光岡

1968年、富山県にて自動車修理業として創業。中古車販売業の傍ら自動車開発を始め、1982年に原付免許で運転可能な50ccエンジンを搭載した1人乗りの「ゼロハンカー」を発表する。85年に新道路交通法の施行によりゼロハンカーが原付免許で運転できなくなると、市販車を改造したレプリカ車の製造に移行し、1994年にロータス・セブン風のオリジナル車「ゼロワン」を発表。96年にこれが運輸省の型式認定を受け、光岡自動車は日本で10番目の自動車メーカーとなる。以後、市販乗用車のボディをクラシックな外観に改造したモデルの販売をメインとしながら、2001年には手作業でフレームから製作するオリジナル・カー「オロチ」を発表。独自の世界観とデザイン・センスに基づくクルマ作りを続けている。

光岡 車種名:

Indicates a Reviewed Model