Nissan

■シルフィ プロフィール
コンパクトセダンながら、クラスを超えた快適性や上質な居住空間を備えるのがシルフィ。ミニバンやSUVが人気を博す中、セダンに拘りをもって選択する人のニーズに応えるクルマとして、上質さや質感の高さが魅力のクルマに仕上げられている。

■エクステリアデザイン
X。スチールブルー

外観デザインは王道のセダンとしてバランスの良いワイド&ローを基本に、流麗さとダイナミズムを表現するとともに、クラスを超えた高品位なクォリティを備えている。ボディサイドには抑揚のあるパネルが採用され、フロントからリヤに通じるキャラクターラインがシャープな印象を与えている。ボディを横から見ると、居住性の高さを連想させるような大きなキャビンが印象的だ。

■インテリア
nissan
左:G ルグラン。内装色はブラック/右:広がり感を演出したインパネデザイン

内装は広がり感を演出したインパネデザインを始め、明るく見やすいファインビジョンメーター、木目調パネル、ソフトパッドなどが質感の高さを表現する。もちろん本格セダンにふさわしい豊かな空間の広がりや居住性も確保されている。広々とした室内空間を創造し、特に後席のニールームは足が組めるほどの余裕がある。ロングドライブでも開放感とくつろぎを感じられる空間と言っていい。

■走行性能
力強くスムーズな走りを愉しめる新開発MRA8DEエンジン

搭載エンジンは直列4気筒1.8Lの自然吸気DOHC。ワイドボディながらコンパクトクラスのシルフィにとっては車両重量に十分に見合った動力性能を発揮する。組み合わされるトランスミッションは副変速機付エクストロニックCVTだ。

   


■特徴
シルフィの特徴はバランスの良さにある。デザイン、品質感、快適性、走りなど、クルマに求められるさまざまな要素を高いレベルでバランスさせた本格セダンであるからだ。特定の要素でとがった性能を持つのではなく、総合的なバランスに優れたパッケージがシルフィの魅力だ。

nissan
リアシートは、3人で座っても足を組んでもゆとりがある。

シルフィの持つ上質さや室内空間の広さなどは、より上級のクルマから乗り換えても不満を感じないレベルにまで仕上げられており、静粛性なども含めて上級車並みの入念な作り込みがなされている。

走りの快適性が追求されたのもポイントだ。サスペンションに十分にストロークを与えることで、段差を超えるときの衝撃や振動の吸収性を向上させ、あれた路面でもフラットな乗り味を実現している。

Related Gallery:SYLPHY


シルフィ S (2WD)

メーカー希望小売価格(消費税込) 1,992,600 円
使用燃料 無鉛レギュラーガソリン
総排気量 1798 cc
最大トルク 174(17.7)/3600(N・m(kgf・m)/rpm)
駆動 2WD
最高出力 96(131)/6000(kW(PS)/rpm)
トランスミッション エクストロニックCVT
タンク容量 52 L
タイヤ・前 195/65R15 91S
タイヤ・後 195/65R15 91S
最小回転半径 5.2 m
全高 1495 mm
全長 4615 mm
全幅 1760 mm
ホイールベース 2700 mm
トレッド・前 1540 mm
トレッド・後 1540mm
最低地上高 165 mm
車両総重量 1505 kg
車両重量 1230 kg
乗車定員 5 名
燃料消費率 JC08モード(国土交通省審査値) 15.6 km/L

シルフィ のグレード間比較はコチラ

   


Autoblog 関連記事
日産、「シルフィ」の特別仕様車「G ルグラン」を1月22日より発売




日産から、フルモデルチェンジしたブルーバード...ではなく簡潔に「シルフィ」となって発売!