トラック/ピックアップ 関連ニュース - Autoblog 日本版

トラック/ピックアップ

  • Official: フォード「F-250 スーパーデューティー」2017年モデル、米国道路交通安全局の衝突安全テストで最高の5つ星評価を獲得
    2017年02月01日 17時00分

    米国運輸省道路交通安全局(NHTSA) は、2017年モデルのフォード「F-250 スーパーデューティー クルーキャブ」で衝突安全テストを行い、全項目で最高の5つ星に認定した。この結果は前年型の同モデルと比較すると飛躍的な向上となる。今回テストされたのは「F-250 クルーキャブ 4x2」の2017年モデルだが、同型の2016年モデルの総合評価は4つ星にとどまり、その内訳はフルラップ前面衝突試験が4つ星、側面衝突試験が5つ星、ロールオーバー試験が4つ星だった。「スーパーキャブ」と「レギュラーキャブ」の2016年モデルはそれを若干下回り、フルラップ前面衝突とロールオーバーの両試験で3つ星しか獲得できなかった。...

  • Official: フォード、2017年型「F-150 ラプター」最後の1台をチャリティ・オークションに出品
    2017年01月22日 05時00分

    自動車メーカーがチャリティ・オークションに参加する際には、新型車の量産第1号車が出品される場合が多いが、今回は違う。1月20日に米国アリゾナ州スコッツデールで行われたバレットジャクソン・オークションで、フォードは同社が製造する2017年型「F-150 ラプター」の最後の1台を出品し、157,000ドル(約1,800万円)で落札された。もちろん、F-150 ラプター自体がこれで"最後"というわけではないが、オーナーは地元で行われるCars & Coffeeに参加する際には格好の自慢のタネになるだろう。...

  • Detroit: 【北米国際オートショー2017】VLFオートモーティブ、またしてもヤリ過ぎ感が否めない「Xシリーズ」を発表
    2017年01月18日 19時00分

    クルマを改造する長い過程において、どの時点で「もう十分」と認知するか。そこには、多くの人々が気付かずに通り過ぎてしまう、あいまいな境界線がある。そしてその線を超えてから、手掛けたクルマが金属やプラスチック、そしてもっと良いクルマから拝借した部品を乱雑にまとめた、ただ大きいだけの代物だということに遅ればせながら気付く。どうやら、VLFオートモーティブは排気ガスがいざなう白昼夢からまだ目覚めていないようだ。それは同社の最新作「Xシリーズ」を見れば一目瞭然だろう。...

  • Featured: 【東京オートサロン2017】謎のモデルT880、抜群のボディワークで軽トラをカッコよく:工藤貴宏
    2017年01月18日 11時00分

    取り回しのよい小さな車体の荷物運搬車である軽トラックは日本が世界に誇れる文化のひとつだが、あくまで実務的なニーズを満たすための商用車なので東京オートサロンで見かけることはほとんどない。しかし、東京オートサロン2017では来場者の視線を釘付けにする、完成度の高いモデファイが施された軽トラックが出展されていた。それが「T880」だ。 いわゆるチョップドルーフとして天井を低くしているキャビン(デザインの統一感のため窓の下端も下げている)のほか、T880はフロントからリヤまで車両全周囲にわたって原型をとどめていない。だからベースの車種が分かりにくいのだが、車両はホンダのアクティ。それにしても近未来的なエクステリアはカッコいいといわざるを得ず、デザイン性の高さに驚かされる。さらに、大胆なボディワークながらその仕上がりの完成度の高さは出展者の「N Lab.(エヌラボ)」の実力を感じずにいられない。 エクステリアはオーバーフェンダーの装着により全幅を拡大(そのため軽自動車枠をはみ出している)。テールゲートは下開きにと観音開きの2通りに開く構造になっていて、キャビン背後に作られた縦の"溝"にフロントタイヤをめり込ませることで軽トラックながらモトクロスを積載可能というのも「使えるトランスポーター」としての提案だ。 またヘッドライトをはじめミラーやドアノブなど細部もいちいち凝ったデザインで、製作者側のこだわりを感じさせる。 インテリアも同様に原形をとどめないモデファイが施され、インパネはカーボンの板にオートメーター製のアナログメーターが組み込み、レーシーなステアリングや金属製でできたシフトノブを組み合わせるなどスポーティな仕上がりだ。 しかし、この軽トラック(事実上は軽自動車ではないが)のもっとも驚くべき部分は、見た目だけでなくパワートレインにまで手が入っているということかもしれない。エンジンは荷物満載時の動力性能に余裕を持つためにターボを装着。アクティ(自然吸気エンジンしか設定がない)のブロックを使いつつ、タービンのほかコンロッド、ピストン、カムなどを「バモス」から流用してターボ化し、そこにビート(S660ではない)のギヤボックスを組み合わせてMTで操れるよう改造が施されているのだ。車名の「880」という数字には「自然吸気に直す...

  • Exclusive: メルセデス・ベンツ「Xクラス」、米国での発売は期待薄
    2017年01月18日 06時00分

    ダイムラーのディーター・ツェッチェCEOは先週、メルセデス・ベンツのミッドサイズ・ピックアップトラック「Xクラス」を米国で発売することはないだろうと、同社の以前からの見解を繰り返した。...

  • Detroit: 【北米国際オートショー2017】フォードが「ブロンコ」と「レンジャー」の復活を正式に発表
    2017年01月16日 10時00分

    (編集者注:掲載している画像は公式のものではありません。過去の記事でもご紹介した通り、『Bronco6.com』に掲載されたファン作成の想像図です) 期待されていたことがついに現実となった。今年の北米国際オートショーのプレスカンファレンスの場で、フォードはSUV「ブロンコ」とピックアップトラック「レンジャー」を、早い時期に北米市場へ復活させることを正式発表したのだ。ただし、両モデルとも詳細についてはまだ明らかにされていない。...

  • Official: ホンダ、ピックアップトラック「Ridgeline」North American Truck of the Yearを受賞
    2017年01月10日 15時30分

     ホンダのピックアップトラック「Ridgeline」が1月9日、北米国際自動車ショーにおいて、「North American Truck of the Year」を受賞した。  今回の受賞は、2006年トラック部門の初代「Ridgeline」に続き2世代連続での受賞、2016年乗用車部門の「Civicセダン」に続き2年連続での受賞となります。 ...

  • Video: 【ビデオ】カナダの警察官が、疾走するピックアップ・トラックの荷台で人命救助!
    2017年01月05日 06時00分

    王立カナダ騎馬警察(カナダ連邦政府警察)の警官が、フェンタニルを過剰摂取した若い男性を命がけで救った動画が、昨年末に公開された。...

  • Video: 【ビデオ】初雪が降ったモントリオールの坂道で、バスや除雪車まで含む玉突き事故が発生!
    2016年12月30日 10時00分

    今シーズン最初の大雪が降ったカナダ・モントリオールで、ドライバーたちはスローモーションのような玉突き事故に見舞われた。カナダの公共放送CBCは、路面が凍結して滑りやすくなったせいで、自動車とバスだけでなく、除雪車までもが次々と衝突したと報じている。...

  • Featured: 2016年に米国で最も売れたクルマのトップ10
    2016年12月25日 09時00分

    2016年の新車販売台数が確定するまであとわずかだが、今年は新車の売れ行きが好調だった。ガソリン価格の安さや自動車ローンの組みやすさ、そして全体的に消費意欲が高いことが、自動車メーカーが何百万台ものクルマをショールームから米国中の道路へと送り出す後押しとなった。...

読み込み中

Loading