■ラフェスタ ハイウェイスター プロフィール
ラフェスタ ハイウェイスターはスタイリッシュな外観デザインと環境性能を特徴とするミディアムサイズのミニバンだ。日産では売れ筋ミニバンとしてセレナをラインナップするが、セレナに比べてやや全高を抑えた手頃でスポーティなイメージの強いミニバンとしてラフェスタ ハイウェイスターを設定した。

■エクステリアデザイン
ハイウェイスターGスプレモ/アルミニウムシルバー
ハイウェイスター/ジールレッド

外観デザインは水平基調のクロームグリルやダイナミックなエアロデザインなど、日産のハイウェイスターシリーズに共通するスポーティで存在感のあるデザインを採用する。全高を抑えたミニバンながら、リヤドアはヒンジ式ではなく乗り降りしやすい大開口の両側スライドドアの採用とし、室内には簡単な操作で多様なアレンジを可能とするシートを備え、快適な機能や装備も充実している。

   

ラフェスタ ハイウェイスターの特徴は、何といってもハイウェイスターの名にふさわしいスタイリッシュな外観デザインを持つことだ。水平基調のクロームグリルやワイドで低重心なスタイルを強調するフロントエアロバンパー、サイドシルプロテクター、カラードリヤバンパーなどに加え、ノーズからボディサイドへダイナミックに流れる線と面で構成されたボディサイドのデザインなど、並のミニバンとは異なるスポーティなデザインを採用する。

■インテリア
便利な収納が多数備わっているインパネ

インテリアはブラックを基調とした高級感のあるものとされ、メーターフード先端を頂点にドライバーを包み込むようなデザインのインパネや、随所にクロームメッキやシルバー色の加飾を施することでスポーティさを演出したコックピットなどが特徴だ。

ハイウェイスターG スプレモ/内装色はブラック

上級グレードには、ブラックのジャガード織のシート地にブラウンのパイピングとステッチを施し、上質さを醸し出している。

■走行・環境性能
nissan
左:低燃費と力強いトルクを両立する新世代高効率直噴エンジン/右:新世代高効率6速AT

搭載エンジンは直列4気筒2.0Lの自然吸気DOHCだが、FF用と4WDで異なるエンジンを搭載する。FF用は直噴仕様に加えてアイドリングストップ機構を採用するとともに、新世代高効率ATの電子制御6速ATと組み合わされる。これに対して4WD車は動力性能がやや抑えられるとともに、電子制御4速ATが組み合わされている。
アイドリングストップシステムの採用により、特別な操作不要で自然とエコドライブが可能。いつもと変わらない運転でも、クルマが自動的に判断して低燃費を実現してくれる進化型エコカーだ。

Related Gallery:LAFESTA Highway STAR


ラフェスタ ハイウェイスター(2WD)

メーカー希望小売価格(消費税込) 2,303,640 円
使用燃料 無鉛レギュラーガソリン
総排気量 1997 cc
最大トルク 190(19.4)/4100(N・m(kgf・m)/rpm)
駆動 2WD
最高出力 111(151)/6000(kW(PS)/rpm)
トランスミッション 6ATマニュアルモード付
タンク容量 60 L
タイヤ・前 195/65R15 91H
タイヤ・後 195/65R15 91H
最小回転半径 5.3 m
全高 1615 mm
全長 4615 mm
全幅 1750 mm
ホイールベース 2750 mm
トレッド・前 1530 mm
トレッド・後 1520 mm
最低地上高 135 mm
車両総重量 1875 kg
車両重量 1490 kg
乗車定員 7 名
燃料消費率 JC08モード(国土交通省審査値) 16.2km/L

ラフェスタ ハイウェイスター のグレード間比較はコチラ