ferrari 関連ニュース - Autoblog 日本版

フェラーリ

1928年、エンツォ・フェラーリがレーシングチームとして創立。1947年から自動車の製造を開始した。「ディーノ」「288GTO」「テスタロッサ」「F40」「エンツォ」など、歴史的な名車と言われるモデルを次々と生み出している。1969年にフィアットの傘下に入って以後も、F1ではトップチームとしての地位を現在も不動のものとしている。 ■公式サイト:http://www.ferrari.com/japanese/

フェラーリ 車種名:

Indicates a Reviewed Model
  • Official: 【ビデオ】事故から蘇った超貴重なフェラーリ「250GTO」の走行映像
    2014年12月13日 18時00分

    もしも数億円のクルマが壊れてしまったとしたら、決して廃車になどせず手間をかけて懸命に修理することだろう。まして、クルマの価値が数十億円ともなると、レストアのためにはどんな費用も惜しまないはずだ。今回は、事故で大破した貴重なフェラーリ「250GTO」が、2年半にわたる修復を終えて元の姿を取り戻したというフェラーリからの発表をご紹介しよう。...

  • Auctions: 【ビデオ】総額20億円以上!? 仏の納屋で見つかったクラシックカー・コレクションが競売に!
    2014年12月12日 19時30分

    クラシックカー・ファンならきっと、ふらりと通りがかった古い納屋で、シートに覆われて長いこと忘れられていたシェルビー「コブラ」やポルシェ「スピードスター」を偶然に発見する、といった夢を描いたことがあるだろう。来年2月6日にフランスのオークションハウス、アールキュリアル(Artcurial)が開催するオークションには、そんな夢のような史上稀に見る掘り出し物の貴重なクラシックカーの数々が出品されるのだ。...

  • Report: 【レポート】3億7千万円のフェラーリ「FXX K」、すでに完売(ビデオ付)
    2014年12月10日 06時30分

    フェラーリが、顧客がテストドライバーを担う研究開発プログラム「XXプログラム」に参加しているオーナー向けに販売するとして、サーキット専用車両「FXX K」を発表したのは、つい先週のことだ。その際にフェラーリが公開した情報は限られていた。ベースとなった「ラ フェラーリ」よりも引き上げられたパワーユニットの最高出力と最大トルクや、エアロダイナミクスの改良によりダウンフォースが増したことなどが発表されたが、それでどのくらい速くなったのか、価格はいくらなのかということについては明らかにされていなかった。その空欄を埋める情報がついに判明したのでご紹介しよう。...

  • Official: 『トップギア』が「カー・オブ・ザ・イヤー 2014」を発表!
    2014年12月09日 17時00分

    英BBC『トップギア』による「カー・オブ・ザ・イヤー 2014」が発表され、BMWの革命的なプラグインハイブリッドのスーパーカー、「i8」が見事、今年1番のクルマに選ばれた。...

  • Official: 世界に6台のフェラーリ「セルジオ」、記念すべき1台目がオーナーの元へ
    2014年12月09日 10時30分

    記憶に残る数多くのフェラーリのデザインを手がけたイタリアのカロッツェリア、ピニンファリーナの元名誉会長である故セルジオ・ピニンファリーナの名前を冠した限定生産車フェラーリ「セルジオ」の1台目が、オーナーの元にデリバリーされた。...

  • Motorsports: 【ビデオ】セバスチャン・ベッテルが、フェラーリのF1マシンで初走行
    2014年12月08日 16時30分

    F1デビュー時はBMWザウバー、初勝利を挙げた時はスクーデリア・トロロッソ、そしてタイトル4連覇を成し遂げた時にはレッドブル・レーシングのウェアを着ていたセバスチャン・ベッテル。2014年シーズンを終えて正式にフェラーリの一員となり、いよいよ真紅のレーシング・スーツを身に纏ったベッテルが、マラネッロにあるフェラーリのファクリーで初仕事に臨んだ。...

  • Etc: フェラーリF1チームのシューマッハ全盛期に使われたモーターホームが売り出し中
    2014年12月04日 21時00分

    F1で我々を最も魅了するのは、もちろんフォーミュラカーだが、サーキットで活躍するクルマはF1マシンが全てではない。レースが行われるコースの側でチームの前線基地となるのが、"モーターホーム"と呼ばれるトレーラーだ。今回は、他でもないスクーデリア・フェラーリが使用していたという2台のトラックとそれによって牽引される2台1組のモーターホームが売りに出されているというのでご紹介しよう。...

  • Auctions: 英のフェラーリ・コレクターが、約1億円で愛車用のナンバープレートを落札!
    2014年12月04日 16時30分

    好みのナンバープレートをクルマに付けたい場合、英国では運転免許庁であるDVLAから買うか、DVLA主催のオークションで競り落とすことができる。そのオークションで"25 O"というナンバープレートがなんと51万8,000万ポンド(約9,690万円)で落札されたという。...

  • Official: フェラーリが、"顧客による車両開発プログラム"用の新モデル「FXX K」を発表!
    2014年12月04日 06時30分

    フェラーリは12月3日、ハイブリッド・スーパーカー「ラ フェラーリ」をベースとするサーキット走行専用車両「FXX K」を発表した。これまでの「FXX」や「599XX」と同様、その目的はレース参戦ではなく、フェラーリの顧客を代表するオーナーがクローズド・コースをドライブすることで得られたデータを将来の市販モデル開発に役立てることにある。 2005年に登場した「エンツォ」をベースとする「FXX」の名前を受け継ぐ、車名の最後に付加された「K」の文字は、サーキットにおけるパフォーマンスを最大化させる事を目的として搭載したエネルギー回生システム「KERS」に由来する。6,262ccV型12気筒エンジンは新設計のカムシャフトを採用し、バルブの駆動機構を改良することなどにより、ラ フェラーリの最高出力800馬力/9,000rpm、最大トルク71.4kgm/6,750rpmから、860馬力/9,200rpmと76.4kgm/6,500rpmに引き上げられ、これに190馬力を発生する電気モーターを組み合わせることでシステム最高出力1,050馬力、最大トルクは91.8kgmに達するという。ポリッシュ加工されたインテークマニフォールドとエキゾースト・システムも変更が加えられ、もちろん触媒は取り外されている。 「HY-KERS」と呼ばれる電気モーターによるアシスト・システムは、センターコンソールに備わる「マネッティーノ」システムによって「Qualify (限られた周回数における最大パフォーマンス)」「 Long Run(一貫した性能を発揮)」「Manual Boost (瞬時に最大トルクを放出)」「Fast Charge (バッテリーの急速充電)」という4種類の設定に切り替えられる。...

  • Translogic: 【ビデオ】フェラーリ「F50」で引っ張って道路脇の水路でウェイクボードをしてみた
    2014年11月28日 19時30分

    フェラーリの希少な限定生産スーパーカー「F50」に引っ張られ、道路脇のかんがい用水路でウェイクボードを楽しんでしまう、という映像をご紹介しよう。...