auto shows la auto show LAオートショー 関連ニュース - Autoblog 日本版

LAオートショー

  • Featured: 米国版Autoblog編集者が選ぶ、2016年の各モーターショーで最も輝いていたクルマ
    2016年12月30日 19時00分

    Autoblogでは毎年、世界各地で開催されるモーターショーの取材に多くの時間を費やしている。2016年も米国デトロイトからフランスのパリまで、毎月のように注目に値するクルマが発表された。それらの中から各ショーで最も輝いていたクルマを編集部スタッフが選び、今年の締め括りとして改めてご紹介しよう。...

  • Confirmed: 「メルセデスAMG GT C クーペ」は2017年中に登場確定! ムアースCEOが認める
    2016年12月01日 07時00分

    先日のLAオートショー2016で、メルセデスAMGのトビアス・ムアースCEOから話を聞く機会があった。カリスマ的で表情豊かなムアースCEOはまず、新型「E63」セダンと「GT C ロードスター」のさらに磨き上げられたメカニカルなディテールを誇らしげに紹介してくれた。この2台には既にお馴染みの4.0リッターV型8気筒ツインターボ・エンジンが搭載されている。その後、我々はもっとおいしい話を聞くことが出来た。「メルセデスAMG GT」シリーズに、さらにクールな新しい派生モデルが追加される可能性があるというのだ。 ...

  • PR: 【PR】LAオートショーでマツダ新型 CX-5を発表、開発者に話しを聞いた!
    2016年11月28日 17時00分

     マツダCX-5が5年ぶりにフルモデルチェンジを果たした。2012年にデビューした初代モデルは、SKYACTIV技術と魂動デザインを採用した、マツダの新世代商品群第1弾として登場し、これまでに世界約120カ国で140万台以上を販売するヒット作となった。  今回ロサンゼルス・オートショーでワールドプレミアとなったニューCX-5は、成功作の2代目として、再びユーザーに選ばれるモデルとなるため、マツダの技術とデザインの全てが投入され、磨き上げられたという。果たして開発陣はどんな思いを持ってこのミッドサイズSUVを開発したのか。主査の児玉眞也氏とチーフデザイナーの諌山慎一氏に、ロサンゼルスでインタビューすることができた。  主査の児玉眞也氏は、新型CX-5について次のように語ってくれた。 編集部:「新型は大ヒットモデルの2代目ですが、児玉さんは主査としてどんなクルマに仕上げたいと考えていたのでしょうか?」 児玉眞也:「大きく2つあります。ひとつは2012年から買って頂いたお客様の成長に合わせてCX-5も進化したものにするというもの。もうひとつはビジネス的に成功した初代の勢いを継続するというものです。キーワードとしては"走る喜びの深化"を目指しました。ドライバーの走る喜びだけを高めるのではなく、全ての乗員が走る喜びを感じられるクルマにする。そこにチャレンジしました。」 編:「初代モデルから大きく変わった点はどこでしょうか?」 児玉:「静粛性、特にロードノイズですね。そこはかなりテコ入れしました。新型では大きくジャンプアップしています。基本品質を高めなければ、ずっと選び続けられるプレミアムな存在にはなれません。新型CX-5では、とにかく徹底的に実際の使用状況で良さが感じられることを目指しました。従来モデルと比較すると全てが1クラス、2クラス進化しています。」 編:「ホイールベースが初代と同じですが、プラットフォームはキャリーオーバーと考えて良いのでしょうか?」 児玉:「キャリーオーバーと言えばそうですが、部品レベルでは、ほぼ全て新しくなっています。トレッドも広がっていますし、鋼板の厚さも変わっています。フェイスリフトではできないレベルで進化しています。また、エンジン制御もソフトを徹底的に見直して、より...

  • Los Angeles: 米国版Autoblog編集者が選ぶ「LAでデビューしたクルマ」ベスト6+特別賞
    2016年11月27日 10時30分

    LAオートショー 2016も今週末で閉幕する。今年も多くの新型車やコンセプトカーが発表されたが、米国版Autoblog編集部ではいつものように、その中から各人がお気に入りのクルマに投票を行った。今回は上位6台と、そして特別賞として2台をご紹介しよう。もし、あなたのお気に入りが見つからない場合は、こちらのページから掲載済みの記事をご覧頂ける。...

  • Los Angeles: ジャガー初の電気自動車「I-PACE」は2018年に発売予定
    2016年11月27日 06時30分

    ジャガーは現在開催中のLAオートショーで、ブランド初となる電気自動車「I-PACE コンセプト」を発表した。現在は"コンセプト"と名乗っているが、既に市販化を前提としたモデルであり、2018年には発売が予定されているという。...

  • Official: レズヴァニ・モーターズ、ユニークなドアを持つスーパーカー「ビースト・アルファ」をLAオートショーで発表
    2016年11月25日 11時00分

    米国カリフォルニア州アーバインに本拠地を置くスーパーカー・メーカーのレズヴァニ・モーターズは、今年のLAオートショーで最新モデル「ビースト・アルファ」を公開した。2シーター・ロードスター「ビースト」のクーペ・バージョンとなるこの新型は、価格が20万ドル(約2,270万円)で、最高出力は500hp。オプションのシーケンシャル・オートマチック・トランスミッションを選んだ場合、0-60mph(約96.6km/h)を3.2秒で加速する。ビーストの2.7秒よりやや遅いが、これは恐らく車両重量が134kgほど重いためだろう。その代わりにビースト・アルファでは快適性が向上している。...

  • Report: LAオートショー開催中に試乗車が衝突事故を起こし8人が負傷
    2016年11月25日 07時00分

    現在開催中のLAオートショーで、来場していた男性がフィアット「500e」を試乗中に衝突事故を起こしたと地元紙『Los Angeles Times』が伝えている。男性が運転していたクルマは、縁石を乗り越えコンクリート製の植木鉢に衝突。植木鉢の破片で周囲にいた人々が負傷した。負傷者は8人で、そのうち6人が病院に搬送されたという。地元テレビ局『KTLA』によれば、この6人の中にはクルマを運転していた男性も含まれているとのこと。また、前述の『Los Angeles Times』は、負傷者はいずれも命に別状はないと伝えている。...

  • Los Angeles: Elio Motors、量産化に向け最新の開発車両「E1C」をLAオートショーで公開
    2016年11月23日 18時00分

    超低燃費車を開発している米国のベンチャー企業、Elio MotorsがLAオートショーに出展することはお伝えしていた通りだが、今回は大々的な発表は行われず、代わりに細かな改善点について最新情報が提供された。同社は開発用車両の最新型「E1C」を公開し、インテリアと安全システムがアップグレードされ、新しいフレームとサスペンション・システムも導入したことを発表。つまり、市販化に向けての動きが継続されていることを示している。...

  • Los Angeles: ジープの名に相応しいコンパクト・クロスオーバーとして生まれ変わった、新型「コンパス」が登場
    2016年11月23日 11時00分

    ジープはついに「コンパス」を正しい方向へと導いたようだ。このコンパクト・クロスオーバーが「パトリオット」と並び、2007年モデルイヤーとして最初にデビューした時にはひどいものだった。初代コンパスはジープに見えず、オフロード車としての信頼性も乏しく、走らせて楽しいクルマとは言い難かった。誰が見ても失敗作だった。それが2011年のミッドサイクルのリフレッシュで多少改善し、2014年には不評だったCVTが6速ATへと変わり、後期モデルはコンパス史上最高のモデルとなった。しかし、"最高"だったのもこれまでの話だ。...

  • Los Angeles: アルファ ロメオ、初のSUV「ステルヴィオ」をLAオートショーで公開
    2016年11月23日 10時00分

    アルファ ロメオは、現在開催中のLAオートショーで公開した「ステルヴィオ」で、不動の人気を保つクロスオーバー/SUV市場に初参入する。同車はアルファ ロメオの特徴的なスタイルや運動性能を、このセグメントにもたらすだろう。...

読み込み中

Loading