ferrari 関連ニュース - Autoblog 日本版

フェラーリ

1928年、エンツォ・フェラーリがレーシングチームとして創立。1947年から自動車の製造を開始した。「ディーノ」「288GTO」「テスタロッサ」「F40」「エンツォ」など、歴史的な名車と言われるモデルを次々と生み出している。1969年にフィアットの傘下に入って以後も、F1ではトップチームとしての地位を現在も不動のものとしている。 ■公式サイト:http://www.ferrari.com/japanese/

フェラーリ 車種名:

Indicates a Reviewed Model
  • Paris: 【パリモーターショー2016】フェラーリ、過去の名車70台から着想を得た特別仕様車の概要を発表
    2016年09月30日 10時00分

    2017年に創立70周年を迎えるフェラーリは、その歴史を飾る代表的なモデル70車種をテーマにした70種類の特別仕様「アウトフィット」の製作と概要を発表した。過去の名車が持つそれぞれの特徴を現代的にアレンジし、現行モデル5車種に適用するという。つまり、全部で350台の異なる特別なフェラーリが造られるということになる。...

  • Paris: 【パリモーターショー2016】フェラーリ、限定生産ハイパーカーのオープントップ仕様「ラ フェラーリ アペルタ」を公開
    2016年09月30日 06時00分

    フェラーリは、9月29日に開幕したパリ・モーターショー 2016で、予告どおりハイブリッド・スーパーカー「ラ フェラーリ」のオープントップ・バージョンを公開した。その名を「ラ フェラーリ アペルタ」という。...

  • Official: フェラーリ、「GTC4ルッソ T」を発表 V12エンジンと4輪駆動からV8ターボと後輪駆動に変更
    2016年09月26日 07時00分

    フェラーリは、「カリフォルニア T」に続くターボ・モデルとして「GTC4ルッソ T」を新たにラインアップに追加すると発表した。同車は4シーター4輪駆動の「GTC4ルッソ」と同じボディだが、V型8気筒ターボ・エンジンを搭載した後輪駆動となっている。...

  • Official: フェラーリ、イタリア中部地震の被災者を支援するため「ラ フェラーリ」を1台増産
    2016年09月03日 06時00分

    8月24日にイタリア中部で発生した地震による被災者を支援するため、フェラーリのセルジオ・マルキオンネCEOは「ラ フェラーリ」を新たに1台製造すると発表した。2013年に発表されたこのスーパーカーは499台の限定生産であり、現在はそのオープントップ・バージョンの製造準備が進められているものの、クーペ・モデルは2015年に生産終了となっている。 ...

  • PR: 【PR】憧れの跳ね馬 フェラーリ公認のモデル60台を所有できるチャンス到来
    2016年09月02日 12時00分

    趣味性の高い数々のコレクションシリーズを刊行し続けているデアゴスティーニ。特に自動車に関するシリーズの目の付け所やクオリティは、いわゆる我々のようなプロフェッショナルの間でも評価が高く、実際私などは一度その虜になってしまった経験がある。 それは2007年にフェラーリが(この場合はレーシングチームであるから、スクーデリア・フェラーリと言った方がよいか)、フォーミュラ・ワンで3年ぶりのタイトル(ドライバーズ、コンストラクターズ共に)を獲得した「Ferrari F2007」のラジコンカーで、あの奇跡の逆転勝利の記憶がまだまだ脳裏に焼き付いていた私は、'07仕様のライコネンのヘルメット(表紙は2010年当時のレギュラードライバーであるフェリペ・マッサだったけれど)につられて、思わず創刊号を手に取った(創刊号はフロントウィングだったけれど)。そしてそのひとつひとつのディティールを学びながら楽しめることも含め、結局最後まで(なんと100号だ!)これを揃えてしまったのである。そんな風にして、趣味人の琴線をいつも上手につまびくデアゴスティーニが、再びフェラーリで魅力的なシリーズを展開した。隔週刊「レ・グランディ・フェラーリ・コレクション」がそれである。 ちなみに今回のシリーズも、かなり気合いが入っている。 その名の通り隔週刊ごとに、一台ずつフェラーリ公認のモデル付属マガジンがリリースされて行く仕組みになっている。そして全てのシリーズを揃えると、なんと60台というのである。繰り返していうが、60台(予定)である! しかもこのモデルたちは完成品。毎号毎号組み立てる必要がないから、組み立てが苦手だったり、せっかちな御仁にはピッタリのコレクションなのだ。 となると気になるのはそのクオリティだが、1/24スケールを選んだのは秀逸だった。切手やシールを集めるような1/43モデルの気軽さはないが、それよりディティールは精巧で、しかも1/18スケールほどかさばらない。実際スロットカーでもこのスケールは、質感の良さと手頃さのバランスがよく、人気である。 これが全て合わせて60台というのだから...全部揃えたらそれは壮観だ。 そしてそんな我々の心は、とうにリサーチ済みなのだろう。デアゴスティーニでは創刊号から第12号まで購読した読者全員に、12台が全て収まるコレクションケースをプレゼントするというのである。 参考までに創刊号は8月30日から発売されており、トップバッターは「Ferrari F40」! 今さら言うまでもないが、それはフェラーリ社創業40周年を記念して造り出された「公道を走るCカー」であり、エンツォ・フェラーリがその開発にかかわった最後のフラグシップモデルである。 そして筆者の手元にあるのは、9月13日に発売予定の第2号、「LAFERRARI」。その後も「エンツォ・フェラーリ」(第3号 9月27日発売予定)、「F12 BERLINETTA」(第4号 10月11日)、「TESTAROSSA」(10月25日)、「DINO 206GT」、「365 GT4 BB」、「GTO」、「328GTB」、「348TB」、「F355」と、現行フラグシップモデルやV8フェラーリ、往年の名車を織り交ぜてシリーズが続いて行く。 ...

  • Monterey: 「モントレー・モータースポーツ・リユニオン」に集結した往年のレーシングカーがラグナ・セカを駆け抜ける
    2016年08月28日 06時00分

    米国カリフォルニア州で毎年開催されるモントレー・カー・ウィークの主要イベント、ペブルビーチ・コンクール・デレガンスでは貴重なクラシックカーが実際に動く姿を見ることができる。しかし、往年のレーシングカーがサーキットを思い切り走り回る光景が見たいのであれば、モントレー・モータースポーツ・リユニオンの方こそお薦めしたい。美を競うようなコンクール・デレガンスに対し、こちらはヒストリック・スポーツカーが速さを競い合う。米国版Autoblogのフォトグラファー、ドリュー・フィリップスが現地で多数の写真を撮影して来たので、是非ご覧いただきたい。...

  • Monterey: ペブルビーチに集められた名車たちの美しいディテールをご紹介!
    2016年08月26日 19時00分

    米国カリフォルニア州で毎年開催されるペブルビーチ・コンクール・デレガンスは、ゴージャスを極めたクラシックカーが集まることで有名だが、近年は自動車メーカーが最新の超高額モデルやコンセプトカーを裕福な顧客に披露する場でもあり、自動車とその歴史を愛する人なら訪れるべきイベントの1つである。圧倒されるほど美しいクルマに出会えるだけでなく、それらを間近でじっくりと眺めることで、また別の魅力に気付かされることも多いからだ。 ...

  • Auctions: モントレーで開催されるオークションに、フェラーリ「288GTO」が登場!
    2016年08月14日 10時00分

    米国カリフォルニア州で間もなく始まるモントレー・カー・ウィークを訪れる予定で、懐具合に余裕のある方は、多少の"おこづかい"を用意されることをお勧めする。週末に開催されるオークションに、メカム・オークションズからフェラーリ「288GTO」が出品されるからだ。...

  • Video: 【ビデオ】縦列駐車に失敗したメルセデス「380SL」がフェラーリ「458 スペチアーレ」に乗り上げる!
    2016年08月10日 10時00分

    素晴らしいクルマを買う経済力はあっても、それを運転する能力に欠ける人はたくさんいる。メルセデス・ベンツ「380SL」がフェラーリ「458 スペチアーレ」のノーズに乗り上げてしまっているのも、まさにそれが原因だ。...

  • Report: フェラーリ、モジュール化された次世代プラットフォームを開発中
    2016年08月02日 18時00分

    フェラーリが、空母の構造設計などにも携わる米国のコンサルティング企業「アルテア・プロダクトデザイン」と共同で、次世代車両プラットフォームの開発を行っていると、自動車メディア『Automotive News』が伝えている。このプラットフォームはフェラーリのフラッグシップ・モデルに採用される予定だと、アルテアは7月27日付けで発表したが、現在そのプレスリリースは確認できないようだ。両社のパートナーシップは過去10年以上に及ぶ。...