ferrari 関連ニュース - Autoblog 日本版

フェラーリ

1928年、エンツォ・フェラーリがレーシングチームとして創立。1947年から自動車の製造を開始した。「ディーノ」「288GTO」「テスタロッサ」「F40」「エンツォ」など、歴史的な名車と言われるモデルを次々と生み出している。1969年にフィアットの傘下に入って以後も、F1ではトップチームとしての地位を現在も不動のものとしている。 ■公式サイト:http://www.ferrari.com/japanese/

フェラーリ 車種名:

Indicates a Reviewed Model
  • Official: リバティウォークがフェラーリ「360モデナ」「F430」向けワイドボディ・キットを発売!
    2016年05月21日 06時00分

    高級スーパーカー向けの大胆なアフターパーツで注目を集める日本のリバティウォークが、フェラーリ「360モデナ」及び「F430」向けの新しいワイドボディ・キットを6月に発売する。これらのカスタマイズ・パーツは、エアロダイナミクスの向上と同時にフェラーリのイメージを変えることが出来るようにデザインされている。巨大なウィングもきっと何かの役に立つはずだ。...

  • Green: 【ビデオ】火災に遭ったフェラーリ「308GTS」が、電気自動車として生まれ変わった!
    2016年05月11日 19時00分

    過去にはフェラーリ製のエンジンが搭載されたランチア、アルファ ロメオ、マセラティ、そしてプライベーター系F1マシンなどがあったが、フェラーリに別のパワーユニットを載せてしまうとなると、話はまったく異なる。しかも完全な電気自動車(EV)に造り替えてしまった人たちがいる。南カリフォルニアにある会社が、1978年型フェラーリ「308GTS」のV8エンジンを、電気モーターとバッテリーパックに交換してしまったのだ。...

  • Official: FCAジャパン、フェラーリ顧客向けの代車として「アバルト 695 ビポスト」の提供を開始
    2016年05月10日 17時30分

    FCAジャパン株式会社は、アバルトブランドの「Abarth 695 Biposto(ビポスト)」を、フェラーリ・ジャパンの顧客を対象としたサービス代車として提供し、フェラーリ・ジャパンは5月2日よりサービス提供を開始した。...

  • Official: 【ビデオ】推定落札価格は28億円! 希少なフェラーリ「275GTS/4 NART スパイダー」がオークションに
    2016年05月06日 10時00分

    フェラーリの「275GTS/4 NARTスパイダー」は同社が製造したコンバーチブルの中でも最も美しいモデルの1つだが、最も希少なモデルの1つでもある。生産台数はわずか10台に過ぎないからだ。その中でも最後に工場からラインオフした1台で、しかも欧州で唯一新車として販売されたNARTスパイダーが、5月14日にモナコで開催されるRMサザビーズのオークションに出品される。また、新車当時にグリージョ・スクーロと呼ばれるミディアム・グレーで塗られたNARTスパイダーもこの1台のみだったという。近年になって上品なダーク・レッド・メタリックで塗り直されているが、一般的に鮮やかな赤が好まれるフェラーリとしては珍しいことだ。そしてこの車両は全ての275の中でも最後から3番目に生産された個体だそうだ。...

  • Featured: Autoblogの記者たちが、自分好みの新型フェラーリ「GTC4ルッソ」をコンフィギュレーターでカスタマイズ
    2016年05月02日 19時00分

    歴史的に見ると、フェラーリといえば赤色のイメージがある。だが、新型「GTC4ルッソ」は伝統的なフェラーリとは異なっている。4輪駆動でハッチバック・スタイルを持つこのクルマを創設者のエンツォ・フェラーリが見たら、さぞかし驚嘆することだろう。この新型車は、実のところこれまでの「FF」に改良を施し、さらなるパワーと4輪操舵システム、そして往年の名車を思い起こさせる名前を与えたモデルだ。フェラーリの公式サイトでコンフィギュレーターが公開されたことから、Autoblogの記者たちが早速、各自の理想の1台を作り上げてみた。まずは我々のお気に入りのカスタマイズをご覧いただき、それから是非、あなただけの完璧なGTC4ルッソもデザインしてみてほしい。...

  • Report: 【ジュネーブ・モーターショー】ド直球に贅沢な「フェラーリ GTC4ルッソ」:山田弘樹
    2016年05月02日 17時00分

     フェラーリはフロントに6.3リッターのV型12気筒エンジンを搭載する4輪駆動のシューティングブレイク、「FF」(フェラーリ・フォー)を5年降りにビッグマイナーチェンジ。その名も「GTC4 ルッソ」と改めた。この名前は、1960年代に登場したフェラーリの最上級モデル、250GTルッソや330GTCにルーツを置いており、より細かくなったフロントグリルのホリゾンタルバーや、フロントフェンダーのエアアウトレットがこれになぞらえられたが、かつての名車とGTC4ルッソを外観で結びつけるものはさほど多くない。  つまりフェラーリとしては、フロントにV型12気筒エンジンを搭載する最もラグジュアリーな4シーターモデルということを強調したかったのだろう。なぜならルッソというイタリア語は、ド直球に『贅沢』を意味するのだから。 ...

  • Report: フェラーリ、第4弾のテーマパークを北米に建設か?
    2016年04月25日 06時00分

    フェラーリが、さらなるテーマパークの建設を予定しているという。その場所は北米のどこかになるようだとブルームバーグが伝えている。...

  • Official: 【ビデオ】80年代のカラーリングをまとったフェラーリ「488 GTB」が、「308 Gr4」とパリの街をランデブー
    2016年04月21日 20時00分

    我々はレトロなレーシングカーのカラーリングに目がないが、それが公道用のスーパーカーに施された場合はなおさらのことである。例えば、マルティーニのレーシング・ストライプを入れたポルシェ「918スパイダー」、ガルフ・ブルーとオレンジで塗り分けられたフォード「GT」、そして今回パリで発表された最新のフェラーリ「488 GTB」などだ。...

  • Etc: 2台の「ラ フェラーリ」がドバイで売り出し中! うち1台の値段は約3億2,700万円(ビデオ付)
    2016年04月14日 06時00分

    フェラーリのハイブリッド・ハイパーカー「ラ フェラーリ」といえば限定生産・販売された希少なモデルだが、アラブ首長国連邦にはずいぶん多くあるようなのでご安心いただきたい。というのも、そのうち2台が現在、ドバイのディーラーから売りに出されているのだ。2台ともボディカラーはもちろんレッドである。...

  • Etc: フェラーリ「412」をベースにしたワンオフのコンバーチブル、「412パヴェージ ヴェントロッソ」がイタリアで売出し中!
    2016年04月06日 19時00分

    写真の独特なフェラーリは、1989年にイタリア・ミラノの知る人ぞ知るカロッツェリア、パヴェージが「412」をベースにワンオフで作り上げたコンバーチブル。車名を「412パヴェージ ヴェントロッソ」という。"ヴェントロッソ"はイタリア語で"赤い風"という意味だ。その"改良された"ボディワークには落涙を誘われる。...