ワゴン 関連ニュース - Autoblog 日本版

ワゴン

  • Official: スバル、「BRZ」と「WRX S4」の「STI Sport CONCEPT」を東京オートサロン 2017に出展!!
    2017年01月02日 10時00分

    スバルは、同社のモータースポーツ統括会社であるスバルテクニカインターナショナル(以下略称:STI)と共同で、2017年1月13日~15日に幕張メッセで開催される「東京オートサロン 2017」に「BRZ」と「WRX S4」の「STI Sport CONCEPT」等を出展すると発表した。...

  • Etc: 米国版Autoblogの編集者たちが、2016年に購入した自分のクルマをご紹介!
    2016年12月31日 19時00分

    詰まるところ、Autoblogのスタッフというのはクルマが大好きな男女の集まりだ。しかし、多くの人と違って、我々は米国で販売されるほとんどの新車に取材等で長時間の試乗をすることが許される。だから当然かもしれないが「あなたはどんなクルマに乗っているの?」とよく訊かれることがある。 そのことを念頭に置いて、2016年に米国版Autoblog編集者が自分のために購入したクルマの一部をご紹介しようと思う。ご存じのように、自動車に対する好みは人によって様々で、さらに率直に言うと我々のそれはちょっと変わっている。どう変わっているのかは本稿で確かめてみてほしい。...

  • Video: 【ビデオ】司会者3人が手放しでドラッグレース!? 『トップギア』シーズン24の予告編が公開
    2016年12月30日 06時00分

    最近はAmazonの新自動車番組が注目を集めているが、シーズン24に向けて巻き返しを狙っている、英国BBCによるあの番組のことも忘れてはいけない。そう、『トップギア』だ。...

  • Featured: 4輪駆動の1986年型日産「スタンザ ワゴン(プレーリー)」を廃車置場で発見
    2016年12月18日 19時00分

    スバルが小型4輪駆動車の市場を席巻するより約10年ほど前、米国では他の日本車メーカーからも多くの4輪駆動モデルが販売されていた。例えば、トヨタは「ターセル ワゴン」とその後継の「カローラ・オールトラック・ワゴン」(初代と2代目の「スプリンターカリブ」)、ホンダは「シビック ワゴバン」(「シビックシャトル」)、三菱は「ダッジ/プリムス コルトビスタ」こと「シャリオ」に4輪駆動を設定していたのだ。日産も例外ではなく、他国では「プレーリー」の名で知られる「スタンザ ワゴン」の4輪駆動モデルを米国の市場に導入していた。販売台数はそれほど多くなかったが、コロラド州あたりでは結構見掛ける。先日もデンバーの廃車置場で、走行距離が多くあちこち錆び付いた1986年型のスタンザ 4WDワゴンを発見した。...

  • Official: スウェーデン警察も絶賛!! 最高評価を受けたボルボ「V90」をポリスカーに採用!!
    2016年12月12日 11時00分

    スウェーデン警察はボルボ「V90」をポリスカーに採用決定したことを発表した。なお、最初の車両は2017年初頭に納車される予定となっている。 V90の導入にあたっては厳しい走行試験が実施され、その結果、これまでに試験を受けた車両の中で最高の評価を受けているとのことだ。 一般的な乗用車と比べ、毎日頻繁に使われるポリスカーなどの緊急車両に対するスペック要求は非常に高いものとなっている。特にスウェーデンでは、ポリスカー自体を"職場"と位置付ける傾向が強く、車両性能のみならず、快適性、品質、そして人間工学の面でも、非常に厳しい要求が課されるのだ。 実は、ボルボ・カーズはポリスカーの開発と提供において、長い歴史がある。1929年には、すでにスウェーデン警察がボルボに乗って犯罪を取り締まっており、その後の数十年では、「アマゾン」や「144」といった、ボルボを代表する名車がポリスカーとしての役目を果たしている。 また、近年では、「XC70」や「V70」がポリスカーに採用されており、XC70も、当時スウェーデン警察が行ったテストで過去最高の評価を獲得しているのだ。 V90導入にあたって、スウェーデン警察が実施したテストは、5つの分野に重点が置かれている。それは、ブレーキテスト、障害物コースでのテスト、ブレーキング、ブレーキングなしの回避行動テスト、そしてハイスピードでの緊急走行だ。 この結果、V90の総合得点は10点満点中9.2点を獲得し、これまでテストを受けたあらゆる車の中で最高得点をマークしたとのことだ。 なお、スウェーデン警察のテストドライバーが作成した試験プロトコルでは、「(V90は)全体的に欠点を見いだすことが難しい。シャシー、ステアリング、サスペンション、 トラクション・コントロール、パワートレインはどれも模範的なパフォーマンスを発揮した。ハイスピードでの素早い車線変更はとても簡単なことのように感じられるほど。車は思い通りに反応し、挙動の変化に素直に対応してくれる」と評価している。...

  • Official: アウディ、信号機の変わるタイミングをドライバーに報せるシステムをラスベガスで導入
    2016年12月10日 18時00分

    アウディは6日、ネットを通じた新たなビークル・トゥ・インフラストラクチャー(V2I、車両・インフラ間)通信技術である「トラフィック・ライト・インフォメーション(TLI)」システムを、今月からラスベガスで導入すると発表した。TLIシステムは信号機の情報を、共同開発社のトラフィック・テクノロジー・サービスが操作するサーバーを介して、「アウディコネクト」を装備したアウディ車に4GやLTEの通信規格で送信する。これによってドライバーは、赤信号から青信号に変わるまでの時間を把握することが可能になる。...

  • Report: メルセデス・ベンツ、荷室の設計には日本の文化を見習った、 新型Eクラス ステーションワゴンを発表!
    2016年11月30日 14時30分

    メルセデス・ベンツ日本は2016年11月29日、新型Eクラス ステーションワゴンを発売した。世界の市販乗用車をリードする勢いで先進技術を満載して登場したEクラスセダン同様に、高速道路や渋滞でドライバーの負担を大幅に軽減する「ドライブパイロット」をはじめとする安全技術を搭載。そのうえで最大1280リッターという広大なラゲッジスペースを備えるのがセダンとの最大の違いだ。 搭載エンジンは標準タイプ(135kW/300Nm)と高出力タイプ(155kW/350Nm)がある2.0L 4気筒ターボ(E200及びE250に搭載)、143kW/400Nmの2.0Lディーゼルターボ(E220d)、333kW/480Nmの3.5L V6ツインターボ(E400)、そして295kW/520Nmの3.0L V6ツインターボ(メルセデスAMG E43)と4種類。そこに装備仕様として「アバンギャルド」「アバンギャルドスポーツ」「エクスクルーシブ」「AMG」を組み合わせるグレード構成もセダンに準じたものだ。 しかし、セダンの「アバンギャルド」系ではオプション扱いとなる本革シートがワゴンでは「アバンギャルドスポーツ」にグレードとして「アバンギャルドスポーツ本革仕様」が用意され、逆にワゴンの「アバンギャルド」においては本革シートがオプションでも装着できないなど一部グレード設定はセダンと異なっている。 ステーションワゴンの要ともいえるラゲッジルームに関しては、ミディアムサイズならではの広さを確保。その点に関してユーザーの期待を裏切ることはないだろう。 ステーションワゴンの荷室の実用性は単純な広さだけでなくホイールハウスがいかにコンパクトに作られているかも重要だ。新型Eクラスステーションワゴンではサスペンションの取り付け位置をセダンとは異なる専用設計とすることで荷室内への張り出しの少ない形状を実現。またリヤセクションはフロアも専用設計で、底面を補強することで剛性を高めて振動対策が取られているほか床下に大きなアンダーボックスも組み込まれている。 商品企画担当スタッフによると、実はEクラス ステーションワゴンをはじめ最近のメルセデス・ベンツには荷室の設計においてとある日本の文化が取り入れられているのだという。それはゴルフバッグの積載性だ。 日本のセダンやステーシ...

  • Official: フォルクスワーゲン、「ゴルフ」のマイナーチェンジを発表
    2016年11月15日 06時00分

    フォルクスワーゲン(VW)が「ゴルフ」のアップデートを発表した。マイナーチェンジを受けた7代目ゴルフは、2016年12月から欧州を皮切りに販売が開始される。だが、コアなVWファンでもない限り、これまでとの違いを言い当てるのは難しいだろうし、たとえファンだとしても、すぐにはそれと気づかないに違いない。前後バンパーはデザインに若干の変更が加えられ、テールランプは全てLEDとなり、アウディ車に見られるようなシーケンシャル点灯、いわゆる"流れるウインカー"を採用。標準のハロゲン・ヘッドライトにはLEDのデイタイム・ランニング・ライトが組み込まれ、これまでオプションとして用意されていたバイキセノンヘッドライトはフルLEDヘッドライトに差し替えられた。新デザインのホイールも用意されている。しかし、このような外観の変化は、インテリアやボンネット下の大きな変更に比べればささやかなものだ。...

  • Paris: 【パリモーターショー2016】BMW、新型エンジンを搭載した「3シリーズ グラン ツーリスモ」を出展
    2016年10月05日 07時00分

    BMWはすでに今年6月、「3シリーズ グラン ツーリスモ(3GT)」のマイナーチェンジを発表していたが、現在開催中のパリ・モーターショーでようやくその実車を見ることができた。...

  • Rumormill: 【噂】ビュイック、ボルボに対抗する「リーガル」のワゴンを検討中?
    2016年10月02日 08時00分

    ビュイック「リーガル」にワゴンが復活するかもしれないという噂はこの数年、立っては消えを繰り返していたが、今日は新たな噂をご紹介しよう。米国版Autoblogが信頼する情報元が最近うっかり口を滑らせてくれたのだが、ビュイックが顧客の声を聞くためにフォーカスグループを実施し、アキュラ「TSXワゴン」や、名前は伏せられたボルボのワゴンに対抗する新車について、意見を求めているという。もちろん、ビュイックのどのモデルについての話であるかは明かしてくれなかったが、同社のラインナップの中でワゴンに見合うサイズで、米国以外の市場にはワゴン・バージョンがあるクルマといえばリーガルだけだ。また、テキサス州オースティンで5月に行われたディーラーとの年次会議で、ビュイックはワゴン車を計画中と発表したという情報もある。...

読み込み中

Loading