テクノロジー 関連ニュース - Autoblog 日本版

テクノロジー

  • Official: トヨタとNTT、「コネクティッドカー」向け ICT 基盤の研究開発に関する協業に合意
    2017年03月27日 20時00分

     トヨタ自動車と日本電信電話は、トヨタが保有する「自動車に関する技術」とNTTグループ各社が保有する「ICTに関する技術」を組み合わせて、コネクティッドカー分野での技術開発・技術検証及び標準化を目的に協業を行うことに合意した。 ■協業の狙い  トヨタとNTTグループは、各社が持つ技術やノウハウを共有し、クルマから得られるビッグデータを活用し、事故や渋滞といった社会が直面している様々な課題の解決や、新たなモビリティサービスの提供に必要となる技術の研究開発に共に取り組み、将来の持続可能なスマートモビリティ社会の実現をグローバルな視点を持って目指す。 ■対象分野 データ収集・蓄積・分析基盤 多数のクルマから大量に受信する車両情報等の収集・蓄積や大容量データの配信、収集した大量データのリアルタイムな分析処理を実現する基盤を構築・運用するための技術の創出。 IoTネットワーク・データセンター クルマのユースケースを想定した大容量データを確実かつ安全に集配信するための、グローバルインフラのネットワークトポロジーやデータセンターの最適配置などの検討。 次世代通信技術(5G、エッジコンピューティング) クルマのユースケースにおける最適な移動通信システムのあり方の検討や接続検証を通じた、5Gの自動車向け標準化の推進、エッジコンピューティング技術の適用性の検証。 エージェント AI(人工知能)を活用した車内外の環境理解による運転アドバイスや音声インタラクション技術等の組み合わせによる、ドライバーに快適なサービスを提供するための技術の開発。 ■各社の役割 ○トヨタ 自動車のユースケースにおける知見と、車両側のデータの要件に基づき、モビリティサービスの価値創造を目指したコネクティッドカー向けの ICT 基盤の研究開発。 ○NTTグループ 株式会社NTTデータ: 社会インフラ構築実績と設計力、技術力と戦略的に強化中のグローバル対応力、また、30年に亘る大規模データの高度数理分析・解析の研究と経験を活かし、データ収集・蓄積・分析基盤に関する技術を創出。 NTTコミュニケーションズ株式会社: グローバルに展開するICTサービス(Tier1 IPバックボーン、VPNやデータセンター)を活用し、IoTに最適な次世代グローバルインフラを創出...

  • Featured: 【試乗記】ランボルギーニ ウラカン LP580-2 スパイダー、荒々しいだけのスーパースポーツではなく、洗練された猛獣だ:木下隆之
    2017年03月26日 17時00分

     まったくもって、ランボルギーニというイタリアのメーカーは遠慮がない。超高性能フラッグシップのアヴァンタドールに、そのスペックをわずかも抑えることなくスパイダーをリリースしたのだから、弟分たるウラカンにさえ屋根を取っ払ってしまうであろうことは想像していた。とはいえ、こうして現実になり、ステアリングを握ってみると、ランボルギーニの熱い魂に吸い込まれてしまう。  ウラカンには「LP610-4スパイダー」が存在している。610psと途方も無いパワーをしぼりだし、4輪で駆動させるバケモノだ。  今回試乗したのは「LP580-2スパイダー」である。ランボルギーニの公式どおりに、グレード名がパワーと駆動方式をアピールする。そう、580psを誇るエンジンを縦置きに搭載し(LP)、そのパワーを2輪で受け止めるというミッドシップマシンなのである。ある意味刺激的である。  まず最初にスペックを公表しておこう。ボディサイズは全長4459mm×全幅1924mm×全高1180mmである。乾燥重量は1509kg。  V型10気筒5.2リッターユニットをミッドシップに縦置きで搭載、最高出力は580ps/8000rpm、最大トルクは540Nm/6500rpmを炸裂させる。ミッションは7速2ペダルである。スペックを確認しただけで身震いする。  ちなみに、クローズドボディのウラカン「LP580-2」よりは、全高で15mm高く、車重も120kg増える。それは電動ルーフの処理によるものだろう。ともあれ、この強烈なスペックを思えば、ルーフの高さや乾燥重量の増加分などまったく感じさせないほど些細なことである。サーキットでタイムを計測でもしない限り、その差が現れることはないだろう。少なくとも体感的には、強烈に恐ろしいほど速いという以外にないのだ。...

  • Official: 無限、電動モトクロッサーコンセプトモデル 「無限 E.REX」発表
    2017年03月26日 12時30分

    マン島 TT レースに参戦している無限は、電動レーサーバイク『神電』を開発し3連覇の達成し、次のステップとして、 電動モトクロッサー『無限 E.REX(イーレックス)』のプロトタイプを製作した。 モトクロッサーへの新たなアプローチとして力強い恐竜(ティラノザウルス)をイメージしたデザインとしている。 3月24日に、プロトタイプの「無限 E.REX」を現在開催中の「第44回 東京モーターサイクルショー」 のHonda ブース(西ホール)に展示している。 無限と Honda は、電動モトクロッサーの可能性を検証するための共同研究を進める。 ...

  • Report: マツダ、レンジエクステンダーEV向けのロータリー・エンジンに関連する特許を米国で出願
    2017年03月23日 10時00分

    マツダは2年前、「Mazda2(日本名:デミオ) REレンジエクステンダー」と名付けられた航続距離延長型の魅力的な電気自動車(EV)を公開した。EV化した「Mazda2」に、330ccという小さなロータリー・エンジンを発電機として搭載したクルマだ。我々が望んでいたような、ロータリー・エンジンで走るスポーツカーではなかったものの、この独特なエンジンを活かし、使い続けるためには、1つの有効な方法であると思われた。それから間もなく、このクルマに関する話はさっぱり聞かれなくなってしまったが、同社が米国で出願していた2件の特許から、この基本構想がさらに改良を加えられていることが明らかになった。 ...

  • Official: グッドイヤー、自動運転向けコンセプトタイヤ3種を発表
    2017年03月21日 13時00分

     グッドイヤーは、ジュネーブで開催された第87回ジュネーブモーターショーにて、自動運転向けコンセプトタイヤ3種「Eagle 360 Urban」、「IntelliGrip Urban」、「CityCube」を初公開し、コネクテッドタイヤの長期ビジョンを発表した。  昨年、グッドイヤーは、球体の形状を持つ未来志向型コンセプトタイヤ「Eagle360(イーグルサンロクマル)」により、自動運転のニーズを想定した機動性、通信接続性、バイオミミクリーという特徴を持つ独自性の高い未来のタイヤを発表した。「Eagle360」は、同モーターショーにて更に進化を遂げ、「Eagle360 Urban(イーグルサンロクマル アーバン)」として発表された。 ■ Eagle 360 Urban  「Eagle360 Urban」は、Eagle360にAI技術を搭載し、タイヤに「頭脳」としての機能を与え、バイオニックスキンと呼ばれるタイヤ表面には、センサー技術を搭載、路面状況や天候気象を感知し、AI技術が指示を促すことによってタイヤトレッド表面が凹凸により変形し、より安全な走行を可能とした。 ■ IntelliGrip Urban  「IntelliGrip Urban(インテリグリップ アーバン)」は、センサー技術を搭載したトールアンドナロータイヤ。「IntelliGrip Urban」は、高性能なセンサー技術を搭載したコンセプトタイヤ。「IntelliGrip Urban」は、路面状況や気象状況を察知し、重要な情報を集約して、電気自動車のコンピューターシステムに送り、スピード、ブレーキ、ハンドリング、安定性を最適化し、大口ユーザーが車両管理する事も容易になる。トールアンドナロータイヤの形状は、走行距離を向上させ、低い転がり抵抗によりエネルギー効率の向上を達成。高性能なセンサー技術により、タイヤに関連する損傷を未然に防ぐことが可能。 ■ CityCube  グッドイヤーは、同モーターショーでトヨタが初公開したコンセプトモデル「トヨタi-TRIL」向けに開発した最新のコンセプトタイヤ「City Cube(シティキューブ)」を発表した。「CityCube」は、高性能なセンサー技術と独自のトレッド形状により、あらゆる路面状況を感知し、...

  • Official: スバル「EyeSight(アイサイト)」搭載モデルの国内累計販売台数が50万台を突破
    2017年03月17日 06時00分

    富士重工業は16日、同社が販売する運転支援システム「EyeSight(アイサイト)」搭載モデルの国内累計販売台数が、2017年2月に50万台を達成したことを発表した。...

  • Official: マツダ、新世代現行モデル5車種に先進安全技術を標準装備化すると発表
    2017年03月13日 18時30分

    マツダは13日、日本国内で販売するほぼすべての新世代商品を対象に、先進安全技術「i-ACTIVSENSE(アイ・アクティブセンス)」の標準装備化を2017年度中に行うことを発表した。...

  • Study: 2017年の「米国自動車耐久品質調査」で、日本とドイツのブランドが同率1位に
    2017年03月12日 10時00分

    米国の調査会社J.D. パワーが2017年の「米国自動車耐久品質調査(Vehicle Dependability Study)」を発表した。しかし、調査結果によれば、年々クルマの信頼性が全体的に低くなっているようだ。この調査は、すべての自動車メーカーにおける100台当たりの不具合指摘件数を点数化するもので、数値が小さいほど品質が高いことを示す。2017年の自動車業界全体における平均は156件だったが、2016年は152件、2015年は147件だった。...

  • Official: ホンダ、ロボティクスなど新価値領域を担う研究開発組織「R&DセンターX」の新設を発表
    2017年02月28日 19時00分

    ホンダの研究開発子会社である本田技術研究所(埼玉県和光市)は、「ロボット技術」「モビリティシステム」「エネルギーマネジメント」などの新価値領域を担う研究開発組織として、「R&DセンターX(エックス)」を今年4月に新設すると発表した。...

  • Official: タミヤ「ミニ四駆」のボディを3Dプリンターで作れる親子工作体験教室が開催
    2017年02月07日 05時00分

    タミヤ「ミニ四駆」のオリジナル・ボディを親子で製作することができる工作体験教室が、「タミヤ プラモデルファクトリー 新橋店」で開催される。参加者1組につき1台用意される3Dモデリングと3Dプリンターを使って、自分だけのボディを載せたミニ四駆を造り上げ、会場内のコースで走らせることができるという。...

読み込み中

Loading