チューナー 関連ニュース - Autoblog 日本版

チューナー

  • Official: TRD、レクサス「LC」用エアロパーツと21インチ鍛造アルミホイールを発売
    2017年03月17日 19時00分

    TRD(ティー・アール・ディー)ブランドでモータースポーツ活動及びカスタマイズパーツ展開を行うトヨタテクノクラフト株式会社は、レクサスの新型クーペ「LC」用に開発されたエアロパーツおよび鍛造アルミホイールを「LEXUS LC EXTERIOR PARTS(TRD)」として発売した。...

  • Geneva: ルーフから「イエローバード」の30周年を記念して新型「CTR」が登場!
    2017年03月14日 10時00分

    これまでポルシェをベースに大規模な改造を施した数々の高性能モデルを世に送り出してきたドイツのルーフ社。例えば2007年に発表した「CTR3」では、ポルシェのフロント・シャシーに特製のリア・サブフレーム組み合わせてミドエンジンを実現した。だが、今年のジュネーブ・モーターショーでは新たな領域に挑戦している。写真の新型「CTR」には、ポルシェのシャシーが使用されていないのだ。...

  • Official: フォルクスワーゲン、「ゴルフGTI」用エッティンガー社製エアロキットの販売を日本でも開始
    2017年02月27日 17時00分

    フォルクスワーゲン グループ ジャパンは27日、「ゴルフ」のスポーツ・モデルとして人気が高い「ゴルフGTI」用に開発された純正エアロキットの販売を、同日より全国のフォルクスワーゲン正規ディーラーで開始すると発表した。 ...

  • Geneva: ゲンバラ、ポルシェ「911ターボ」をワイルドにチューンした「アヴァランシェ」をジュネーブ・モーターショーに出展
    2017年02月27日 09時00分

    現行のポルシェ「911ターボ」は決してパワーが少ないとは言えない。最高出力540ps(高性能版ターボSなら580ps)で全輪駆動、文句なしに地上最速のクルマの1つだ。だがドイツの名門チューナーであるゲンバラにとっては物足りなかったらしい。同社が製作した最新モデル、3代目「アヴァランシェ」では、水平対向6気筒ターボ・エンジンの最高出力が808hp、最大トルクは950Nmにまでチューンされているのだ。さらにパープルに輝くボディには、人が住めそうなほど巨大な3段重ねのリアウイングが装備されている。...

  • Official: 空力性能も日中の存在感も高まる!! TRDからトヨタ「プリウスPHV」専用カスタマイズパーツが登場!!
    2017年02月21日 05時00分

    TRD(ティー・アール・ディー)ブランドでモータースポーツ活動及びカスタマイズパーツ展開を行うトヨタテクノクラフトは、2月15日よりトヨタ「プリウスPHV」のカスタマイズパーツの発売を開始した。 先進的なイメージを高めるエアロパーツは、フロントスポイラー、サイドスカートなどが、プリウスPHV用として登場した。 画像は、フロントスポイラー下部にLEDライトを装備したモデル。このLEDはイグニッションONで常時点灯するタイプで、日中のドライブでの存在感も高めてくれる。ちなみに、LEDなしのモデルも用意されている。 リアでは、プリウス同様に、直進安定性と旋回時の姿勢効果が期待できるルーフガーニッシュが存在感を高めている。 プリウスPHV専用のリアビュースタイルとこのルーフガーニッシュで、街中にあふれるプリウスとの違いをアピールするのも良いだろう。...

  • Official: 自動車メーカー系チューナー4社がサーキット走行会「ワークスチューニング・サーキットデイ 2017」を開催
    2017年02月17日 18時00分

    トヨタテクノクラフト(TRD)、スバルテクニカインターナショナル(STI)、無限(M-TEC)、ニッサン・モータースポーツ・インターナショナル(NISMO)の4社は、自動車メーカーのモータースポーツ活動やカスタマイズ・パーツの展開を手掛ける「ワークスチューニンググループ」として、「楽しくサーキットを走る」をテーマとした「ワークスチューニング・サーキットデイ 2017」を開催すると発表した。...

  • Featured: 【東京オートサロン2017】見た目も機能もUP!! 今年発売が予定されている開発中のチューニングパーツをブリッツが展示!!
    2017年02月13日 17時00分

    チューニングパーツを手掛けるブリッツは、東京オートサロン 2017に開発中のチューニングパーツやカスタマイズパーツを参考出品として出展した。今回はその一部をご紹介しよう。 画像は、「NUR-SPEC VSR CARBON」。「NUR-SPEC」マフラーシリーズのテール部分に、新開発の3mm厚のカーボンを融合し、全く新しいテールデザインを実現したとのこと。 ちなみに、高温になるテールエンドにカーボンを採用して大丈夫か気になって担当者に伺ったところ、耐熱性は問題ないとのことだ。 なお、カラーは従来からあるチタンカラーのVSR、オールステンレスのVSの他、新登場のレッドテールに組み合わせた3タイプ。 カーボンボンネットやカーボンウィングなどカーボンパーツを使ったカスタマイズをさらに引き立てるアイテムになりそうだ。 カーボンを使ったアイテムとしては、画像の「ADVANCE POWER AIR CLEANER CARBON」も参考出品された。 純正と交換することで高い吸入効率とレーシーな吸気サウンド、そしてシールド構造による遮熱効果が得られる「ADVANCE POWER AIR CLEANER」。そして、今回は新開発のカーボンシールドとマッドブラックシールドモデルが参考出品として新登場した。 エアクリーナーにカーボンを使うメリットは一見なさそうだが、実は、単なるドレスアップというわけではなく、カーボン素材を利用することで、シールド全体の発熱を抑え、より安定した吸気温度を実現してくれるとのことだ。...

  • Featured: 【東京オートサロン2017】2016年に一番売れたトヨタ「プリウス」の最新カスタマイズを一挙公開!!
    2017年02月13日 09時00分

    2016年乗用車新車登録台数ランキングNo.1は トヨタ「プリウス」 。そこで、プリウス・オーナーが気になる最新のプリウス・カスタマイズカーをまとめてご紹介しよう。 画像はBLACK-PEARL~Complete~の「GALAXY 5# PRIUS」。同社のGALAXYエアロキットは、プリウスのシャープなラインをうまく表現しながら、シャア専用オーリスのようなガンダムを思わせる存在感を感じさせるエアロ。 シルバーとガンメタリックの塗り分けがより造形のシャープなラインを立体的に表現しており、独自の仕上がりとなっている。 FLEDERMAUSの「REGINA Altair」エアロは、とにかく大きなフェンダーがポイント。純正デザインが幅の制約で比較的フラットになっている造形に対し、この大きなフェンダーがボディサイドに大きなうねりを作り、大きくイメージを変えることに成功している。ちなみにこのフェンダーを付けて公認車検を取得することが可能だそうだ。 純正プリウスのフロントフェイスのポイントとしてエンブレムの下に細いグリルが付いているが、こちらのエアロは一体の大きな開口部にすることで、よりボディと一体感のあるエアロスタイルを実現している点も見どころだ。...

  • Official: キャラウェイが製作したシボレー「コルベット エアロワゴン」の姿が明らかに!
    2017年02月06日 05時00分

    2013年、シボレーが「C7」と呼ばれる新型「コルベット」を発表すると、アフターマーケット市場は色めき立った。キャラウェイはこのC7を美しいシューティングブレイクに改造した「エアロワゴン」のレンダリング画像を公開し、我々は楽しみにその登場を待った。そして2016年になると、同社は年内に、しかも当初の計画より安い価格で発売できそうだと発表したが、その後は音沙汰がなく、新年を迎えてしまった。...

  • Official: 日産、大阪オートメッセ 2017の出展概要を発表
    2017年02月03日 06時00分

    日産自動車と同社の関連会社である株式会社オーテックジャパン、およびニッサン・モータースポーツ・インターナショナルは、2017年2月10日(金)から2月12日(日)まで、インテックス大阪で開催される「大阪オートメッセ 2017」の出展概要を発表した。...

読み込み中

Loading