際の手続きは少々面倒だったり、あるいは「本社に電話してお前をクビにしてやる」とクレームをつけたくなったりする。率直に言うと最悪なのだが、他には選択肢がないこともある。そこで今回ご紹介するのは、借りたい人と貸したい人を直接結びつけるサービス、いわゆるピアツーピア(Peer To Peer/P2P)・カーシェアリング・ネットワークを創り出した「Turo」だ。自宅や空き部屋を短期間だけ、仲介業者なしで旅行者などに貸し出せるサービス「Airbnb(エアビーアンドビー)」のクルマ版である。Airbnb同様、Turoが提供する品質とクルマの種類は場所によって異なる。例えば来週、米国アリゾナ州ツーソンに行く予定があるなら、映画『トリプルX』シリーズの最新作『XxX: The Return of Xander Cage(邦題:xXx<トリプルX>:再起動)』の公開前に、1967年型ポンティアック「GTO」コンバーチブルをレンタルしてみてはいかがだろう?...

  • Etc: いま廃車置場で注目を浴びている類のクルマ、2007年型ポンティアック「G5」を発見
    2016年11月06日 19時00分

    ポンティアック「G5」と言ってもご存じない方が多いかもしれない。米国ではシボレー「コバルト」のクーペをベースにポンティアック・ブランドで販売するために仕立てられた、いわゆるバッジエンジニアリング車だ。ベース・モデルでも最高出力148hpの2.2リッター・エンジンを搭載し、5速マニュアル・トランスミッションも選択できるという、なかなか速いクルマだったが、販売されてた期間は2007年から2009年までとかなり短かった。このG5とコバルトは、2年前にイグニッションスイッチの欠陥が発覚して以降、評判と感覚的な価値が著しく低下した。これはつまり、ちょっとした事故でも保険会社が"全損"と判断してしまうことを意味する。筆者が先日、米国デンバー周辺にあるセルフサービスの廃車置場で見つけたのは、そんな"さほど壊れていない"2007年型のG5だ。...

  • Etc: 木目調の装飾が懐かしい、1987年型ポンティアック「サファリ」を廃車置場で発見 
    2016年08月25日 20時00分

    1960〜70年代、米国製のフルサイズ・セダンをベースにしたステーションワゴンは、ファミリーカーの定番だった。シボレーの「キングスウッド・エステート」やフォードの「カントリー・スクワイア」、アメリカン・モーターズ(AMC)の「アンバサダー」など、こうしたクルマの多くは、ボディのパネルやトリムに、臆面もなく偽の木目調プリントが施されていた。しかし、そんなステーションワゴンは、1980年代後半になるとほとんど見られなくなってしまう。だから筆者が先日、デンバーの廃車置場で発見した87年型ポンティアック「サファリ」は、当時としても珍しい存在だった。 ...

  • Featured: これぞ真のオンボロ車! サンフランシスコの解体工場で見つけた1991年型ポンティアック「グランダム」
    2016年07月31日 19時00分

    筆者は廃車置場めぐりにかなりの時間を費やしてきた。本当にかなりの時間だ。その経験から、"真のオンボロ車"というものを見分ける術を学んだ。それは最後のオーナーが、そのクルマの価値が廃棄物同然になるまで、使い切ったかどうかによる。この1991年型ポンティアック「グランダム」は、つい最近サンフランシスコのベイエリアにあるセルフサービスの解体工場で見つけたものだ。3代目グランダムの最後のモデイルイヤーに当たるクルマで、オンボロ車と呼ばれるに相応しい全ての条件を満たしている。...

  • Featured: 【本日の質問】過去の名車から名前を受け継ぎ、最も評判を落としたクルマは?
    2016年07月30日 20時00分

    フォードが1974年にそれほどスポーティでもない「ピント」をベースに「マスタング」のバッジを貼り付けた時が、マスタングの評判が最も地に落ちた時期だった。また、クライスラーが名高い「タウン&カントリー」の名称を、機能的ではあるが魅力のないミニバンに付けた時には、多くの人々ががっかりしたものだ。しかし、かつての名車から車名を受け継ぎ、最もその名前を汚したクルマといえば、1988年のポンティアック「ルマン」だろう。GMは落ち目に拍車がかかっていた大宇(デーウ)のコンパクトカーを韓国から米国に輸入し、この名前を付けて発売したのだ。...

  • Video: 【ビデオ】路上でライダーと口論になりキレたドライバーが、クルマごとバイクに体当たり!
    2016年06月09日 20時00分

    5月30日、米国フロリダ州でオートバイに乗っていた男性とその同乗者が、路上でクルマのドライバーと口論になり、これが原因で酷い目に遭わされた。 地元テレビ局の『WTSP』によると、ライダーのジョー・カルデラーゾ氏は同日17時半ごろ、仲間とともにメモリアルデー(戦没者慰霊の祝日)のモーターサイクル・ラリーから帰る途中、非常に攻撃的なポンティアックのドライバーに絡まれてしまった。その場に居合わせたタンパ在住のエイブ・ガルシア氏によると、銀色のポンティアックがライダーたちを道路の外に追い出そうとしたのが口論の始まりだったという。ライダーたちはポンティアックに追いつき、両者は走行を止めて怒鳴り合いになった。今回紹介する動画は、この時点からガルシア氏が携帯電話のカメラで撮影したものだ。...

  • Video: 【ビデオ】レースマシンに生まれ変わったポンティアック「フィエロ」がサーキットを駆ける
    2014年10月26日 19時00分

    サーキットを走るミドシップ後輪駆動のスポーツカー。これを手ごろな価格で手に入れ、豊富なスペアパーツでカスタマイズできるなんて夢物語だと思うかもしれない。しかし、少し工夫をすることで、そんな夢を現実にすることが可能なのだ。今回は、少し手を加えて高性能なレースマシンに生まれ変わったポンティアック「フィエロ」をご紹介しよう。...

  • Video: 【ビデオ】米ドラマ『ナイトライダー』の主役が「ナイト2000」のレプリカをドライブ!
    2014年10月18日 20時00分

    先日、ジャスティン・ビーバーが1980年代の大ヒットドラマ『ナイトライダー』の「ナイト2000」に搭載された人工知能「K.I.T.T.(キット)」の声を新作映画で担当するという物議を醸しそうなニュースをお伝えした。今回は、映画の中に登場する象徴的なクルマとそれを愛する人々を紹介するWeb番組『theAficionauto』から、ナイトライダーファン必見の映像をご紹介しよう。...

  • Video: 【ビデオ】1968年型と2010年型の新旧ポンティアック「ファイヤーバード」を徹底比較!
    2014年10月05日 17時00分

    Autoblogでは、つい先日新旧ポンティアックの「GTO」対決をお伝えしたばかりだが、米インターネット番組『Generation Gap』が、今度はポンティアック「ファイヤーバード」をベースにした異なる2つの解釈を比較しているのでご紹介しよう。...