ferrari 関連ニュース - Autoblog 日本版

フェラーリ

1928年、エンツォ・フェラーリがレーシングチームとして創立。1947年から自動車の製造を開始した。「ディーノ」「288GTO」「テスタロッサ」「F40」「エンツォ」など、歴史的な名車と言われるモデルを次々と生み出している。1969年にフィアットの傘下に入って以後も、F1ではトップチームとしての地位を現在も不動のものとしている。 ■公式サイト:http://www.ferrari.com/japanese/

フェラーリ 車種名:

Indicates a Reviewed Model
  • Auctions: 真っ二つになったフェラーリ「エンツォ」が見事に修復され、オークションで2億円で落札!
    2016年02月07日 19時00分

    まずは、このフェラーリ「エンツォ」をご覧いただきたい。傷一つない美しさだが、かつては必ずしもそうではなかった。今から10年前、すさまじい衝突事故を起こして真っ二つに壊れてしまったのだ。その後、長い年月を経て修復作業が完了し、今月3日にパリで開催されたRMサザビーズのオークションでは、156万8,000ユーロ(約2億円)という値で落札された。...

  • Motorsports: 「残念だがシューマッハについて良い知らせはない」と、フェラーリ元会長のモンテゼーモロ氏が語る
    2016年02月07日 08時00分

    フェラーリ元会長のルカ・ディ・モンテゼーモロ氏が4日、ミハエル・シューマッハの容体について「良い知らせはない」と語った。...

  • Auctions: 落札予想額は37億円以上! 1957年製フェラーリ「335S」がオークションに
    2016年02月05日 06時00分

    2016年に入ってわずか2カ月で、今年の自動車オークションでの最高落札額がすでに記録されてしまいそうだ。間もなくパリで開かれるアールキュリアル社主催のオークションに、1957年製フェラーリ「335S スパイダー」が出品される予定となっており、落札価格は2,800万ユーロ(約37億万円)を超えると予想されている。...

  • Official: フェラーリの米国向け特別限定モデル「F60アメリカ」第1号車が遂に納車
    2016年01月29日 06時00分

    今週のパームビーチには、やけに嬉しそうにしている人物がいたはずだ。きっとその人は、フェラーリ「F60アメリカ」の第1号車を受け取ったばかりに違いない。...

  • Video: 【ビデオ】あのTax the Rich氏が、超貴重なフェラーリ「F40GT」でファームカーナ!
    2016年01月28日 10時00分

    貴重なスーパーカーや高級車で大胆なドライビングを披露する映像を動画サイトに投稿している謎の人物「Tax the Rich(金持ちに課税を)」氏が、今年最初の新作を公開した。 これまで「288GTO」や「F50」(赤と黄色)、「エンツォ」といった様々なフェラーリの希少モデルを乗り回していた彼だが、ケン・ブロックの「ジムカーナ」のような走りを農場でやってみせることから「ファームカーナ」と題した今回のビデオには、ついに「F40」が登場。しかもさらに貴重なレース仕様の「F40GT」だ。 ...

  • Report: フェラーリ、アップデートされた「FF」を2月にコモ湖畔で公開か
    2016年01月28日 06時00分

    フェラーリが、「FF(フェラーリ・フォー)」の新バージョンを発表する準備を整えているようだ。2011年にマラネロから発表されたこの4輪駆動シューティングブレークは、同社の現行ラインナップの中で最も古いモデルとなってしまった。だが、それも間もなく変わりそうだ。...

  • Official: フェラーリ、「カリフォルニアT」に新オプション「ハンドリング・スペチアーレ」パッケージを設定
    2016年01月26日 11時00分

    フェラーリが、フラット・プレーン・クランクシャフトを特徴とするツインターボチャージャー付き3.9リッターV8エンジンを搭載した「カリフォルニアT」を発表してから約2年が経つ。開閉式ルーフを持つ2+2シーター「カリフォルニア」の発展型として登場したフェラーリ久々の過給器付きモデルを当時テストした我々は、確かに魅力的なドライビングを味わえる、運転する価値のあるクルマであることが分かり、この改良に納得したものだ。そして今年3月に開催されるジュネーブ・モーターショーで発表されるという新たなハンドリング・オプション「ハンドリング・スペチアーレ」は、このロードスターの運動性能をさらにシャープに高めることだろう。...

  • Auctions: 予想落札価格は約4億円! 希少なフェラーリ「400スーパーアメリカ エアロディナミコ」がオークションに
    2016年01月24日 19時00分

    1959年のトリノ・モーターショーで発表された「400 スーパーアメリカ」は、当時としてはフェラーリ史上最高で最速のグランド・ツアラーだった。ジョアッキーノ・コロンボが設計した「250GT」の3.0リッターV12をベースに、ボアを拡大した4.0リッター・エンジンを搭載し、先代の「410スーパーアメリカ」で使用されていたドラムブレーキは、4輪とも全てディスクブレーキに変更。4速トランスミッションにはオーバードライブが追加された。オリジナルのコンバーチブルが登場した翌年の同じトリノ・ショーでデビューしたのが、洗練されたクーペ・ボディを持つ「エアロディナミコ」だ。そしてさらに2年後、2,600mmというロング・ホイールベースの「250GTE」用シャシーが、400スーパーアメリカに採用される。写真の車両はその1台で、2月のオークションに出品されるという。...

  • Official: フェラーリのデザイン・コンテスト、最優秀作品は「マニフェスト」に決定(ビデオ付)
    2016年01月23日 17時00分

    フェラーリが開催したデザイン・コンテスト「フェラーリ・トップ・デザイン・スクール・チャレンジ」には、世界中から選抜された有名デザインスクールの学生が参加し、未来のフェラーリを描いたデザインを競い合った。そして先日ご紹介した最終選考に残った4校の中から、ついに最優秀作品が決定した。...

  • Auctions: 真っ二つになったフェラーリ「エンツォ」がオークションに 予想落札価格は2億円以上
    2016年01月23日 10時00分

    今回ご紹介する2004年製フェラーリ「エンツォ」は、限定400台のみが生産された希少なモデルの中でもさらに特別な1台だ。さかのぼること2006年、実業家のステファン・エリクソン氏が米国カリフォルニア州マリブの州道1号線で電柱に激突させ真っ二つにした、あのエンツォなのだ。この曰わく付きのスーパーカーが、2月3日にパリで行なわれるRMサザビーズのオークションに出品される。落札価格は150万ユーロ(約2億円)から200万ユーロ(約2億6,000万円)になると予想されている。...