イギリス 関連ニュース - Autoblog 日本版

イギリス

  • Report: 【東京オートサロン2017】ロータス「3-Eleven」の生産台数は世界で311台、この秋日本導入か!:山田弘樹
    2017年01月16日 18時30分

    ロータスのインポーターであるエルシーアイのブースで主役を張っていたのは、「3-Eleven」(スリー・イレブン)。これはロータス2-Eleven(ツー・イレブン)の流れを汲むオープン・レーシングで、2015年のグッドウッドフェスティバルで世界初登場。昨年春に開催された「ジャパン・ロータスデー」では、ロータスユーザーにもお披露目され大きな注目を集めていた。 ベースとなるのはロータスのミドルスポーツであるエキシージ。そのシャシーはエリーゼを基礎とするアルミ製バスタブ型の「スモールプラットフォーム」で、そのサスペンションレイアウトもエキシージを踏襲している。 ただしそのノーズデザインは同じながらも、ボディパネルは完全に新設計。というのもこの「イレブン・シリーズ」はトコトン軽量化にこだわったモデルで、フロントウインドーは小型なスクリーンに変更され、ドアさえ持たない、究極のホビー・レーサーなのだ。 とはいえ単に軽量化のためだけにドアを排したわけではなく、そこには空力性能がしっかりと盛り込まれている。サイドパネルの造形などはホイールアーチの正圧を走行風で引き抜くために大きくえぐられているし、ディフューザーを備えるリアのクラムシェルもブランニュー。そしてとうとう大型のウイングも装着された。 ちなみにそのボディにはロータスでは珍しくカーボン素材が複合され(FRPに対して40%軽量)、その乾燥重量はなんと925kgにまで軽量化された。これはベースとなるエキシージに対して225kgも軽く、最軽量のエリーゼ(900kg)にすら迫る数値だ。 そしてそのエンジンも、ロータスのトップモデルである「EVORA400」(406ps)と同様、トヨタ製3.5リッターV6+スーパーチャージャーにインタークーラーを組み合わせ、ロードバージョンでは416ps/410Nm、レース仕様では466ps/525Nmという、シリーズ最強の出力を発揮させている。 1tを切る車重に対して466psの出力だから、そのパワー・トゥ・ウェイトレシオは1.98kg/psと強烈。果たしてそんな軽量ミドシップを真っ直ぐ走らせられるのか? と思うけれど、オープントップにもかかわらずそのダウンフォースは240km/h時に215kgを発揮するのだという(レース仕様)。 ...

  • Official: 英国ホンダ、「シビック TYPE R」の生産を終了 100台限定の最終特別仕様車「ブラック・エディション」を発売
    2017年01月11日 11時00分

    次期型の登場を控え、ホンダは英国スウィンドン工場で「シビック TYPE R」の生産を終了したと発表。最後に100台のみとなる限定モデル「シビック TYPE R ブラック・エディション」を発売した。 ...

  • Opinion: ベントレー、フラッグシップモデル新型「Flying Spur W12 S」を今春発売予定
    2017年01月10日 20時00分

    Bentley Motors Limitedはラグジュアリーとスタイリングとパワーが三位一体となった「Flying Spur W12 S」を新たなフラッグシップとしてラインアップに追加すると発表した。 Bentley MotorsのWolfgang Dürheimer会長兼CEOは、 「Flying Spur W12 Sは、究極の高性能ラグジュアリーセダンです。動的性能の切れ味を向上させ、当社が誇るW12エンジンをパワーアップするとともに、エクステリアとインテリアには、これまで以上に堂々とした印象のデザインを採用しました。従来のFlying Spurとは一線を画す存在感をお求めの方におすすめしたい一台です」と語った。 ...

  • Report: 【2017年予想図ーその2】使い勝手を求めたUNDER400とシティコミューター:サトウマキ
    2017年01月06日 20時00分

     気軽に扱える400cc以下のラインナップが多数登場している。それも、スーパースポーツから、ネイキッドタイプ、さらにはアドベンチャーともいえるデュアルパーパスにまで広がりを見せている。気軽だけど装備はしっかり。使い切れる、とことん遊びつくせる機能が詰まっている、多彩な魅力が詰まったラインナップだ。 ...

  • Video: 【ビデオ】ロンドンの交通渋滞を緩和するために考案された、ベルトコンベア式の地下トンネル「CarTube」
    2017年01月05日 10時00分

    何千台ものクルマ運べる迷路のような巨大ベルトコンベアを建設するのと、世界で最も過密した都市の1つにトンネルを張り巡らせるのでは、どちらがより費用がかかるのか我々には分からない。しかし、交通渋滞を減らして都市の緑地帯を拡大するために、英国ロンドンに拠点を置くPLP Architectureが構想を練っているCarTubeというアイデアが実現すれば、その答えが出るだろう。いずれにしても、たくさんのポンドがとても大きな穴に注ぎ込まれるようだ。米国ボストンの"Big Dig"(渋滞を緩和するために高速道路を地下化したプロジェクト)も、まあ確かにビッグだったが。...

  • Featured: アストンマーティン・ヘリテージ・トラストに開設されたミュージアムは、歴代の名車や貴重なコレクションが満載
    2017年01月01日 06時00分

    皆様、あけましておめでとうございます。今年もAutoblogをよろしくお願い致します。 さて、新年1本目の記事には、米国版Autoblogの記者によるアストンマーティン・ミュージアムの訪問記をお届けしたいと思います。古い納屋を改造したミュージアムで、ミステリアスな女性館長に導かれ、記者はどんなアストンマーティンのお宝を見たのか!? 次のページへどうぞ! ...

  • Video: 【ビデオ】司会者3人が手放しでドラッグレース!? 『トップギア』シーズン24の予告編が公開
    2016年12月30日 06時00分

    最近はAmazonの新自動車番組が注目を集めているが、シーズン24に向けて巻き返しを狙っている、英国BBCによるあの番組のことも忘れてはいけない。そう、『トップギア』だ。...

  • Video: 【ビデオ】ケン・ブロックが『トップギア』でロンドンの街を爆走した映像が、再編集されて公開!
    2016年12月12日 10時00分

    司会者が刷新された英国BBCの自動車番組『トップギア』で、ケン・ブロックがフォード「マスタング」を大改造したモンスターカー「Hoonicorn」を走らせた時の映像を覚えている方もいるだろう。ブロックは新たに番組ホストとなったマット・ルブランを助手席に乗せてロンドンの街を激走しながら"観光"するのだが、その際に旧『トップギア』の伝統を引き継いで、ちょっとした議論も巻き起こした。TV放映時には、その部分の映像がかなりカットされていたのだ。しかし今回、『トップギア』のYouTubeページで新たな拡大バージョンが公開され、これまで見られなかったシーンを見ることができるようになった。...

  • Video: 【ビデオ】アルファ ロメオ「ジュリア クアドリフォリオ」、目隠し状態でシルバーストーンのラップ記録に挑戦
    2016年11月25日 10時00分

    アルファ ロメオは、スーパー・セダン「ジュリア クアドリフォリオ」が、英国シルバーストーン・サーキットで1951年に同社のF1マシンが記録したのとほぼ同じラップ・レコードを達成したと発表した。当時のF1マシン「159B」がイギリスGPで記録したタイムは1分44秒、ジュリアは僅差の1分44秒03だった。最高出力510psを誇る現代のスポーツ・セダンにしては少々遅い気がするが、実はこのとき、ジュリアのフロント・ガラスは黒いビニールで覆われており、ドライバーは視界を遮られた目隠し状態で運転していたのだ。これは視界がクリアなら速く走るのも簡単過ぎると考えたアルファ ロメオの自信の表れに違いない。...

  • Report: 新自動車番組『グランド・ツアー』で使われるテスト・トラックの場所が判明!
    2016年11月24日 19時00分

    Amazon プライム・ビデオで配信が始まった新自動車番組『グランド・ツアー』の初回エピソードで、司会者のジェレミー・クラークソンは番組の新しいテスト・トラックを紹介し、そのコース・レイアウトがエボラウィルスに似ていることから「エボラ・ドローム」と呼んだ。コース脇に野生動物がいたり、近くに変電所や老婦人の住んでいる家があることは説明されたが、その場所については英国スウィンドンにほど近いというヒントだけで、所在地は明かされなかった。しかし、自動車情報サイト 『Jalopnik 』がテストト・ラックの場所を特定するには、それらの情報だけで十分だったようだ。...

読み込み中

Loading