プジョー

フランス・パリを本拠地とする世界で最も古い自動車メーカーの1つ。現在ではシトロエンと共にヨーロッパ第2位の自動車メーカー「PSAプジョー・シトロエン・グループ」を構成する。19世紀半ばより工業製品を生産していたプジョーは、1989年に3輪蒸気自動車をパリ万博に出展。1891年、世界で最初に自動車を量産(4台)する。アルマン・プジョーによって自動車メーカー「オートモービル・プジョー」が設立されたのは1896年。機械的にはコンベンショナルながら、上質で耐久性の高い実用車の製造で知られる。世界的ヒットとなった「205」以来、日本でもセンスの良い小型車として認知され市場でも健闘。また、初期の頃からモーター・スポーツにも積極的に参加を続け、ラリーや耐久レースでは数々の優勝を記録している。

プジョー 車種名:

Indicates a Reviewed Model