日産 nissan note 関連ニュース - Autoblog 日本版

日産 note

  • Official: モーター駆動が当たり前の時代へ!? トヨタ「プリウスPHV」が月販販売目標の約5倍を1ヶ月で受注!!
    2017年03月19日 06時00分

    トヨタは、新型「プリウスPHV」の受注台数が、2月15日の発売からおよそ1カ月にあたる3月16日時点で、月間販売目標2500台の約5倍となる約12,500台と、好調な立ち上がりとなっていることを発表した。 当初発売予定となっていた2016年秋から販売延期となっていた影響もあるかもしれないが、先代モデルが国内で累計約2万台程度の販売台数だったことを考えると絶好調といっても良いだろう。 主な好評点としては、アクセルを踏み込んでも電気のみで走る高いEV走行性能、4灯式LEDヘッドランプ・大型フロントアクリルグリルやダブルバブルウィンドウなど、プリウスPHV独自の先進的デザインとのことだ。 先代モデルは価格差があった割には、ベースのプリウスと見た目やPHV以外の装備に大きな違いがなかったが、今回のモデルでは大きく違うエクステリアと縦型の大型ディスプレーが装着されたグレードを設定するなど違いが明確でオーナーの心をクスグル仕様になっている点もあるだろう。 正直、プリウスの販売台数(販売目標台数12,000台)と比較するとまだまだ少ない台数だが、ハイブリッドと言えばプリウスという時代から、ハイブリッドは当たり前という時代になってきた中で、今後は、プリウスPHVこそが、プリウスを選ぶ理由になってくるだろう。...

  • Featured: 【試乗記】日産 「ノートe-POWER」スケートリンクのような超低ミュー路面でも、EVモーター駆動の大きなメリットを感じた:木下隆之
    2017年02月22日 16時00分

    「日産ノートが販売台数ナンバー1」  こんなニュースが駆け巡ったのは昨年の11月のことである。日産が販売台数で首位に輝いたのはなん30年ぶりだというから、ノートの活躍が話題になっても不思議ではない。   しかも、低価格の軽自動車を含む快挙だから素晴らしい。さらにいえば、話題性の高いフルモデルチェンジではなく、マイナーチェンジである。改良モデルが首位に立つなど、これまでには一度もなかったかもしれない。  その最大の功労がもちろん、「e—POWER」であることは想像の通り。特集なハイブリッドシステムを採用した「e—POWER」がいきなり、人気モデルとなったのである。ここで簡単に、ノートのエンジン構成を紹介しよう。  コンパクトモデルのノートには、4種類のパワーユニットが採用されている。エンジン型式はすべて直列3気筒1.2リッターユニットなのだが、98psパワーを発生するのがスーパーチャージャー付き、それに続くのが79psNA、さらにモーターと組み合わせたハイブリッドユニットがラインナップされる。そこに、駆動系と完全に切り離されたユニットが加わるという構成である。それを「e—POWER」と呼ぶ。  念のために確認しておくと、「e—POWER」以外の3種類は一般的な駆動用エンジンである。ところが「e—POWER」は考え方が決定的に異なる。エンジンは発電機としての存在であることだ。ドライブシャフトとは連結されていない。駆動はモーターに頼る。エンジンはあくまでリチウムイオンバッテリーに電力を供給するためだけなのだ。その意味で言えばノートは、「発電機用エンジン搭載EV」と呼べるのである。  これが市場にウケた理由は、日産が積極的に推し進めながらなかなか思うように販売が伸びないリーフの不安材料とされた航続距離の短さを補ったからである。電力が空になれば動かなくなるリーフとは違って「e—POWER」は、ガソリンさえ空にならなければ常に自前で電力を供給する。ガス欠の不安が薄らいだのである。  だが、「e—POWER」の魅力はそれだけではなかった。そのあたりを今回スノードライブで確認できたので報告しよう。...

  • Official: 日産車が1月の国内販売登録車ランキングで1位と2位を獲得
    2017年02月06日 18時00分

    2017年1月の国内販売登録車ランキングで、日産車が1位と2位を獲得した。1位は「ノート」で1万4,113台、そして2位は「セレナ」が1万1,179台。日産自動車によれば、登録車ランキングで日産車が1位、2位を同時に獲得するのは、1984年9月の「サニー」と「ブルーバード」以来、32年ぶりのことだという。...

  • First Drive: 【試乗記】日産ノートe-POWER もっと俺たちを振り向いてくれぃ! 凄いけどガッカリ悩ましさNO1ハイブリッド:小沢コージ
    2017年01月22日 16時00分

    ●独特の滑らかパワーと安っぽさの狭間にて。アクアを抜いたのは凄い! けど  またまた悩ましいクルマ、それもニッポン大注目のエコカーが登場しました。去年11月に追加されるなり、いきなりコンパクトカー燃費番長ことトヨタ・アクアをわずか0.2km/Lながら抜いた、革命的新世代ハイブリッドのノートe-power! ですよ。  ただし、この最良37.2km/Lってスペックは、いまどきエアコン無しモデルなので反則も反則。普通の普及モデルだと34.0km/Lと割りとガッカリモードなんですけどね。  とはいえその新進ハイブリッドイメージと低燃費パワーは結構凄くて、去年11月は国内月販台数でなんとトヨタ・プリウス&アクアを抜いて全国1位! それも大昔のサニー以来30年ぶり!! って記録のオマケ付き。逆に言うといままで日産車はそんなに日本で売れてなかったんかい! って感じもありますけど、なんにしてもよかった。  って言うか正直、現場の日産セールスマンはここ10年ぐらいツラかったと思うのよね。プリウスが爆発的に売れ始めた2009年前後、もはや「日本のコンパクトはハイブリッド付きじゃなきゃツラい」って状況になっていながら、事実上日産は99年のカルロス・ゴーン革命でハイブリッドカーの開発を一時凍結してて復活したのは数年前。しかも最初に手を付けたのはお金を懸けられるスカイラインなど高級車用ハイブリッドで、日本で1番売れるはずのコンパクトハイブリッドは二の次!  97年に初代プリウスが出てから実に20年、やっとe-POWERが生まれんだからして。その間、ホンダはもちろんスズキにもハイブリッド戦略で抜かれる始末。そりゃその反動と意地で日産セールスマンも頑張るよね。だからの30年ぶりの日本一奪還! ってことなんでしょう。 ●凄い! 時速60km以下ならアクア以上  実際その実力はスペック以上に中々です。まずe-POWERは、まさしくトヨタ方式とはまるで被らないシリーズ式ハイブリッドで、それも日産ならではのソリューションを上手に活用したもの。いわばまかない飯をサクっと作って、美味しい一級品の料理にしたようなとこがあります。  具体的には、エンジンを発電用、モーターを駆動用と完全に専任化することでそれぞれ効率を追究、トータルでの低燃費を実現。つまりアナタは営業専門! ワタシは製造専門! ってな具合にスペシャリスト性を追究することで好成績を稼いでるんです。  比べるとトヨタ方式はエンジンを発電用にも駆動用にも両方使うからどっちつかず。こちらはこちらでメリットありますけど、日産流にもいい部分はあるんです。  メリットはざっくり2つで、開発エンジニアが「時速60km以下の領域ではアクアを越えます」と言い切る低速燃費性能と加速の滑らかさ。  なぜならシリーズ方式は加速をモーターのみで行うので、まさにEV的な滑らかさが得られます。要は補助バッテリーを使ってEVのように走るので、エネルギーの出し入れの多い低速街中に強い。逆に高速では絶対パワーが必要で、エンジン直結モードのないe-POWERの欠点が出るとそういう具合です。  街中をちょこちょこ走る奥様用には、ノートe-POWERはおあつらえ向きなんですな。 ●価格の安さはEVに強い日産ならでは!  加えノートe-POWERの凄さは値段。売れ線のクーラー付きグレード「X」でも200万円以下で、これはおそらくシリーズ方式のコンパクトハイブリッドとしてはトヨタでも成し遂げられないでしょう。なんせ専用モーターを作ると高くなりますから。  そこで日産が良かったのは、駆動用ハイパワーモーターに自慢のコンパクトEV、リーフ用を流用できること。実際、モーターとインバーターはまんまリーフ譲りで、しかもリーフが巨大電池搭載で車重1.4トン台と重いのに対し、e-POWERは1.2トン前後で、理屈的にはリーフより速いかも? という。  同時に発電用エンジンは従来の1.2リッターエンジンの改造型でホントに無駄ありません。スペース的にもモーターと発電機とインバーターをエンジンルームに収めきり、補助用の1.5kHwのバッテリーをフロントシート下にキッチリ収納。結果、乗りこんで感じるのは相変わらずの絶対的なスペースの広さ。  そもそもノートはコンパクトカーとしてメチャクチャ広いんですが、その美点をほぼキープしており、リアシートは足元が絶大に広くて、コブシが2つ以上入るし、頭上も普通に広く、ラゲッジ容量は330Lもあって、底も深くて、タナを使って2段階に使い分けできるんですわ。  唯一気になるのは結構プラステ...

  • Official: 間もなく公開!! 日産の「東京オートサロン」注目モデルを紹介!!
    2017年01月08日 05時00分

    日産と同社の関連会社であるオーテックジャパン、およびニッサン・モータースポーツ・インターナショナル(NISMO)は、1月13~15日に開催される「東京オートサロン2017」に新しいカスタマイズの世界を提案するモデルを出展する。そこで、今回注目されるであろうモデルを紹介しよう。 オートパイロットで注目を浴びているミニバンの「セレナ」には、スポーティースタイルのハイウェイスターをベースに、よりプレミアム感とスポーティ感を向上させるアイテムを配した参考出品車として、「ハイウェイスター・プレミアムスポーツコンセプト」が登場する。 落ち着いたブラックのボディカラーにインテリアと共通のブロンズカラーをアクセントとして効かせ、1クラス上のプレミアム感を表現している。 エクステリアでは、ボディ下部を貫くブロンズアクセントが低重心な安定感を、アグレッシブに張り出したフロントプロテクターや大径ホイールがスポーティ感を演出。さらにインテリアにはキルティングやパイピングを施した高級感あるブラウンカラーのレザーを採用することで上質感あふれる移動空間に仕上げられている。 この他、セレナでは、オーテックジャパンが手がけた「ライダー」も展示される予定だ。 1957年の誕生以来、日本を代表するセダンとして存在し続け、2017年で生誕60周年を迎える「スカイライン」。そのスカイラインには、よりプレミアム感と存在感を向上させるアイテムを配した参考出品車の「プレミアムスポーツコンセプト」が登場する。 鍛え抜かれた走りを予感させるカーボンエアロパーツを装備し、外観のクロームパーツをよりスポーティなダークカラーで統一しマットカラーとのコントラストを高め、更にリアビューを引き立てる専用エグゾーストを装着することで、一つ上の存在感を演出している。 一方、インテリアは誕生60周年を記念して発売された「60th Limited」同様、セミアリニン本革シートを全席に、オープンポアウッドをトリムに採用し、上質な室内空間となっている。スカイラインファンは要チェックだ。...

  • Official: 日産自動車、「ノートe-POWER NISMO」発表
    2016年12月12日 14時00分

    日産自動車(本社:神奈川県横浜市 社長:カルロス ゴーン)は、「ノートe-POWER NISMO」を追加し発表した。 ...

  • Video: 日産ミスフェアレディが踊るとこうなる!! 人気ドラマ『逃げ恥』の「恋ダンス」を動画で公開!!
    2016年12月11日 10時00分

    TBSで公開中の人気ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』で使われている「恋ダンス」を、日産ミスフェアレディが熱演している動画が公開されたのでご紹介しよう。 新垣結衣さん主演の『逃げるは恥だが役に立つ』は、今秋のドラマの中でも上位の視聴率を獲得している人気ドラマ。 その中で、シンガーソングライターで俳優の星野源が歌う「恋」に合わせて出演者たちが踊る「恋ダンス」がエンディングで使われているのだ。 なぜ、日産?がという点については、このドラマのスポンサーが日産であるからに他ならない。 また、ドラマの中で石田ゆり子さんが演じる土屋百合が黄色の「ジューク」に乗って度々登場するなど、劇中でも日産車が活躍しているのだ。 ロケ地は日産グローバル本社ギャラリーとその周辺で、ミスフェアレディの他、日産車が多数登場するのも見逃せない。ちなみにドラマの舞台も日産本社ギャラリーがある横浜となっている。...

  • Official: モーター駆動e-POWERも登場!! オーテックが日産「ノート」のカスタムカー「 モード・プレミア」を12月12日より発売!!
    2016年11月03日 18時00分

    日産の関連会社であるオーテックジャパンは、「ノート」の新電動パワートレイン「e-POWER」の追加に合わせ、新たなカスタムカーの「モード・プレミア」を12月12日より発売すると発表した。 「モード・プレミア」は、さらに上質な個性を求める顧客に向けて、エクステリア・インテリアの高級感を高めたカスタムカーだ。 昨年「エクストレイル」のカスタムカーとして発売され、ユーザーから好評を得ている「モード・プレミア」ブランドのファミリーとして、今回ノートにも、「e-POWER」を含めて新たに設定された。 エクステリアでは、専用フロントグリル、専用メタル調のサイドターンランプ付きドアミラー、専用リヤバンパーフィニッシャ―、専用エンブレム、専用15インチアルミホイールが装備された。 エクステリアの要所にアクセントとしてメタル調塗装を施すことで、スタイリッシュかつ洗練された上質さが表現されている。...

  • Featured: 日産、ノートe-POWER発表 ガソリンで動くけど走りは電気自動車⁉
    2016年11月02日 12時45分

    フロントマスクを刷新する大規模マイナーチェンジを受けて2日に発表された新しい日産ノート。その注目はなんといっても、新たに開発されて搭載された「e-POWER」と呼ぶパワートレインだ。 市販されているハイブリッドカーの多くはエンジンとモーターの駆動力を併用して加速するが、e-POWERはそれらと一線を画すもの。エンジンは駆動系と完全に切り離されて発電専用として機能し、動力を生み出すのは100%モーターが担当。いわゆるシリーズ型ハイブリッドである。 パワートレインの考え方としてはアウトランダーPHEVやアコードハイブリッドに近いが、大きく違うのは高速領域での動力源。それらは高速域においてはエンジンの出力を機械的に結んで駆動力として使うが、e-POWERではどの走行領域でもモーターだけで駆動することになる。 高速領域ではエンジンからタイヤに直接駆動力を伝えたほうが効率はいいのだが、日産は「市街地走行が多いクルマだと考えエンジンを発電専用とした」という。 またプラグインハイブリッドカーではないので、外部充電はできずエネルギーを生み出す源はすべてガソリン。 ...

  • Official: 日産「ノート」のカスタムカー「ライダー」「アクシス」等をマイナーチェンジ
    2015年07月07日 21時30分

    日産自動車の関連会社である株式会社オーテックジャパン(以下、オーテックジャパン)は、「ノート」のマイナーチェンジに合わせ、カスタムカーの 「ライダー」「アクシス」、および「ライフケアビークル(LV)」(福祉車両)シリーズをマイナーチェンジし、日産の販売会社を通じて7日より全国一斉に発売すると発表した。...