ジャガー jaguar f-pace 関連ニュース - Autoblog 日本版

ジャガー f-pace

  • Report: ジャガー・ランドローバー・ジャパンと読売巨人軍が、オフィシャルカー契約を締結し、車両70台を監督やコーチ、選手等に提供
    2017年03月24日 18時00分

     ジャガー・ランドローバー・ジャパンと読売巨人軍は、オフィシャルカー契約を締結し、読売巨人軍の監督、コーチ、選手等を対象に、ジャガー車およびランドローバー車をオフィシャルカーとして計70台提供する。  初めて読売巨人軍が、自動車ブランドとオフィシャルカー契約を締結した。読売巨人軍は、1934年に大日本東京野球倶楽部として創立されたプロ野球球団で、「巨人軍は常に強くあれ、巨人軍は常に紳士たれ、巨人軍はアメリカ野球に追いつき、そして追い越せ」という正力松太郎遺訓に象徴されるように、未来を見据えた新たな野球文化を創造し続けている。  ジャガーは"THE ART OF PERFORMANCE"、ランドローバーは"ABOVE & BEYOND"というブランド・タグラインを活用し、それぞれの世界観をもった製品をグローバルで展開している。読売巨人軍は、自らの限界を設けず高みを目指し常にNo.1に挑戦する姿勢が、ジャガーおよびランドローバーのブランド精神と共通することから、今回の契約締結が実現した。 ■ジャガー・ランドローバー・ジャパン マグナス・ハンソン 社長コメント 「この度、歴史と格式ある読売巨人軍と、創設以来初めてとなるオフィシャルカー契約を締結することができ、大変光栄に思います。読売巨人軍の皆様が試合で素晴らしいパフォーマンスが発揮できるよう、安全で楽しく、そしてリラックスできるジャガーおよびランドローバー車両を提供し、グランドの外からサポートしてまいります。移動時間が最高のドライビング・エクスペリエンスになることを願っています」 ■読売巨人軍 久保博 社長コメント 「英国を代表するトップブランドのジャガー・ランドローバー様に"オフィシャルカー"としてサポートして頂けることになり大変感激しております。伝統を守りながら革新を追求する企業とチームのコラボレーションでお互いのブランド価値が一層高まっていくことを期待しています」 ■読売巨人軍 高橋由伸 監督コメント 「この度こうしてスポンサー契約をして頂く事となり、大変嬉しく思います。私自身も今レンジローバーで球場に通勤させて頂き快適な時間を過ごさせて頂いています。この契約を励みにそして期待に応えられる様に今シーズン精一杯頑張りたいと思います」 ■阿部慎之助 選手コメント 「この度はジャガー・ランドローバー契約に伴って選手達にもクルマを提供して頂く事になりました。本当に感謝しています。僕は個人的にジャガーに乗っていますが、数々の外国車に乗りましたが多分一番長く乗るだろうと思っています。それくらい良いクルマで毎日快適に乗らせてもらってます。提供にあたってもっとより良い通勤が出きるんじゃないかなと思って今から楽しみにしています」 ■山口鉄也 選手コメント 「この様な素晴らしいクルマを提供して頂き有難う御座いました。これからはこのクルマに乗って毎日快適に球場に通える事が凄く楽しみです。そしてこれを糧に秋には皆様と一緒に歓びを分かち合える様にチーム一丸となってジャガーの様に軽快に、ランドローバーの様に力強く長いシーズンを戦って行きたいと思いますので今後とも応援宜しくお願い致します」 今回の契約締結に伴い、3月31日に開幕する2017年度セントラル・リーグ公式戦では、東京ドームでおこなわれる読売巨人軍のホームゲーム全63試合で、ジャガーおよびランドローバーの特別ムービーが東京ドーム内のオーロラビジョンで上映される。今後読売巨人軍と連携したイベントやキャンペーンなども展開予定。 オフィシャルカーとして読売巨人軍に提供される車両は、ジャガー「XJ」「XF」「F-TYPE」「F-PACE」、ランドローバー「RANGE ROVER」「RANGE ROVER SPORT」「RANGE ROVER EVOQUE」。 ...

  • Official: ジャガーの「F-PACE」に3種類のルーフアクセサリーから選べる特別仕様車が登場
    2017年03月14日 18時30分

    ジャガー・ランドローバー・ジャパンは14日、ジャガー初のパフォーマンスSUV「F-PACE」に特別仕様車「F-PACE ACTIVE EDITION PACKAGE」を設定し、同日より36台限定で受注開始すると発表した。 ...

  • Featured: 【試乗記】ジャガー・ランドローバーの注目車種を雪上に持ち込み徹底的に分析:山田弘樹
    2017年03月03日 16時00分

     ジャガー・ランドローバー ジャパンが開催する雪上試乗会が、今年は斑尾スキー場近郊で開催された。普段はそのユーティリティとオンロード性能を中心にレポートされる二社だが、特にランドローバーはこうした低μ路での走破性と安定性こそがPRのしどころ。そういう意味で、この雪上試乗会を、恒例事業として開催してくれるインポーターの姿勢には頭が下がる思いだ。またジャガーも、新進気鋭のSUV「FーPACE」を持ち込んで、その雪上性能を存分に見せつけてくれた。  今回ランドローバーのイチ推しは、昨年登場してメディアの話題をさらった「イヴォーク・コンバーチブル HSE Dynamic」。オープンボディのSUVという未開のジャングル...ならぬ未開のジャンルに果敢に挑み、のっけから高い完成度をもって多くのジャーナリストを唸らせたのは記憶に新しいところだが、その雪中性能やいかに!?  とはいいつつ、すでにボクは昨年イヴォークのクローズドモデルで、場所こそ違えどその雪上性能を堪能している。兄貴分のレンジに対してちょっとそっけないボタン式のテレイン・レスポンスは、しかしながら発進時のトルク制御やコーナリング時のトラクション確保に対し緻密に、しかもその作動を感じさせないほどスムーズに働く(選択したのはスノーモード)。だから極端に言えば、ドライバーはハンドルを切りながらアクセルを踏み込むだけで、積極的にクルマを曲げることができてしまう。  オープンボディになってもその作動は問題なく働き、圧雪路面では相変わらずのたくましさでその存在感をアピールしてくれた。  ただ日陰が多く、クルマ通りの少ない路面では、少しばかりその印象は異なる場面があった。いったんクルマを思い切り曲げてしまえば、前述した通りその後の制御は素晴らしい。しかし一般公道という常識から言えば、そのステアさばきは"探りながら"のアンダーステア基調となる。そんな場面でコンバーチブルのハンドリングは、応答遅れが目立った。  特に下り坂では舵が効かず、緩やかなカーブでもクルマがアウト側の雪壁へと迫ってあわや!という状況を体験した。  圧雪路の走破性に気を良くしていたわけではない。十分注意しながら走った結果だとボクは思っているのだがこうなった理由は、端的に言えばその足下にマッド&スノータイヤを履いていたからだろう。ランドローバーは積雪地域での国際試乗会を昨年開催し、そこでもM&Sで全てのプログラムを無事に終了させた実績がある。また昨年長野で開催されたこの試乗会でも、同じタイヤで走りながら危うさを感じることは一度もなかった。  でも今年は真逆の印象を少しでも持ったわけだから、欧州に比べて気温が低く、アイスバーンを作りやすい日本の路面は、やっぱりナメちゃいかんなぁ...と痛感した。大切な愛車や彼女を守るためにも、選ぶならスタッドレスが最適だと思った次第だ。  ただ下り坂にこれが顕著だったことを考えると、やはりクーペに対して200kg以上重たい2020kgという車重も、そこに影響しているのだと思う。  また乗り心地面も、ドライ路面で感じたあのしっとり感が薄れていると感じた。積雪路や凍結路は当然路面の起伏がアスファルトよりも激しいから、こうなるのは仕方ない。  だがしかし! このようなこまごまとした分析を一気に吹き飛ばすだけのバズーカ砲を、このイヴォークは持っている。そう、真冬のフルオープンである!!  時速48km/hまで対応する幌の開閉は、雪道で走る状況下でもドンピシャ。21秒のアトラクションはスイッチを押すときからドキ時と心臓を高鳴らせ、ガバッと開いた屋根から雪景色が覗いたところでクライマックスを迎える。 暖房とシートヒーターは全開。ステアリングヒーターもアクティブ!  ウィンターウェザーでのオープンドライブは、まるで露天風呂にでも浸かっているかのような心地良さ。粉雪舞う風の巻き込みすらも心地よく、まったりと走っていても退屈しらずで楽しい。  ちなみに後部座席は風と雪の巻き込みが激しく、前2座席の幸せな雰囲気とはまるで正反対。だから、もしアナタが後部座席にいたら、徹底的に幌を上げるのは阻止した方が良い。熱愛カップルと一緒になった日には、その温度差からしてもう最悪な一日となること請け合いだ。  つまりこのコンバチは、テッテー的に"二人のためのSUV"。来年の冬は、スタッドレスを履いて彼女とGo!である。  浮かれ気分のコンバーチブルとは違って、レンジローバー ヴォーグの走りはどっしりと安定した、横綱相撲といえる確かさが魅力だった。 ...

  • Official: ジャガー・ランドローバー、英国全体の自動車生産台数の30%以上を占め、2年連続英国最大の自動車メーカーに
    2017年02月20日 20時30分

     ジャガー・ランドローバーは、2016年の自動車生産台数が英国全体の自動車生産台数の30%以上を占め、2015年に続き2年連続で英国最大の自動車メーカーとなった。  英国自動車製造販売協会(SMMT)が発表した2016年の英国の自動車メーカーの生産台数は、172万7,471台という最高記録を樹立。そのうち、ジャガー・ランドローバーの英国内にある3つの工場の生産台数は、前年比8%増の54万4,401台を達成。ジャガー・ランドローバーの車両は、英国製自動車の世界販売台数上位10車種のうち、5車種を占めた。  最新のデータによると、ジャガー・ランドローバーは、年間生産台数が15万8,000台程度だった2009年に比べ、英国内工場の稼働率が240%以上に増加し、劇的な変革を遂げていることがわかります。  2016年は、15の新型モデルや改良モデルを市場投入した記録的な1年だった。ジャガーは、ブランド史上最大のヒットモデル「F-PACE」を発売し、ジャガー全体の生産台数を67%も押し上げ、ランドローバーは、「RANGE ROVER EVOQUE CONVERTIBLE」を導入し、改めて「RANGE ROVER EVOQUE」を、ランドローバーで最も販売台数を達成するモデルとしての地位を築いた。  2010年以降、ジャガー・ランドローバーは英国にある4つの製造工場に約40億ポンド(約5,720億円)の投資を行い、その結果、10のモデルラインと、最先端の自社製INGENIUM(インジニウム)ディーゼル・エンジンが誕生した。投資には、欧州最大のアルミニウム車体工場の設置、2つの新しい最先端プレスラインの導入、そして全組み立てラインでの大幅な技術刷新などが含まれる。この大規模な拡張をサポートするために、従業員数を2010年の7,700人から1万9,000人にまで増加させ、雇用創出にも貢献した。今年度は、製品開発に30億ポンド(約4,290億円)以上の投資を決定している。...

  • Official: ジャガー、試乗体験イベント「THE ART OF PERFORMANCE TOUR」に錦織圭選手が日本人初挑戦
    2016年09月21日 21時00分

    ジャガー・ランドローバー・ジャパン(本社:東京都品川区、代表取締役社長:マグナス・ハンソン)は、ジャガーがグローバルで展開する試乗体験イベント「THE ART OF PERFORMANCE TOUR」を9月21日から23日の期間、東京・お台場特設コース(東京都江東区青海2丁目1)で日本初開催している。 ...

  • Official: ジャガー、グローバルで展開する試乗体験イベント「THE ART OF PERFORMANCE TOUR」初上陸
    2016年09月11日 21時00分

    ジャガー・ランドローバー・ジャパン(本社:東京都品川区、代表取締役社長:マグナス・ハンソン)は、ジャガーがグローバルで展開する試乗体験イベント「THE ART OF PERFORMANCE TOUR(ザ・アート・オブ・パフォーマンス・ツアー)」を9月21日から23日の期間、東京・お台場特設コース(東京都江東区青海2丁目1)で日本初開催する。 2016年6月にジャガー初のパフォーマンスSUV「F-PACE」の本格受注を開始し、スポーツ・サルーン「XE」、ダイナミック・ラグジュアリー・サルーン「XF」、ラグジュアリー・サルーン「XJ」、ピュア・スポーツカー「F-TYPE」を含む、新生ジャガーのフルラインアップが揃った。今回、新生ジャガーを一堂に集め、すべてのモデルに共通するジャガーならではのドライビング・パフォーマンスを体験、理解する為のイベント「THE ART OF PERFORMANCE TOUR」を日本で初めて開催。 「THE ART OF PERFORMANCE TOUR」は、自動車業界においては初となるスマートコーン・システムを活用した試乗プログラム「スマートコーン・チャレンジ」を用意し、スマートコーン・システムでは、コース上に置かれたコーンの上部にライトがセットされ、ライトが進行方向を示す。ランダムに点灯する2つのコーンの間を車両が通過すると、スピード、走行距離、走行時間、走行ラインの正確性を計測し、独自のアルゴリズムを使ってドライビング・パフォーマンスを得点化する。 「スマートコーン・チャレンジ」にはインストラクターが同乗する「公道ドライビング・エクスペリエンス」がセットになっている。 「THE ART OF PERFORMANCE TOUR」の日本初開催を記念して、ジャガーのブランド・アンバサダーを務めるプロテニスプレイヤー錦織圭選手が、最新ジャガー・モデルで、「スマートコーン・チャレンジ」に日本人として初めて挑戦。 これに連動して、「スマートコーン・チャレンジ」で錦織圭選手の得点を上回った一般参加者の中から抽選で1組2名様に、2017年ウィンブルドン選手権観戦ツアーをプレゼントするキャンペーンも実施する。 ...

  • First Drive: 【試乗記】ジャガー、F-PACEは究極のオールラウンダー:岡崎五朗
    2016年08月14日 17時00分

     こいつはそうとう魅力的なSUVだな。もしかしたら、今いちばん魅力的かも。いや、絶対にそうだ。ジャガー初のSUVであるF-PACEに乗って、お世辞抜きでそう思った。  どこがそんなに魅力的なのか。それについては後々語っていくとして、まずはアウトラインから紹介していこう。  F-PACEはジャガー初のSUV。4輪駆動システムと215mmという余裕の地上高は、あらゆる天候や路面状況に対し常にタフな走破性を発揮する。広い後席と荷室を備えているのもメリットだ。いやその、SUVなら広い後席と荷室なんて当たり前だよ・・・と思うだろう。その通り。したがってF-PACEのキモは、SUVでありながらジャガーの走り、それもリアルスポーツであるF-TYPEの走りのエッセンスを注入したとメーカーが謳う高いスポーツ性にある。もしそれが現実なら、F-PACEはとてつもなく実用的なリアルスポーツということになるわけで、「走り」の評価なくしてF-PACEの評価は成り立たない。  事実、ジャガーはF-PACEを開発するにあたって、当時もっとも走りのいいSUVを開発目標に設定したという。具体的な車名も明らかにされていて、BMWのX4を超えることを目標に開発が進められていた。しかしその後ポルシェからマカンが投入され、その運動性能の高さに驚いたジャガーは目標を見直し、マカン超えを目指して走りを鍛え上げていった。  スリーサイズは全長×全幅×全高4740×1935×1665mm。マカンよりわずかに大きいが、まあほぼ同サイズと言ってもいいボディに搭載するエンジンは340ps/380psというパワー違いの3LV6ガソリンスーパーチャージャーと、新世代の2L直4ディーゼル。トランスミッションは全車8速ATとなる。  走りの報告へと話題を進めていく前に、まず褒めちぎっておきたいのがデザインだ。何がいいかって、ひと目でジャガーだとわかる強い個性がグッとくる。  いちばんアイコニックなのはF-TYPEとよく似たテールランプだが、ヘッドライトのグラフィックやセクシーなリアフェンダー周りの造形など、様々な部分にF-TYPEとの類似性が見つかるのはジャガーファンでなくとも嬉しい部分だろう。ちょっと優等生っぽいマカンと比べるとずっとセクシーだし、スポーティーだし、ワルな感じもある。それでいて、細かく観察しても奇をてらった「デザインのためのデザイン」がどこにもないのが、イアン・カラム率いるジャガーデザインの真骨頂だ。  写真を改めてご覧いただければおわかりいただけると思うが、「なぜここにこんなラインが入っているのだろう?」とか「なぜここが尖っているのだろう?」とか、そう感じさせる部分が一切ない。どこまでも自然でシンプルで純粋なデザインでありながら、美しさやセクシーさやスピード感をきちんと表現しているのが素晴らしい。デザイン要素が少ないのは没個性で、多ければ個性的になる・・・、最近のトヨタデザインが陥っている罠に対する強烈なアンチテーゼ。そんな見方すらできるのがF-PACEである。  インテリアはエクステリアと比べるとちょっと大人しい。プレミアムクラスとして眺めると、樹脂パーツやスイッチ類の質感はもうちょっと引き上げて欲しい。  とはいえ、それを補って余りあるほどの魅力を放つのがドライビングポジションを含めた着座感。SUVのなかでも最低地上高を大きめに確保しているため、絶対的なヒップポイントは決して低くはないのだが、シートに収まり、ブレーキペダルに足を載せ、ステアリングに指を絡めつつ前方を眺めたときの感覚はSUV離れしている。  スポーツカー的という表現はいささか誇張に過ぎるけれど、少なくともスポーツセダンに乗っているかのような印象は味わえる。シート、ステアリング、ペダルの位置関係、つまり「人間をどう座らせるか」という基本設計の部分において、F-PACEはきわめてスポーティーなのだ。  さらに、加えてラウンドしたダッシュボードのデザインが、視覚面でもキュッと引き締まった印象を醸しだす。全幅が1935mmもあるとはとうてい思えないタイトなコックピットがドライバーにもたらすのは・・・、これなら思い通りに操れそうだな、という自信だ。  ドライビングポジションでもうひとつ特筆したいのが足元空間の広さ。ジャガーは英国車だから右ハンドルが基本。そのため他の左ハンドルベースのエンジン縦置き4WD右ハンドル車のように足元が窮屈じゃない。ここはマカンに対する大きなアドバンテージだ。 ...

  • Official: ジャガー、初のパフォーマンスSUV「F-PACE」本格受注開始と同時に、"THE JAGUAR WEEK"を開催!
    2016年06月16日 18時30分

    ジャガー・ランドローバー・ジャパン株式会社は、ジャガー初のハイパフォーマンスSUV「F-PACE」の本格受注を、2016年6月13日より開始した。それに伴い、横浜赤レンガ倉庫で開催されている"THE JAGUAR WEEK"の会場にて同車がお披露目された。 ...

  • Report: ジャガー、「F-PACE」と「XE」に500馬力超のエンジンを搭載する「SVR」モデルを開発中
    2016年04月22日 06時00分

    ジャガー・ランドローバー(JLR)のスペシャル・ビークル・オペレーションズ(SVO)部門は、設立以来「SVR」の名前を持つ高性能モデルの新型車を次々と開発しているが、今後もその勢いは止まることがないようだ。米国の自動車情報誌『Car and Driver』によれば、SVOはジャガーの新しい2モデルを現在開発中であり、両車ともジャガーを長年支えてきた名高いスーパーチャージドV8エンジンが搭載されるという。...

  • Official: ジャガー、初のパフォーマンスSUV「F-PACE」1月29日より予約受注開始!
    2016年01月29日 18時00分

    ー ディーゼル・エンジンとガソリン・エンジンを搭載した全5機種をラインアップ ー ジャガー・ランドローバー・ジャパン株式会社は、ジャガー初のパフォーマンス SUV「 F-PACE 」を、1月29日より、全国のジャガー・ランドローバー・ジャパン正規販売ディーラーネットワークにて予約受注を開始した。...