ferrari 関連ニュース - Autoblog 日本版

フェラーリ

1928年、エンツォ・フェラーリがレーシングチームとして創立。1947年から自動車の製造を開始した。「ディーノ」「288GTO」「テスタロッサ」「F40」「エンツォ」など、歴史的な名車と言われるモデルを次々と生み出している。1969年にフィアットの傘下に入って以後も、F1ではトップチームとしての地位を現在も不動のものとしている。 ■公式サイト:http://www.ferrari.com/japanese/

フェラーリ 車種名:

Indicates a Reviewed Model
  • Motorsports: F1スクーデリア・フェラーリ、来季はライコネンに替えてボッタスを起用か?
    2015年07月02日 07時30分

    2014年にスクーデリア・フェラーリに復帰して以来、依然として調子が上がらないキミ・ライコネン。フェラーリ復帰前に在籍したロータスでは、2012年にドライバーズ選手権で3位、2013年は5位だったが、昨シーズンはチームメイトだったフェルナンド・アロンソに106ポイント差をつけられ12位に終わった。...

  • Official: インテリアに新素材が使われた、フェラーリ「カリフォルニア T」がグッドウッドに登場!
    2015年06月30日 21時30分

    フェラーリの「テーラーメイド」プログラムは、新車をオーダーするときに自分好みのスタイルに仕上げてくれる。英国で開催された「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」では、その一例として製作されたユニークなカブリオレが展示された。...

  • Etc: ボンネビル最速記録を打ち立てたフェラーリ「テスタ ドーロ コラーニ」が売り出し中!
    2015年06月26日 20時00分

    フェラーリのクルマが速く走るようにデザインされているのは周知のことだが、そのパフォーマンスの測定にはいくつかの異なる基準が存在する。今回ご紹介するのは、最高速度という一つの目標を考えてデザインされた1台で、しかも現在それが売りに出されている。...

  • Motorsports: F1今シーズン最後のインシーズンテスト: 初日は豪雨、2 日目はドライコンディションに
    2015年06月25日 23時00分

    オーストリアグランプリ後にシュピールベルクで行われた今シーズン最後のインシーズンテストで、ピレリは、 2016 年型 Formula One タイヤレンジに組み入れられる可能性がある新素材をテストした。マノー以外の全チームがテストに参加、Formula One デビューとなるフェラーリのアントニオ・フォコやトロ・ロッソ のマルコ・ウィットマンを含む多くのテストドライバーおよびリザーブドライバーがステアリングを握った。 テスト初日の火曜日は豪雨に見舞われ、午前中のテストが赤旗による中断となり、午前中は、わずか数名のドライバーがフルウェットタイヤで試験的なレコノサンスラップを走行。午後は、インターミディエイトタイヤでの走行に始まり、その後、スーパーソフト、ソフト、ミディアムが使用された。中断された時間を埋め合わせるために、テストは午後8時まで継続。...

  • Report: アルファ ロメオの新型「ジュリア」(仮)は、フェラーリ製V6エンジンを搭載?
    2015年06月24日 11時30分

    アルファ ロメオにはこれまで数十年の間、評判の高い自社製のV6エンジンを、クーペやセダン、そしてスポーツカーに搭載して来た輝かしい歴史がある。だが、間もなく発表される新型セダン(車名は「ジュリア」になると噂されている)には、フェラーリが開発した6気筒エンジンが採用されるかも知れない。...

  • Featured: 150台以上のフェラーリが参加! コーンズ、サーキット・イベントを富士スピードウェイで開催
    2015年06月23日 22時00分

    長年にわたりフェラーリの正規ディーラーとして知られているコーンズ・モータースは5月31日、サーキットで跳ね馬オーナー達が愛車を思い切り走らせることができるイベント「コーンズ・サーキット・エクスペリエンス」を開催した。 会場となった富士スピードウェイのパドックにお邪魔すると、「F12 ベルリネッタ」や「458 イタリア」のような最近の車種から、「ディーノ」「512BB」などヒストリック系、そして「F40」「F50」というレアな限定モデルまで、150台を超えるフェラーリが並んでいた。中でもサーキット走行イベントというためか、センター・ストライプが勇ましい「458 スペチアーレ」「430 スクーデリア」そして「599GTO」といった硬派向け高性能モデルの姿が目立つ。ピット内には限定生産の最新ハイパーカー「ラ フェラーリ」や、往年のF1マシンまで走行準備を整え、時間が来ればコースインして雲上サウンドを聴かせてくれる。フェラーリに憧れるファンがこの場に居れば、天国は富士山の側にあったのかと(筆者のように)思うかも知れない。 走行プログラムは、フェラーリの性能を存分に楽しめるフリースポーツ走行をはじめ、同乗者と一緒にコースを走れるファミリー走行、クラシック・モデルによるパレードラン、さらにはレース用モデル限定のスリック・スポーツ走行やプロドライバーが同乗してくれるカテゴリーまで多彩に用意されている。 ...

  • Video: 【ビデオ】4台のフェラーリ「FXX K」がイモラ・サーキットに集結!
    2015年06月21日 17時00分

    フェラーリのサーキット専用車両「FXX K」は1台見ることも稀であり、ましてや同時に4台ものFXX Kが見られることは滅多にない。さらにもしそんな機会に恵まれたとしても、イタリアのイモラ・サーキットを同時に走る姿を見ることなどまずないだろう。今回ご紹介するビデオは、そんな貴重な場面を収めたものである。是非ボリュームを上げてお楽しみいただきたい。...

  • Video: 【ビデオ】今までとはひと味違う、ジェームズ・メイのフェラーリ「488 GTB」試乗レビュー! 
    2015年06月15日 18時00分

    今後の英BBC『トップギア』の司会者陣がどんな顔ぶれになるとしても、現実問題として、決して今までと同じような番組にならないことだけは確かだろう。気になるのは、元司会者のジェレミー・クラークソン、リチャード・ハモンド、そしてジェームズ・メイが、3人一緒ではなくても、また3人を結び付けていた番組から離れても、果たして今までと変わらぬ姿を見せてくれるかということだ。今回ご紹介する映像は、そんな懸念に対する大きなヒントとなるかも知れない。...

  • Exclusive: フェラーリ会長が「ディーノ」復活の見通しについて発言
    2015年06月12日 07時30分

    自動車の歴史において、「ディーノ」は人々から最も復活が望まれている名前の1つである。フェラーリの創設者エンツォ・フェラーリの長男で、1956年に24歳という若さで亡くなったアルフレードの愛称から名付けられたディーノのエンブレムは、1968~1976年に生産された、比較的手頃な価格で、より小型のミドシップエンジン・スポーツカーのシリーズに付けられていた。そして今回、フェラーリのトップがディーノを、フェラーリまたはディーノ・ブランドの新型モデルとして復活させる見通しについて言及した。...

  • Official: トゥーリング・スーパーレッジェーラが、新旧2台のフェラーリをヴィラ・デステに出展
    2015年05月28日 16時00分

    イタリアのクラシックカーの祭典「コンコルソ・デレガンツァ・ヴィラ・デステ」で、ミラノのコーチビルダー、カロッツェリア・トゥーリング・スーパーレッジェーラは長きにわたり常連として名を連ねているが、今年はこれまでの歴史を振り返るべく、新旧2台のフェラーリを出展した。...