■NV350キャラバン プロフィール
プロフェッショナルユーザーが使うライトバン仕様を中心に、大型ミニバンとしてワゴン仕様のモデルも設定するのがNV350キャラバン。大容量のラゲッジスペースは、さまざまな荷物を積んで仕事に出かけるユーザーに自在な使い勝手を提供する。

左:バン プレミアムGX ロングボディ 標準幅 標準ルーフ/マルーンレッド
右:バン DX スーパーロングボディ 標準幅 ハイルーフ/ホワイト

NV350のバリエーションは豊富だ。バンとワゴンのほかにマイクロバスの設定があり、ボディもロングボディとスーパーロングボディがある。また全幅も標準幅とワイド幅があり、ルーフも標準ルーフハイルーフがあるので、ユーザーがニーズに応じた仕様を選べる。フロア形状は荷室容量を高める低床仕様が基本だ。

■走行性能
左:ガソリンエンジンQR20DE/QR25DE/右:ディーゼルターボエンジンYD25DDTi

搭載エンジンは2.0Lと2.5Lのガソリンも用意されているが、中心となるのは直噴ディーゼルターボ。YD25DDTi型エンジンは最新の排気ガス規制に対応するほか、97kW/356N・mの余裕ある動力性能を発生し、バン/ワゴンにふさわしい走りを見せる。トランスミッションは5速MTとフルレンジ電子制御5速ATの設定がある。

■先進安全装備
バン全車にインテリジェント・エマージェンシーブレーキ+横滑り防止装置のVDC(ビークルダイナミクスコントロール)+ヒルスタートアシストが標準装備されるのも大きなポイント。先進緊急ブレーキの採用を積極的に進める日産ならではの設定だ。また移動物検知機能の付いたインテリジェント・アラウンドビューモニターもオプション設定されている。

nissan
クラス初搭載を含め、先進安全装備も充実している

   

■特徴
充実した安全装備は最大のポイント。4ナンバーで登録されるバン仕様のモデルで、先進緊急ブレーキが装備されるのはNV350だけだし、ほかにもVDCやヒルスタートアシスト、EBD(電子制御ブレーキ配分)機構付きABSなど、いろいろな安全装備が標準で付く。バンは運転席のみSRSエアバッグが標準で助手席側はオプション設定。ワゴンでは運転席と助手席のSRSエアバッグが標準となる。

クルマの状態を真上から見たような形で画面に表示し、周囲の安全確認ができるインテリジェント・アランウドビューモニターも車庫入れのときなどの安全につながる装備。幼児などが駆け寄ってきても、移動物検知機能付きなので画面表示と音でアラームが示され、安全につなげる仕組みになっている。

インテリジェント アラウンドビューモニター(移動物 検知機能付)

バンとしての機能性や使い勝手に配慮して広さとともに、パーテーションパイプ、ラゲッジユーティリティナット、ユーティリティフック、ラゲッジレールなど、使い勝手を高めの配慮がなされているのもよい点だ。

nissan
ラゲッジユーティリティナットを活用した荷室アレンジ

Related Gallery:NV350 CARAVAN


NV350キャラバン バン プレミアムGX(2WD・ガソリン)
ロングボディ/標準幅/標準ルーフ/低床/5人乗/5ドア

メーカー希望小売価格(消費税込) 2,909,520 円
使用燃料 無鉛レギュラーガソリン
総排気量 1998 cc
最大トルク 178(18.1)/4400(N・m(kgf・m)/rpm)
駆動 2WD
最高出力 96(130)/5600(kW(PS)/rpm)
トランスミッション 5E-ATx
タンク容量 65 L
タイヤ・前 195/80R15 103/101L LT
タイヤ・後 195/80R15 107/105L LT
最小回転半径 5.2 m
全高 1990 mm
全長 4695 mm
全幅 1695 mm
ホイールベース 2555 mm
トレッド・前 1475 mm
トレッド・後 1450 mm
最低地上高 170 mm
車両総重量 2935 kg
車両重量 1810 kg
乗車定員 5 名
燃料消費率 JC08モード(国土交通省審査値) 9.8 km/L

NV350キャラバンのグレード間比較はコチラ

   


Autoblog 関連記事
「NV350キャラバン」「ライダー」マイナーチェンジ車のエクステリアを先行公開




日産、「ジャパンキャンピングカーショー 2016 」に「NV350キャラバン」を出展