citroen 関連ニュース - Autoblog 日本版

シトロエン

フランス三大自動車メーカーの1つで、1919年にアンドレ・シトロエンによってバリのジャヴェル河岸に創立された。フォードに倣った大量生産方式をヨーロッパでいち早く取り入れたことで急成長。世界に先駆けて前輪駆動方式を採用したモデルを生産した。「2CV」のような合理的なクルマ作りと、「DS」のハイドロ・ニューマティック・システムに見られる先進的・独創的な設計で知られる。1934年からミシュランが経営に参画、1976年からプジョーと同じPSA・プジョー・シトロエンの傘下に。日本では熱烈なファンこそ多いが車体を共用するプジョーとは販売面で水を開けられている。個性的なデザインを武器に巻き返しを図る。

シトロエン 車種名:

Indicates a Reviewed Model
  • Official: プジョー、シトロエン、DSの全車種で、今なら残価設定型3年ローンの金利が0%に
    2017年02月20日 20時00分

    プジョー・シトロエン・ジャポンでは、2月20日(月)から3月21日(火)まで、プジョー、シトロエン、DSの全車(2月20日現在、新車で販売されている全モデル)を対象に、ローン元金一部据え置き型ローン「パスポート(3年タイプ)」に0%金利が適用される「0% SPECIAL 30DAYS」キャンペーンを開催中だ。...

  • シトロエンが「車内で過ごす時間」をテーマにした調査結果を発表 日本人は人生のうち2年と5ヵ月をクルマの中で過ごすことが判明
    2017年02月16日 10時00分

    シトロエンが、調査会社のCSAリサーチと共に「車内で過ごす時間」をテーマに行った大規模調査の興味深い結果を発表した。この調査は2016年7月から2017年1月にかけて、フランス、ドイツ、スペイン、イタリア、ポーランド、ポルトガル、イギリス、アルゼンチン、ブラジル、中国、日本の11ヶ国で行われ、各国で15歳以上の約500人を対象者としている(日本では18歳以上を対象に調査を実施)。 さて、日本人はクルマの中でどのように、どれだけの時間を過ごしているのか。シトロエンによると主な調査結果は以下の通り(ちなみにカッコ内はヨーロッパの平均)。...

  • Official: シトロエン、マイナーチェンジした「C4ピカソ」を日本で販売開始 最新の運転支援技術やディーゼル・エンジンも用意
    2017年02月15日 06時00分

    プジョー・シトロエン・ジャポンは、フェイスリフトされたシトロエンの人気MPV「C4 ピカソ」を、3月1日より全国のシトロエン販売店でデリバリー開始すると発表した。最新の運転支援技術が搭載されたほか、従来の1.6リッター・ガソリンターボ・エンジンに加え、ピカソ専用にチューニングされた2.0リッター・クリーンディーゼル「BlueHDi」エンジンも日本市場に導入されることになった。...

  • Official: シトロエン、ジュネーブ・モーターショーで発表するコンパクトSUV「C-AIRCROSS コンセプト」の画像と概要を公開(ビデオ付き)
    2017年02月08日 19時00分

    シトロエンは、3月のジュネーブ・モーターショーで発表を予定しているコンパクトSUV「C-AIRCROSS コンセプト」の画像と概要を一足早く公開した。...

  • Official: フォードとトヨタ、スマートフォンとクルマをつなぐ「スマートデバイスリンク」の業界標準化に向けたコンソーシアムを設立 スバル、マツダ、スズキも参画
    2017年01月04日 18時00分

    フォードとトヨタは4日、スマートフォンとクルマをつなげ、車内でアプリを利用するためのオープンソース「スマートデバイスリンク(SDL)」を管理する非営利団体「スマートデバイスリンク コンソーシアム」の設立を発表した。2社の他にも富士重工業、マツダ、スズキ、PSAグループ(プジョーやシトロエン)が参画し、多数の企業、サプライヤー、アプリ開発者が協調することで、業界標準化を目指すという。...

  • Official: 待望のディーゼルモデルもラインナップ!! シトロエン「C4ピカソ」がマイナーチェンジして登場!!
    2016年11月27日 18時00分

    プジョー・シトロエン・ジャポンは、シトロエンの人気MPV「C4 ピカソ」 にPSAグループ最新のクリーンディーゼルエンジンであるBlueHDiを搭載。さらに、フェイスリフトや最新の運転支援技術を充実させ、日本導入を来春より開始すると発表した。 ディーゼルエンジンの開発に長い歴史を持つPSAグループの、集大成ともいうべきBlueHDiは、2013年9月からすでにグローバルで累計生産100万台を突破している実績のあるエンジン。 日本市場へはシトロエン C4、DS4 、プジョー 308、508 などPSAグループの3ブランド全5モデルに搭載されており、順調な売り上げとなっているとのこと。 C4 ピカソ についてもBlueHDiの導入が待たれていたが、ピカソ専用に最適化された2.0リッターの150psバージョンを初搭載するほか、1.6Lのガソリンモデルも含めて、よりプレミアムなミニバンとして大幅改良された。 外観では5シーターと7シーターのフロントマスクを共通化、ヘッドライト周辺にブラックのフレームを入れより引き締まった表情へとフェイスリフトされた。 サイドビューでは7シーターのみ改良が加えられた。ルーフレールカラーを明るいシルバーとし、存在感を際立たせている。 装着されているアロイホイールも5シーター(17インチ)は新デザインを採用。7シーター(17インチ)はグレーからブラックにホイールカラーを変更された。 リアのダブルシェブロンロゴはエンブレムの中央をブラックで塗りつぶし、より引き締まった印象と立体感があるデザインに変更された。 グレードやオプションによって、両手がふさがっていても開閉可能なハンズフリー電動ゲートや、PSAグループ最新の運転支援技術を多数搭載しているのも大きな特長だ。...

  • Paris: 【パリモーターショー2016】シトロエンのブースで見付けた、3つのフランス車らしいユニークな機能
    2016年10月11日 11時00分

    パリ・モーターショーの締め括りとして、素晴らしく奇妙なフランス車の世界をお届けしたいと思う。最初に訪れたシトロエンのブースでは多くの興味深いものを見つけ、私たちは素通りすることができなかった。フランスの伝統ともいえる、とても風変わりな、しかし大いに実用的な機能をいくつかご紹介しよう。楽しくて、ちょっとオタクっぽくもあり、いずれもこのモーターショーでは見逃せないものばかりだ。...

  • Official: シトロエンから分離してパワーアップした「DS 3 PERFORMANCE」、日本ではわずか40台の限定発売
    2016年10月08日 07時00分

    プジョー・シトロエン・ジャポンは7日、「DS 3」に加わった高性能な限定モデル「DS 3 PERFORMANCE」の日本導入を発表。わずか40台の限定で同日より発売した。 現在はシトロエンから独立したブランドとなったDSだが、かつては世界ラリー選手権で圧倒的強さを誇ったマシンのベースとして、"シトロエン DS3"の名前を覚えている方も多いだろう。その成功を後ろ盾に、(何度か)限定販売されたホットハッチ「DS3 Racing」の後継にあたるのが、このDS 3 PERFORMANCEだ。DSブランドが設立された際に、そのモータースポーツ部門も「シトロエン・レーシング」から派生する形で「DS パフォーマンス」が起ち上げられた。だから車名に付加されたその血統を表す文字も「Racing」から「PERFORMANCE」に改められたというわけだ。 変わったのは名前とバッジだけではない。1.6リッター直列4気筒ターボの最高出力は、シトロエン時代の207ps/6,000rpmから208ps/6,000rpmへ、最大トルクは28.0kgm/2,000-4,500rpmから30.6kgm/3,000rpmに高められ、駆動系には新たにトルセンLSDが組み込まれた。トランスミッションはこれまで通り、6速マニュアルのみの設定で前輪を駆動する。18インチ・ホイールと205/40R18タイヤを履く足回りはノーマルのDS 3よりもトレッドが拡大され、独自のダンピング設定が施されているというが、DS3 Racingと違って車高は低められていないようだ。フロントにはブレンボ製ブレーキ・キャリパーも装備する。...

  • Official: シトロエン「C4 CACTUS」を限定発売
    2016年10月07日 13時00分

    プジョー・シトロエン・ジャポン (本社:東京都渋谷区、社長:クリストフ・プレヴォ)は、シトロエンのクロスオーバーモデル、「C4 CACTUS」を、初回限定200台発売した。 ...

  • Official: シトロエン、「C3 WRC」で世界ラリー選手権に復帰!
    2016年09月24日 07時00分

    シトロエン・レーシングがFIA 世界ラリー選手権(WRC)に復帰する。今月20日、同社は新たな参戦車両を予告する「C3 WRC コンセプト」の画像と動画を公開。実車は9月29日に開幕するパリ・モーターショーで発表される。コンセプト・モデルとされているが、2017年から施行されるWRCの新たな車両規定に則したマシンとして開発されており、これに近い車両が2017年1月のモンテカルロ・ラリーで見られるはずだ。そして将来的にはシトロエンからホットハッチが発売されることにつながるかもしれない。...