■デイズ プロフィール
「日産デイズ」は、洗練されたエクステリアと上質なインテリアが好評を得ている軽自動車だ。
新開発の3気筒660ccエンジンで自然吸気仕様とターボ仕様の2機種があり、副変速機付きのエクストロニックCVTと組み合わせることで、滑らかな走りと低燃費を実現した。このエンジンには燃焼効率の向上を始め、排気ガス循環装置用クーラーの採用、フリクション低減、電子制御サーモスタットなどの技術が盛り込まれている。一部グレードには停止前に車速が13km/h以下に落ちると作動するアイドリングストップシステムも採用した。

左:X、ブロッサムピンク/右:ハイウェイスターX、プレミアムパープル(特別塗装色)

■エクステリアデザイン
外観デザインはノーマルとハイウェイスターの2種類が用意される。ノーマルは立体的でダイナミックなフォルムに、センスの良さと親しみやすさを融合させたエクステリアデザインを採用する。一方ハイウェイスターはシャープで存在感のあるエクステリアデザインを採用し、太いメッキバーを持つ大型ラジエターグリル、シャープな印象のキセノンヘッドランプ、マッシブなバンパーなどによって存在感を強調。ハイウェイスター専用の15インチ切削アルミホイールも採用している。

ターボ車は、バッテリーアシストを新たに採用し燃費を向上させ、同グレードでもノンターボからターボの価格差が1万円に抑えられている。

■インテリア
インテリアは上質さを表現した開放的でくつろぎの空間が作られ、センタークラスターを中心に弓なりに広がるインパネには、グレードによってタッチパネル式センタークラスターパネルにオートエアコンが軽で初採用されている。インテリアもノーマル系とハイウェイスター系の違いが設けられ、ハイウェイスターではシルバー加飾やブルー照明がアクセントとされる。

ハイウェイスターX(2WD)/ボディカラーはチタニウムグレー、内装色はエボニー
ハイウェイスターX(2WD)/ボディカラーはチタニウムグレー、内装色はエボニー

   

■特徴
軽自動車だからこそ、運転のしやすさを目指して先進的な安全技術を積極的に搭載する。車両の状態を真上から見たように表示することで車庫入れなどを支援するアラウンドビューモニターはX以上のグレードで標準装備となっている。また、一定の車速の範囲で前方の車両に接近して衝突の危険が生じたとき、警報を発して回避操作を促すほか、自動的にブレーキをかけるなどして被害を軽減するエマージェンシーブレーキは全車に標準装備される。これにはペダルの踏み間違い防止アシストも組み合わされている。

dayz
左:アラウンドビューモニター/右:ハイビームアシスト

ほかにも、対向車や先行車に対応して照射範囲を切り換えるハイビームアシストなどが装備されている。毎日のように使う軽自動車だからこそ、ドライバーを賢くアシストするかしこい軽がデイズだ。

Related Gallery:DAYZ


デイズ ハイウェイスターX(2WD)

メーカー希望小売価格(消費税込) 1,418,040 円
使用燃料 無鉛レギュラーガソリン
総排気量 659 cc
最大トルク 56(5.7)/5500(N・m(kgf・m)/rpm)
駆動 2WD
最高出力 36(49)/6500(kW(PS)/rpm)
トランスミッション エクストロニックCVT
タンク容量 30 L
タイヤ・前 155/65R14 75S
タイヤ・後 155/65R14 75S
最小回転半径 4.4 m
全高 1620 mm
全長 3395 mm
全幅 1475 mm
ホイールベース 2430 mm
トレッド・前 1300 mm
トレッド・後 1290 mm
最低地上高 150 mm
車両総重量 1070 kg
車両重量 850 kg
乗車定員 4 名
燃料消費率 JC08モード(国土交通省審査値) 25.8 km/L

デイズ のグレード間比較はコチラ