chrysler 関連ニュース - Autoblog 日本版

クライスラー

クライスラーは、クライスラーグループLLCのブランドの1つ。その歴史は、1925年にウォルター・パーシー・クライスラーが、旧クライスラー社を創設したことに始まる。経営の不振により、1998年から2007年までドイツのダイムラーベンツ社と合併。2009年4月30日(現地時間)に日本の民事再生法にあたる連邦破産法11条の適用を申請し、現在はイタリアの自動車メーカー、フィアットが主要株主となっている。デトロイトにある米の主要自動車メーカー3社、いわゆるビッグスリーの中では、唯一米国外の会社が経営権を握っている。 ■公式サイト:http://www.chrysler.co.jp/

  • Report: 米国の3大自動車メーカー首脳陣がトランプ大統領と会談  さらなる国内雇用を要求された各メーカーCEOの反応は?
    2017年01月28日 11時00分

    予想通り、ドナルド・トランプ米国大統領は、フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)、フォード、ゼネラル・モーターズ(GM)の首脳陣と会談を24日午前(現地時間)に行い、米国内での雇用創出を促進するよう要求した。この会談に先立ち、トランプ氏は「私は、国内市場向けのクルマのために新しい工場を国内に建設してもらいたいと考えている!」とツイートしていた。会談の内容がすべて公開されている訳ではないが、大統領は「自動車産業のリーダーたちと素晴らしい会談を行った」とツイート。会談後には、FCAのセルジオ・マルキオンネCEO、フォードのマーク・フィールズCEO、GMのメアリー・バーラCEOが揃って好意的な反応を示している。...

  • Featured: 80周年を迎えたMOPARの歴史を、過去の広告で振り返る
    2017年01月11日 18時00分

    MOPARは単なるクルマのパーツ・ブランド以上の存在だ。1937年に不凍液のブランドとして誕生したMOPARは、80年後の現在、フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)のアイコン的なアフターマーケット部門に成長し、マッスルカーからスマートフォンのアプリに至るまで、あらゆるものを手掛けることで知られている。...

  • Official: クライスラー、ミレニアム世代向けに開発したコンセプトカー「ポータル」をCESで発表
    2017年01月04日 06時00分

    フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)は、今年のCES(国際家電ショー)に出展するコンセプトカー「クライスラー ポータル」の画像と概要を一足先に公開した。...

  • Report: 新車から1年後の価値が最も激しく下落したクルマ・トップ12(米国の場合)
    2016年12月30日 10時00分

    新車で買ったクルマが、ナンバープレートが付いた途端に一気に価値が下がることは、新車を買ったことのある人ならご存じだろう。それを考えると、まさに気分まで"下がって"しまう。...

  • Official: FCAがクライスラー「パシフィカ ハイブリッド」をベースにしたGoogleの自動運転車を公開
    2016年12月23日 18時00分

    当面の間、これがGoogleの自動運転プロジェクトで使われるクルマとなる。フィアット・クライスラー・オートモビルズ(FCA)は100台のクライスラー「パシフィカ ハイブリッド」を、Googleが自動運転技術開発部門として新たに設立した子会社「Waymo(ウェイモ)」へ提供すると発表した。FCAによると、これらのパシフィカはWaymoの自動運転技術を搭載し、来年早々に公道での試験走行が開始されるという。車体にはセンサーやテレマティクスなどが装備され、自動運転車として最適に機能するように、パワートレインや電気系統にも変更が施される。 ...

  • Report: クライスラー、新型ミニバン「パシフィカ」の電気自動車バージョンを間もなく公開
    2016年12月22日 07時00分

    フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)が、クライスラーの新型ミニバン「パシフィカ」の完全電気自動車(EV)バージョンを、来年1月に開催されるCES(国際家電ショー)でデビューさせると、"事情に詳しい関係者の話"として金融情報メディア『ブルームバーグ』が伝えている。パシフィカといえば、電気モーターのみによる航続距離が30マイル(約48km)のプラグイン・ハイブリッドモデル「パシフィカ ハイブリッド」が既に発表済みだ。新たに登場するこの完全EVバージョンが、FCAがGoogleに提供する予定の自動運転車のベースとなるのかどうかは今のところ分かっていない。...

  • Official: シボレーの新型電気自動車「Bolt」が、2017年グリーン・カー・オブ・ザ・イヤーを受賞
    2016年11月21日 11時00分

    今月8日に発表された2017年のグリーン・カー・オブ・ザ・イヤーの最終候補は5台ともすべてプラグイン車だったので、今年の受賞車が電動パワートレインを搭載するクルマから選ばれることはすでに分かっていた。そして今月17日、米国の自動車雑誌『Green Car Journal』の編集者であり、出版者のロン・コーガン氏がついに同賞の受賞車を発表。2017年型シボレー「Bolt」が受賞した。コーガン氏は、あらゆるものが変化を遂げようとしている今、同車が自動車産業の今の流れを象徴しているとコメントした。かつてセルモーターが発明された時と同じように、今は変化の時なのだ。だが、この新型電気自動車受賞の報せは、すでに何度も耳にしている気がする。今週だけで、シボレー Boltは米国の自動車誌『Motor Trend』のカー・オブ・ザ・イヤーも受賞し、『カー・アンド・ドライバー』の毎年恒例の「トップ10」にも名前が挙がっているのだ。...

  • Report: クライスラー「300」とダッジ「チャレンジャー」「チャージャー」の製造は2020年まで継続か
    2016年11月18日 18時00分

    フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)は、ダッジ「チャレンジャー」と「チャージャー」、そしてクライスラー「300」の製造を少なくとも2020年までは続ける予定だと自動車メディア『Automotive News』が報じている。この情報は2人の匿名の情報筋から得たもので、カナダの労働組合「Unifor」と同社の新たな労働契約において、その詳細が大まかに確認されたようだ。...

  • Official: ウォルター・P・クライスラー博物館、今年末をもって閉館
    2016年11月16日 15時00分

    ミシガン州オーバーン・ヒルズにあるウォルター・P・クライスラー博物館が今年で閉館するという残念なニュースが届いた。経営コストを賄いきれず、2012年末に一度閉館したが、今年6月から隔週の週末にのみ開館するという方式で再スタートを切っていたところだった。しかしこの度、クライスラーは2016年12月18日をもって同博物館の歴史に完全に幕を下ろすことを決定したのだ。...

  • Official: 2017年グリーン・カー・オブ・ザ・イヤー、最終候補に選出された5台が発表に
    2016年11月11日 07時00分

    2017年グリーン・カー・オブ・ザ・イヤーの最終候補が出揃った。今年は、しばらく姿がなかったミニバンも選ばれている。今月8日、米国の自動車雑誌『Green Car Journal』より発表された5台の最終候補車は、いずれも特徴的なプラグイン・モデルばかりだ。同紙の編集者であり出版者のロン・コーガン氏は「今や電気自動車(EV)化は、この先の時代において高効率なモデルを生産する上で必要不可欠な技術であると、ほとんどの自動車メーカーが考えている」と声明を述べている。それでは、ファイナリストたちの顔ぶれを見てみよう。...